全世界をワンクリックで操作する

BMW 3シリーズ グラン ツーリスモのコネクテッド・ドライブ・サービス

コミュニケーション、情報といったBMW コネクテッド・ドライブのサービスが路上でのドライバーの命を確実にお守ります。

コネクテッド・ドライブ・サービス

運転席からはもちろん、クルマを離れた場所からでも簡単にアクセスできる、通信モジュールを利用した最先端サービス。それが、BMW コネクテッド・ドライブです。多彩なサービスとアプリケーションを利用することで、必要な情報や大切な人たちとシームレスにつながることができます。

 

BMW コネクテッド・ドライブは、安全性と利便性、そして情報とエンターテインメントを充実させる幅広いコンテンツをご用意。あなたの望んだときにいつでも利用でき、ライフスタイルにさらなる自由をもたらします。

 

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

BMW ドライバー・サポート・デスク

BMW ドライバー・サポート・デスクの特別なサービスをお愉しみください。運転中に自分専用の秘書がいるような気分になることでしょう。BMW ドライバー・サポート・デスクは、コールセンターのオペレーターが 24 時間 365 日、運転中のドライバーに代わってさまざまな情報を調べます。

 

目的地までの道のりや特定のレストランなどのロケーションも、車両の現在位置をベースに速やかに提供可能です。特別な日を演出する穴場のレストランなど、具体的なリクエストにも可能な限り対応します。オペレーターが調べた位置情報は車両に送信され、ナビゲーション画面に表示されます。

 

※本サービスは、365 日、24 時間、年中無休。 クルマに搭載される通信機能を介しての通話となるため、通信費用は全てオプション代金に含まれます。

※ BMW ドライバー・サポート・デスクのサービスをご利用いただくには、別途申込が必要となります。

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

BMW SOS コール

BMW SOS コールはエアバッグが展開するような深刻な事故や、側方および後方からの衝突や横転が発生した際に、車両から自動的にSOS コールを発信するシステムです。コールセンターの専門スタッフが車両からの送信を24時間体制で受け、必要に応じて救急や消防などの機関に通報し、乗員への支援を行います。同時に、衝突の状況、乗員数、モデル名、ボディ・カラーといった救急機関が必要とするデータを、車両の正確な位置とともに伝えます。これにより、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディな救急対応が可能になります。また、自車の近くで事故が発生し救急を要する場合、または車内で急病人が出たといった緊急の場合においても、必要に応じて手動で車内のSOSボタンを押し、BMW SOS コールを作動させることも可能です。

 

※ BMW SOS サービスは、株式会社プレミア・エイドから直接お客様に対して提供されます。

※ BMW コネクテッド・ドライブは、BMWが契約するモバイル・ネットワーク事業者が提供するモバイル・ネットワーク、および全地球測位システム(GPS)の電波の届かない場所ではご利用いただけない場合があります。

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

  • ※このページで使用している画像の一部は日本仕様とは異なります。