つながることで、BMWの歓びがさらに広がる。

BMW 5 シリーズ ツーリングのサービス

BMWコネクテッド・ドライブ・サービス

毎日の安全・安心を追求した標準装備のBMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードに加え、カー・ライフをさらに充実させるBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムもオプションとして設定可能。最新情報や話題のエンターテインメントを車内で愉しめ、利便性の高い機能も車内外で幅広く利用できます。

BMW SOS コール

BMW SOS コール

BMW SOSコールは、エアバッグが展開するような深刻な事故や、側方および後方からの衝突や横転が発生した際に、車両から自動的にSOSコールを発信するシステムです。

コールセンターの専門のスタッフが車両からの送信を24時間体制で受け、必要に応じて救急や消防などの機関に通報し、乗員への支援を行います。同時に、衝突の状況、乗員数、モデル名、ボディ・カラーといった救急機関が必要とするデータを、車両の正確な位置とともに伝えます。これにより、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディな救急対応が可能になります。また、自車の近くで事故が発生し救急を要する場合、または車内で急病人が出たといった緊急の場合においても、必要に応じて手動で車内のSOSボタンを押し、BMW SOSコールを作動させることも可能です。

※ BMW SOS サービスは、株式会社プレミア・エイドから直接お客様に対して提供されます。
※ BMW コネクテッド・ドライブは、BMW が契約するモバイル・ネットワーク事業者が提供するモバイル・ネットワーク、および全地球測位システム(GPS)の電波の届かない場所ではご利用いただけない場合があります。

BMWドライバー・サポート・デスク

BMWドライバー・サポート・デスク

BMWドライバー・サポート・デスクは、コールセンターのオペレーターが24時間265日、運転中のドライバーに代わってさまざまな情報を調べます。目的地までの道のりや特定の飲食店などのロケーションも、車両の現在位置をベースに速やかに提供可能。特別な日を演出する穴場のレストランなど、具体的なリクエストにも可能な限り対応。オペレーターが調べた位置情報は車両に送信され、ナビゲーション画面に表示されます。

BMWオンライン

BMWオンラインはクルマの中にいながら、いつでも車載通信モジュールを介してさまざまな情報を愉しめます。例えば、経済、スポーツ、エンターテインメントなど、ジャンル別に最新ニュースを閲覧可能。走行中は、テキストの読み上げ機能により、運転しながらニュースを聞くことができます。また、現在地や目的地、設定した場所などの天気を確認することも可能。最新情報から店舗やホテルの位置情報、レストランなど幅広い検索も可能です。パソコンやスマートフォンのように、車内でも現在地の周辺情報や目的地などを検索することができます。

BMWリモート・サービス

BMWリモート・サービス

BMWリモート・サービスは、スマートフォン専用アプリ「BMW ConnectedDrive」を介して、BMWを遠隔操作できるサービスです。駐車した車両の位置を地図上で確認したり、夜間の駐車場でスマートフォンを使ってヘッドライトを点滅させてクルマの位置を知ることもできます。また、車外からベンチレーションを起動させ、車内の空気を入れ替えることもできます。さらに、ドアのロックやロック解除が行えます。