より少ない燃料で、さらなる走りの歓びを。

BMW 5 シリーズ ツーリングの効率の追求

BMW 523d

BMW 523d のアルミニウム合金製クランク・ケースによる軽量設計を取り入れた2.0 リットル 直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンは、BMW EfficientDynamicsの理念が息づく革新技術を採用しています。

新世代のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムは、高圧の燃料をシリンダー内に直接噴射することにより燃焼効率を向上させ、排出ガスの低減に貢献するとともに、卓越したパワーと優れた静粛性を実現します。可変ジオメトリー・ターボチャージャーは、エンジン回転数に応じて過給圧を最適に制御することで、アクセルを踏んだ際の優れたレスポンスと幅広い回転域での高トルクを実現すると同時に、燃料消費量を抑えます。

これらの革新技術を組み合わせることにより、高い効率とダイナミズムを実現。16.6km/ℓ*1の燃料消費率を達成しながら、135kW〔184ps〕/4,000rpmの最高出力と380Nm〔38.7kgm〕/1,750-2,750rpmもの力強いトルクを発生します。また、最先端の排出ガス処理技術であるBMW BluePerformanceテクノロジーの採用によって、日本のポスト新長期規制にも適合しています。

*1 燃料消資率JC08モード(国土交通省審査値)。燃料消担率は、定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
*2 電動パノラマガラス・サンルーフ装備車の場合、13.6km/ℓ。

ECO PROモード

走行スタイルに応じて、燃料消費量を最大20%*まで低減できます。ECO PROモードを選択すると、エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化に加え、オートマチック・エア・コンディショナーなどの作動も効率的に制御し、燃料消費量を抑制します。

さらに、走行中にアクセル・ペダルから足を離しブレーキを踏まない場合は、コースティング機能がエンジンを停止して動力を駆動系から切り離して車両を惰性で走行させ、燃料消費量を最大限まで削減します。また、より効率の良い運転を行うためのアクセル・ワークのアドバイスや、通常の走行と比べて、どれだけ走行距離を延長できたかを、オンボード・コンピュータに表示し、燃費を向上させる走行スタイルへとドライバーを導きます。

* ヨーロッパ仕様車値(自社データ)
※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

エアロダイナミクス

BMW 5シリーズ ツーリングは、BMW Efficient Dynamicsの理念に基づきデザインされています。特に、エアロダイナミクスを極めたフロント・エプロンとアンダー・ボディには、空気抵抗と燃料消費量を抑える革新的な設計を施しました。

新たにデザインされたフロント・エプロンを含むフロントセクション全体が、まさにBMW EfficientDynamicsの哲学を体現しています。冷却用エア・インテークのデザインは、エアロダイナミクスの向上に貢献し空気抵抗を低減。旋回流を抑えるために特別にデザインされたホイール・アーチにも、同じ成果が見て取れます。

エンジン・ルームの保護を兼ねるフラットなアンダー・ボディ・カバーも、エアロダイナミクスを大きく改善させたひとつです。この新しいカバーは、エアロダイナミクスの観点から有利なだけではなく、遮音性の改善にもつながり、優れた防錆効果も期待できます。

ブレーキ・エネルギー回生システム

ブレーキ・エネルギー回生システム

ブレーキをかける度に運動エネルギーが生み出されますが、このエネルギーは最近まで利用されていませんでした。ブレーキ・エネルギー回生システムは、長い間見過ごされてきたこの潜在的なエネルギーを活用します。ブレーキをかけたり、アクセル・ペダルから足を離す度に生まれる運動エネルギーを電力として回収するのです。

この電力はバッテリーに充電されます。バッテリーが十分に充電されている場合には、革新のエネルギー・マネジメント・システムによって、加速時にはオルタネーターの発電をカットし、バッテリーに蓄えた電力だけを使用することで、エンジンの負荷を軽減します。その結果、燃料消費量を抑え、パフォーマンスを向上させるのです。まさにこれこそ、BMW Efficient Dynamicsを体現したテクノロジーと言えるでしょう。

エンジン・オート・スタート/ストップ機能

エンジン・オート・スタート/ストップ機能

エンジン・オート・スタート/ストップ機能は、クルマが実際に走行しているときしか燃料を消費させないシステムです。

信号待ち、渋滞などでブレーキを踏んで停車し、クルマがアイドリングを始めるとすぐ、エンジンを停止して燃料消費を抑えます。また、ドライバーがブレーキ・ペダルから足を離すとエンジンは即座に再始動し、発進できます。その際、先進的な電子制御システムが、バッテリーの充電状況をチェックするとともに、オートマチック・エア・コンディショナー・システムやリヤ・ウインドー・ヒーターなどによって電力が不足していないかをチェックします。必要であれば、停車したままの状態で、エンジンを再始動します。なお、エンジン・オート・スタート/ストップ機能は、スイッチを操作すればいつでも解除が可能です。