息をのむパフォーマンス。

BMW 4 シリーズ グラン クーペのドライビング・ダイナミクス

息をのむパフォーマンス。

BMW 4 シリーズ グラン クーペのドライビング・ダイナミクス

息をのむパフォーマンス。BMW 4 シリーズ グラン クーペのドライビング・ダイナミクス

アダプティブ M サスペンション*

アダプティブ M サスペンション*

さらにダイナミックなハンドリングをもたらす理想のサスペンション。アダプティブ M サスペンションは 運転スタイルと路面状況に応じてサスペンションのダンピング特性を自動調整する電子制御式ダンパーを採用しています。
ドライバーはドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチでサスペンションの設定を変更することが可能です。

「スポーツ」または「スポーツ・プラス」モードを選択すると、サスペンションの設定をよりスポーティーに切り替えられます。「スポーツ・プラス」モードでは、DSC (ダイナミック・スタビリティ・コントロール)がDTC (ダイナミック・トラクション・コントロール)に変更され、タイヤのスリップやスライドを一定限度まで許容するダイナミックなドライビングが可能になります。

 

*M Sport にのみオプション設定可能

バリアブル・スポーツ・ステアリング*

バリアブル・スポーツ・ステアリング( サーボトロニック付き) は、ステアリング・ホイールの操作量にあわせてステアリング・ギヤ・レシオを連続的に変化させることで、常に快適かつ安全なハンドリングをもたらします。

ステアリング・ホイールを大きく切り込んでいる時はステアリング操作に対する前輪の切れ角がより大きくなり、より少ないステアリング操作で抜群の切れ角を実現。駐車時の取り回しが容易になると同時に、シャープなコーナーやワインディング・ロードでの俊敏性も向上します。また、この特性は素早い回避操作が必要な場合にもメリットをもたらします。長いストレートや高速走行時など、ステアリング・ホイールの中立付近では、ステアリング操作に対する前輪の切れ角は小さくなり、優れた直進安定性を発揮します。

*モデルにより装備の設定が異なります。

8 速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)

8 速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)

8速オートマチック・トランスミッションが、極めて滑らかで精確なギヤ・シフトを実現しました。それぞれのギヤのレシオが近いため、効率のよいエンジン回転数をより長く維持して走行することが可能になり、燃料消費量の低減に貢献します。

マニュアル・モードでは、シフト・インジケータが、燃料消費量を抑える最適なシフト・ポジションとシフト・チェンジのタイミングをアドバイスします。

ドライビング・パフォーマンス・コントロール

ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PRO モード付)は、 ドライバーの求めるスタイルに合わせて、走行特性を最適化*1。スイッチを押すだけで、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」*2に切り替えられます。

「スポーツ・プラス」では、DSCがDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)に変更され、タイヤのスリップやスライドを一定速度まで許容するダイナミックなドライビングが可能になります。

また、燃料消費量の低減に貢献する「ECO PRO」モードを選択すると、オートマチック・エア・コンディショナーの設定も効率的なモードに変更されます。

*1 アダプティブ M サスペンション装備車(オプション)の場合はサスペンションの特性も任意に設定できます。

*2 8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションまたはバリアブル・スポーツ・ステアリング装備車に装備されます。