最先端が支える、揺るぎないドライビングを。

BMW 6 シリーズ グラン クーペのドライバー・アシスタント

ドライビング・アシスト・プラス

ドライビング・アシスト・プラスには、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ& ゴー機能付)が含まれます。

ACC /アクティブ・クルーズ・コントロールは、ドライバーが任意に設定した速度をベースに、先行車との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、高速走行をサポート。車両停止も自動で行うため、渋滞時の運転負荷を軽減します。

レーン・ディパーチャー・ウォーニングは、車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに注意を促します。

前車接近警告機能は、常に前方をモニターしており、先行車に接近すると、まず予備警告として、メーター・パネルおよびBMW ヘッドアップ・ディスプレイの警告灯で注意を喚起します。急速に接近した場合は緊急警告が作動し、警告音を発して、衝突を避けるように強く促すとともに、システムが予めブレーキ圧を高め、ドライバーのブレーキ操作時に瞬時に最大の制動力を発揮できるよう備えます。

ステアリングやブレーキの操作など、ドライバーによる事故回避行動がないまま、衝突が不可避と判断された場合、システムが自動的にブレーキをかけて停止させ、衝突の回避と被害軽減を図ります。この衝突回避・被害軽減ブレーキは、歩行者に対しても作動します。

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

BMW ヘッドアップ・ディスプレイ

BMW ヘッドアップ・ディスプレイは、走行に関連する情報をドライバーの視界内に直接投影。常に前方の道路状況に集中できるようにします。

現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、チェック・コントロール、前車接近警告、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をフロント・ウインドーに投影。

フロント・ウインドーに投影されるアイコンは高解像度のマルチカラーで表示* されます。情報は人間工学に基づいて表示され、表示の高さを調節することも可能です。

照度は車外の明るさに応じて自動的に調整されます。表示の明るさはiDrive メニューで設定が変更可能。現在の車速やドライバー・アシストからの警告に加えて、表示させたい追加情報を選ぶこともできます。

* 偏光サングラス装着の際は、視認性が落ちる場合があります。
※ モデルにより装備の設定が異なります。また、画像は日本仕様とは一部異なります。

パーキング・アシスト

パーキング・アシストは縦列駐車をサポートするシステムです。システムを作動させて低速(35 km/h 未満)で駐車している車列の横を走行すると、内蔵された超音波センサーが、縦列駐車可能なスペースをコントロール・ディスプレイに表示します。

十分な駐車スペースがあると確認されると、ステアリング操作を自動的に行います。ドライバーは、音によるガイダンスとコントロール・ディスプレイに表示される指示に従って、アクセル・ペダルとブレーキ・ペダルを操作するだけで、簡単に駐車することができます。

※ 車庫入れ等、縦列駐車以外の駐車方法には対応していません。また、状況により正しく作動しない場合があります。
※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

BMW ナイト・ビジョン(歩行者、動物検知機能付)

BMW ナイト・ビジョン(歩行者、動物検知機能付)によって、ドライバーは夜間に接近してくる人や動物の姿を容易に確認できます。フロント・グリル内に設置された赤外線カメラにより最長100 m 先までの人や動物の姿をコントロール・ディスプレイに映し出します。人や動物に接近すると、警告を表示してドライバーに知らせます。

衝突の危険が迫っている場合は、赤く点滅するアイコン(動物または人)が表示され、 アラーム音が鳴り、ブレーキは万一に備えてスタンバイ状態となります。

このモニターは、車両が始動すると自動的にオンになります。コントロール・ディスプレイに画像を表示させていない場合でも、警告音でドライバーに注意を喚起します。

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

カメラ・システム

トップ・ビュー、サイド・ビュー・カメラ、リヤ・ビュー・カメラの3 つのカメラ・システムが、車両周囲の視界を確保します。

トップ・ビューは、車両周辺を真上から見た画像を合成して表示し、ドライバーに車両の位置を認識させます。サイド・ビュー・カメラは、見通しの悪い路地や駐車場の出口などでの視認性を高めます。リヤ・ビュー・カメラは、低速でバックしながら駐車スペースに進む際、後方の障害物や歩行者をコントロール・ディスプレイに表示します。また、予想進路表示機能により、駐車スペースに十分な広さがあるか確認できます。

カメラ・システムは、ギヤをリバースにした時にシステムが自動的に作動し、画像はコントロール・ディスプレイに表示されます。ドライバーが、トップ・ビューまたはサイド・ビュー・カメラ、リヤ・ビュー・カメラを選択して作動させることもできます。

※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

HDD ナビゲーション・システム

HDD ナビゲーション・システムは、スタイリッシュなデザインと数々の優れた機能を特徴としています。BMW のインテリアに見事に調和し、iDrive コントローラーで操作できます。

文字情報も鮮明に表示する10.2 インチの高解像度カラー・ワイド・ディスプレイを採用。視認性に優れた地図デザインと、特徴的な建造物を目印にした描写表示で、容易に現在位置を把握できます。

渋滞箇所などの情報をリアルタイムで提供する VICS 3 メディアと、広範囲の交通情報を利用できるITS スポットに対応。広域での交通情報をもとに最適な走行ルートをご案内します。また、落下物や天候などに関する安全運転支援情報も提供します。

iDrive コントローラーを使えばさまざまな機能を直観的に操作できます。ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、8 つのプログラマブル・ボタン、またはスピーチ・コントロール(音声入力システム)を使ってシステムを操作可能です。

※ ITSスポット®は国土交通省の登録商標です。
※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

  • iDrive コントローラー

    iDrive コントローラーを使うと、オーディオ、ナビゲーションなど、さまざまな機能を片手で操作できます。コントローラーに組み込まれたタッチ・パッド機能により、指先で文字や数字を入力したり、地図の拡大/縮小も可能です。

    操作は直観的でシンプル。道路への注意を逸らすことなく操作できるため、安全性においても貢献します。コントローラーで操作するすべての機能は、コントロール・ディスプレイにも表示が可能です。