その先を見据えて、先頭を走っていく。

BMW 3シリーズ グランツーリスモのドライビング・ダイナミクスと効率の追求。

その先を見据えて、先頭を走っていく。

BMW 3シリーズ グランツーリスモのドライビング・ダイナミクスと効率の追求。

BMW EfficientDynamicsは、燃料消費量と排出ガスを最小限に抑えながら、同時にダイナミックなパフォーマンスと運転する愉しさむを最大限に向上させるための先進的な戦略です。BMW EfficientDynamicsは、エンジン・エネルギー・マネジメントや車両コンセプトまでを含めた包括的なテクノロジーの集大成であり、革新を続けてきた独創的な技術がBMW全モデルに息づいています。BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーをはじめ、8速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)、そしてアクティブ・リヤ・スポイラーといった革新テクノロジーの数々が一体となって、BMW 3シリーズ グランツーリスモに最高のダイナミズムをもたらしているのです。

その先を見据えて、先頭を走っていく。BMW 3シリーズ グランツーリスモのドライビング・ダイナミクスと効率の追求。

BMW EfficientDynamicsは、燃料消費量と排出ガスを最小限に抑えながら、同時にダイナミックなパフォーマンスと運転する愉しさむを最大限に向上させるための先進的な戦略です。BMW EfficientDynamicsは、エンジン・エネルギー・マネジメントや車両コンセプトまでを含めた包括的なテクノロジーの集大成であり、革新を続けてきた独創的な技術がBMW全モデルに息づいています。BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーをはじめ、8速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)、そしてアクティブ・リヤ・スポイラーといった革新テクノロジーの数々が一体となって、BMW 3シリーズ グランツーリスモに最高のダイナミズムをもたらしているのです。

先進のフォルムを持ったダイナミズム。

先進のフォルムを持ったダイナミズム。

研ぎ澄まされたフォルムがコーナーを走り抜けていく。BMW ツインパワー・ターボ・エンジンが発揮する比類なきパワーが、精緻なシャシーによって路面へと伝わっていきます。BMW 3シリーズ グランツーリスモの鮮烈なダイナミズム。限りないドライビングの歓びを、ムービーでご体感ください。

ダイナミックな効率。

BMW 3シリーズ グランツーリスモは、ダイナミクスと快適性に新たな基準をもたらす存在です。BMWツインパワー・ターボ・エンジンの卓越したパワーを、あらゆる速度域で、8速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)とM スポーツ・サスペンション* が余すことなく路面へと伝達。ダイナミックな走りとともに快適な乗り心地をもたらします。

*M Sportに標準装備

  • 8速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)

    8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションは、快適なクルージングからダイナミックな走りまで、様々な運転スタイルに適応します。シフト・チェンジは、セレクター・レバーまたはステアリング・ホイールに装備されたシフト・パドルのいずれかによって行います。スポーツ・モードを選択すると、最大限のパフォーマンスが保証されます。セッティングを変更することにより、極めて迅速なエンジン回転数の調整と最短のシフト時間を実現できます。8速クロス・レシオのギア比により、加速性能は最適化され、同時に燃費とシフト・チェンジの快適性を最大限に高めることができます。

アクティブ・リヤ・スポイラー

高速走行時にリヤの空気の流れを最適化し、優れたロード・ホールディングとBMWならではのドライビング・ダイナミクスを実現します。速度が110km/hを超えると自動的に上昇し、70km/hを下回ると自動的に格納されます。アクティブ・リヤ・スポイラーは、運転席ドア・パネルのスイッチにより、手動で操作することも可能です。

インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システム

BMW EfficientDynamicsのテクノロジーは、すべてのBMW車に標準装備されています。例えば、エンジン・オート・スタート/ストップ機能をはじめ、電動パワー・ステアリング、ECO PROモード、ブレーキ・エネルギー回生システムといった 革新テクノロジーが組み合わさることで燃料消費量を低減。サステイナブル・モビリティと最大限の効率を実現し、高次元のドライビングの歓びを現実のものにしているのです。

  • ECO PROモード

    ECO PROモードは走行スタイルに応じて、燃料消費量を最大20パーセント* まで低減できます。ECO PROモードを選択すると、エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化に加え、オートマチック・エア・コンディショナーなどの作動も効率的に制御し、燃料消費量を抑制します。また、コースティング機能により、ドライバーが走行中にアクセル・ペダルから足を離しブレーキを踏まずにいると、エンジンが駆動系から切り離され車両はアイドリング状態で惰性走行。燃費の向上に貢献します。さらに、より効率の良い運転を行うためのアクセル・ワークのアドバイスや、通常の走行と比べて、どれだけ走行距離を延長できたかを、オンボード・コンピュータに表示し、燃費を向上させる走行スタイルへとドライバーを導きます。


    *ヨーロッパ仕様車値(自社データ)

  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能

    エンジン・オート・スタート/ストップ機能は、信号待ちなどで一時的に停車すると、自動的にエンジンを停止させ、燃料消費量の低減に貢献します。

  • ブレーキ・エネルギー回生システム

    ブレーキ・エネルギー回生システム はドライバーがアクセル・ペダルから足を離し、またはブレーキをかけて減速する間に放出されていた運動エネルギーを電力として回収。バッテリーが十分に充電されている場合には、加速時にオルタネーターの発電をカットして、バッテリーに蓄えた電力だけを使用することで、エンジンの負荷を低減。パワーを損なうことなく、燃料消費量を抑えます。

  • 電動パワー・ステアリング

    電動パワー・ステアリング は通常の油圧式システムとは異なり、ステアリング操作を行った時にのみエネルギーを消費します。たとえば高速道路走行時など、ステアリング・ホイールのポジションが変化しない場合には、電気モーターの作動は停止し、燃費の向上に貢献します。

  • ※このページで使用している画像の一部は日本仕様とは異なります。