一瞬一瞬に、優れた効率。

BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーの効率の追求

BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジー

BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジー は、BMW のガソリン・エンジンで採用されているテクノロジーです。

高圧の燃料を燃焼室内に直接噴射する高精度ダイレクト・インジェクション・システムに、革新的なターボ・テクノロジーと、バルブトロニック、ダブルVANOS を組み合わせることで、効率を高め、エンジンの全回転域において卓越したパワーとレスポンスを実現し、燃料消費量を軽減させます。

ECO PRO モード

ECO PRO モードに切り替えた途端、すべてが効率を高めるように調整され、その結果、ドライビング・スタイルに応じて、燃料消費量が最大 20% 低減されます( BMW 社内の燃費研究に基づく)。

コースティング機能などの拡張機能によって、燃料消費量をさらに低減することができます。

※画像は日本仕様とは一部異なります。

  • コースティング

    ECO PRO モードで 50~160 km/h 走行中にアクセル・ペダルから足を離し、ブレーキを踏まないでいると、コースティング機能が働きます。エンジンがトランスミッションから切り離されることで、車両はアイドリング状態で惰性走行します。ACC/ アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)を併用した場合、クルマはブレーキング後に、より燃費効率に優れた方法で設定した速度まで加速します。

エンジン・オート・スタート/ストップ機能

エンジン・オート・スタート/ストップ機能は、クルマが走行している時だけ燃料を消費するようにします。

信号待ちや渋滞時などでドライバーがブレーキをかけて完全に停止すると、エンジン・オート・スタート/ストップ機能がエンジンを自動的に停止させて燃費消費量の低減に貢献します。

メーター・パネル内では、エンジン・オート・スタート/ストップ機能が作動していることを表示します。そして、ブレーキ・ペダルから足を離すと、瞬時にエンジンが自動的に再始動するため、間が空くことなく運転を続けることができます。

ブレーキ・エネルギー回生システム

ブレーキ・エネルギー回生システム

ドライバーがアクセル・ペダルから足を離し、またはブレーキをかけて減速する間に放出されていた運動エネルギーを、電力として回収。バッテリーが十分に充電されている場合には、加速時にオルタネーターの発電をカットして、バッテリーに蓄えた電力だけを使用することで、エンジンの負荷を低減。パワーを損なうことなく、燃料消費量を抑えます。

※画像は日本仕様とは一部異なります。

シフト・インジケータ

シフト・インジケータ

最適かつ完璧なタイミングのシフト・チェンジは、市街地や長距離走行時には燃料の節約に貢献します。

シフト・インジケータは最適なタイミングでのシフト・チェンジを促し、燃料消費量の低減に貢献します。電子制御システムは路面状態とエンジン回転数に基づいて、最も効率的なギヤを判別。ディスプレイに矢印が点灯し、より効率的なシフト・アップまたはシフト・ダウンのタイミングをアドバイスします。このシステムは現在クルマが素早く加速している最中と認識すると、エンジン回転数が元に戻るまでアドバイスを遅らせます。これにより、燃料消費量の低減をもたらすのです。

※画像は日本仕様とは一部異なります。