信頼できるアシスタントに任せる。

BMW 4 シリーズ グラン クーペのドライバー・アシスト

ドライビング・アシスト

ドライビング・アシストはカメラを使用したシステムで、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)および、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキが含まれます。

レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)は、60km/h以上での走行時に、車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに注意を促します。

前車接近警告機能は、常に前方をモニターしており、先行車に接近すると、まず予備警告として、メーター・パネルおよびBMWヘッドアップ・ディスプレイ*1の警告灯で注意を喚起します。急速に接近した場合は緊急警告が作動し、警告音を発して、衝突を避けるように強く促すとともに、システムが予めブレーキ圧を高め、ドライバーのブレーキ操作時に瞬時に最大の制動力を発揮できるよう備えます。ステアリングやブレーキの操作など、ドライバーによる事故回避行動がないまま、衝突が不可避と判断された場合、システムが自動的にブレーキをかけて先行車との衝突回避・被害軽減を図ります。この衝突回避・被害軽減ブレーキは、歩行者に対しても作動します。

*1 モデルにより装備の設定が異なります。

※前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキは5-210km/h、歩行者検知機能は10-60km/h、レーン・ディパーチャー・ウォーニングは60km/h以上での走行時に作動します。

※ 前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキは、走行中または走行から急停止にいたった車両を検知します。静止物や停止中の車両は検知いたしません。

※ システムの認識性能、制御性能には限界がありますので、作動中も安全運転を心掛けて走行してください。路面状態や気象条件等によってはシステムが作動しない場合がございます。詳細はBMW正規ディーラーでご確認ください。

BMW ヘッドアップ・ディスプレイ

ドライバーが常に前方の道路状況に集中できるように、現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、チェック・コントロール、前車接近警告、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をフロント・ウインドーに投影します。

フロント・ウインドーに投影されるアイコンは高解像度のマルチカラーで表示* されます。情報は人間工学に基づいて表示され、個別に調節することも可能です。

照度は車外の明るさに応じて自動的に調整され、ナイトタイム/デイタイム・モードも備わっています。輝度はiDriveメニューで設定が変更可能。表示させたい追加情報を選ぶこともできます。

* 偏光サングラス装着の際は、視認性が落ちる場合があります。

※モデルにより装備の設定が異なります。

ナビゲーション・システム

ナビゲーション・システムは、インテリアにも美しく調和するデザインとトップ・レベルの機能性が特徴です。高解像度のカラー・ディスプレイはシャープな描写力とクリアな表現力で、高い視認性を誇ります。

クイックスタート機能、素早いルート検索、ドライバーの運転スタイルにあわせた省エネ・アドバイス、都市部でもわかりやすい3D ナビゲーションなど、様々な機能がドライブをさらに愉しいものに導きます。

iDrive コントローラーに内蔵されたタッチパッドにより、ナビゲーションの目的地などの情報も手書き入力可能。また、タッチパッドをなぞるだけで、数値の調整や、リストのスクロールなどもできます。タッチ操作により、iDrive をより簡単に、直観的に操作できるため、ドライバーは運転に集中でき、負担を減らすことにつながります。操作中は、コントロール・ディスプレイで、すべての機能を見ることができます。

※画像は日本仕様とは一部異なります。

アクティブ・プロテクション

アクティブ・プロテクションは、乗員を守る危険予防システムです。フロントのシートベルトのバックルを締めた後は、クルマが動き始めると自動的にプリテンションがかかります。

システムが衝突の可能性が高まったと判断した際には、瞬時にフロント・シートベルトのたるみを引き締めます。また、開いているウインドーを自動的に閉めることで乗員の保護を最大限に高めます。

コンフォート・シートの場合は、助手席のバックレストが自動的に直立位置に戻ります。システムが危険と判断する場合には、急ブレーキをかけた時やクルマが過度のアンダーステアまたはオーバーステアの状況も含まれます。

事故の状況によっては、完全に停止するまで最大限に減速を行います。それによって、二次衝突の危険性を軽減または防止できます。

さらに運転中のステアリング操作などの情報をもとにドライバーの疲労を判断。疲労の進行により注意力が散漫になったとシステムが認識すると、コントロール・ディスプレイに休息を促すメッセージを表示します。

※画像は日本仕様とは一部異なります。

カメラ・システム

さまざまなカメラ・システムを駆使することで、周りが見えにくい状況でもクルマ周辺を注視し続けることができます。

※モデルにより装備設定が異なります。

  • リヤ・ビュー・カメラ

    リヤ・ビュー・カメラは、車両後方の障害物や歩行者をディスプレイに表示。予想進路表示機能により、目標とする駐車スペースに十分な広さがあるかを確認することができます。トレーラー・ヒッチと組み合わせた場合、リヤ・ビュー・カメラのズーム機能でトレーラー連結時の接近をいっそう容易にします。

  • トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ

    トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラは、狭い場所での駐車時や取り回し時にドライバーをサポートします。トップ・ビューは、車両周辺の真上から見た画像を合成して、ディスプレイに表示します。

    サイド・ビュー・カメラは、見通しの悪い路地や駐車場の出口などでの前方左右の状況をディスプレイで確認することができ、対向車を早期に検知することができるため、ドライバーの安全運転に貢献します。

パーキング・アシスト

パーキング・アシストは縦列駐車をより簡単にします。車速が35 km / h 以下で、駐車車列との横方向の距離が1.5m 以下であれば、内蔵された超音波センサーが、縦列駐車可能なスペースをコントロール・ディスプレイに表示します。

充分な広さの駐車スペースを選んでターン・インジケータを操作し、パーキング・アシストのスイッチを押し続けるだけで、システムがあなたのパーキング操作を積極的に支援します。ドライバーは音によるガイダンスとコントロール・ディスプレイに表示される指示に従って、アクセル・ペダルとブレーキ・ペダルを操作するだけで、リラックスしたまま、より安全に駐車をすることができます。

 

※オプションとなります。

※画像は日本仕様とは一部異なります。