革新のドライバー・アシスト機能。

BMW 5 シリーズ グランツーリスモのドライバー・アシスタント

BMWヘッドアップ・ディスプレイ*

BMWヘッドアップ・ディスプレイは、ドライバーの視線の先にさまざまな情報を投影し、ドライバーが運転に集中できるようサポートします。

表示されるのは、ナビゲーション・システムからの情報や、チェック・コントロールなど。演奏中の曲名、ラジオの放送局、電話帳、通話リストといったインフォテインメントの情報も表示可能です。

フロント・ウインドーには鮮明なアイコンがフルカラーで映し出され、また、交通標識はリアルに再現されます。ドライバーにあわせて表示の微調整も可能。なお、偏光サングラスを装着した場合、実際の色とは違って見えることがあります。

表示の輝度は、車外の明るさにあわせて自動的に調節され、ナイトタイム/デイタイム・モードも用意されます。iDriveメニューによる輝度の設定も可能。必要に応じて、速度やドライバー・アシストなどの情報を追加表示することができます。

*偏光サングラス装着の際は、視認性が落ちる場合があります。
*モデルにより装備の設定が異なります。

iDriveコントローラー

タッチ・パッドを使えば、iDriveを片手で便利に操作できます。コントローラー上部のタッチ・パッドにより、たとえば、ナビゲーション・システムの目的地を手書きで入力することが可能です。

シンプルかつ直観的な操作で、コントロール・ディスプレイに表示されるさまざまな機能を設定できます。

ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタンによって、CD/マルチメディア(MEDIA)、ラジオ(RADIO)、電話(TEL)、ナビゲーションの現在地表示(MAP)の4つの機能を直接呼び出すことができます。

また、コントローラー上部のタッチ・パッドを使えば、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能です。

BMWナイト・ビジョン*

BMWナイト・ビジョン(歩行者、動物検知機能付): フロント・グリル内に設置された赤外線カメラにより最長100m先までの人や動物の姿をコントロール・ディスプレイに映し出します。

人や動物に接近すると、警告を表示してドライバーに知らせます。コントロール・ディスプレイに画像を表示させていない場合でも、BMWヘッドアップ・ディスプレイ装備車ではフロント・ウインドーに警告が表示されます。さらに、衝突のおそれがある場合は警告音が鳴り、ブレーキ・システムは可能な限りの最短距離で停車できるよう、ドライバーのブレーキングに備えます。

*オプションとなります。

パーキング・アシスト*

パーキング・アシストは、適切な駐車スペースをより簡単に見つけられるようにし、駐車を積極的に支援します。

車速が35 km/h以下で、駐車車列との横方向の距離が1.5m以下であれば、内蔵された超音波センサーが、縦列駐車可能なスペースをコントロール・ディスプレイに表示します。

望みの駐車スペースを選んでターン・インジケータを操作し、パーキング・アシストのスイッチを押し続けるだけで、システムがあなたのパーキング操作を積極的に支援します。システムは前進または後退のギヤを選び、ステアリングを誘導。ドライバーは音によるガイダンスとコントロール・ディスプレイに表示される指示に従って、アクセル・ペダルとブレーキ・ペダルを操作するだけで、簡単に駐車することができます。きっと駐車することが、かつてないほど愉しくなるに違いありません。

*オプションとなります。

カメラ・システム

複数のカメラを統合したシステムが、見通しの悪い路地や駐車場の出口などで視界を確保。PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)とともに、安全なドライブに貢献します。

PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)はフロントおよびリヤに装備。車両の前方、後方にある障害物との距離を、信号音とコントロール・ディスプレイへの表示により知らせます。狭いスペースでの駐車や車庫入れを、よりスムーズにサポートします。

トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ* は、車の周囲の状況をコントロール・ディスプレイで確認することができます。車両周辺を真上から見た画像を合成して表示しドライバーに認識させるトップ・ビュー機能と、見通しの悪い路地や駐車場の出口などでの視認性を高めるサイド・ビュー・カメラとで、快適かつ安全なドライブに貢献します。(パーキング・サポート・パッケージとして設定可能)

リヤ・ビュー・カメラ(予想進路表示機能付):車両後方の障害物や歩行者をコントロール・ディスプレイに表示。予想進路表示機能により、目標とする駐車スペースに十分な広さがあるかを確認することができます。このシステムは、リバース・ギヤを選択すると、自動的に作動します。

*オプションとなります。

アクティブ・プロテクション

アクティブ・プロテクションは、走行中に衝突の危険を検知すると、あらかじめ助手席のシートベルトを引き締め、シート・ポジションを最適な状態に設定。

さらに、サイド・ウインドーやサンルーフも自動的に閉まります。ドライバーが急ブレーキをかけたときや、極端なアンダーステアまたはオーバーステアが発生したときも、危険な状況に含まれます。

また、状況によっては、自動的に急ブレーキをかけてクルマを停止します。これにより、二次衝突の危険性を低減することができます。

さらに、ドライバーのステアリング操作などを監視し、疲労を判断。注意力が散漫になったとシステムが判断すると、コントロール・ディスプレイにメッセージを表示し、休憩を促します。

※モデルにより装備の設定が異なります。

  • ※ 画像は日本仕様とは一部異なります。