エミッション0%、駆けぬける歓び100%。

eモビリティのために開発された、 BMW i3の駆動システムとテクノロジー。

エミッション0%、駆けぬける歓び100%。

eモビリティのために開発された、 BMW i3の駆動システムとテクノロジー。

エミッション0%、駆けぬける歓び100%。eモビリティのために開発された、 BMW i3の駆動システムとテクノロジー。

新時代の息吹を感じることほど魅惑的なことはありません。かつてのエンジン・ノイズは息を潜め、今や力強いパワーはほとんど無音で発揮される時代になりました。そして現代、街の活気はいっそうダイナミックになる一方で、今まで以上に寛ぎに満ちたものに変わっていくのです。なぜなら、BMW i が、eモビリティをサステイナブルな方法で変革させたからです。その証が、完全な電気駆動のために開発されたBMW i3に他なりません。

衝撃的な駆けぬける歓び。

最良の歓びとは、自然と生まれてくるものです。完全電気駆動のBMW eDriveテクノロジーが生みだす歓びは、まさにその代表でしょう。BMW i3はアクセル・ペダルを軽く踏むだけで、ほぼ無音で力強く発進していきます。そして驚くことに、同じペダルがブレーキにもなるのです。アクセル・ペダルから足を離した瞬間、クルマが減速を始めます。その理由は、BMW i3が減速する際の運動エネルギーを回収し、これを用いてバッテリーを充電しているからです。「ワン・ペダル・フィーリング」と呼ぶこのイノベーションは、これまでにないドライビング体験を可能にするだけでなく、航続距離も延長させるのです。

かつてないドライビング体験。

BMW i3の完全な電気駆動システム。

  • BMW eDriveテクノロジー:発進からダイナミック。

    新しい時代の始まりは、常にエネルギーに満ちていますが、BMW i3のもたらしたものは特別です。その牽引力となったのが、BMWによって開発されたBMW eDriveテクノロジーに他なりません。最高出力125kW[170ps]、最大トルク250Nmのパワーは、脅威のレスポンスも秘めています。それが意味するものは明白です。発進した瞬間から、その漲るパワーを存分に味わえるということ。従来のクルマが変速しながら加速している時、大容量バッテリーを新たに搭載したBMW i3は、パワーを途切れさせることなく一気に加速。0-100 km/hをわずか7.3秒*1 *2で走りぬけるのです。走り出して最初の数メートルで、パワフルなクルマたちを置き去りにしていきます。

    *1:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)
    *2:レンジ・エクステンダー装備車は8.1秒。ヨーロッパ仕様車値(自社データ)。

  • 消費電力:衝撃的なほど効率的。

    BMW i3は効率の面でもベンチマークを打ち立てます。 BMW i3の交流電力量消費率は98Wh/km。走行コストは驚くほど抑えられ、ほぼ無音で走行し、完璧な寛ぎの中で、ドライビングの歓びを堪能できるのです。

レンジ・エクステンダー

レンジ・エクステンダー

長距離走行を意識される方のために、レンジ・エクステンダー装備車もラインアップ。小型で静粛性に優れた直列2気筒ガソリン・エンジンをリヤの電気モーター隣に設置することで、390kmの充電走行距離を、さらに遠くまで伸ばすことができます。このエンジンはオルタネーターを駆動し、さらにリチウムイオン・バッテリーを充電する働きがあるため、電気エネルギーによって引き続き走行することができます。バッテリー充電レベル低下時には、自動的にレンジ・エクステンダーに切り替わります。

ゼロから開発したeモビリティ。新たなベンチマークの誕生。

eモビリティという時代に、サステイナブルな新たな潮流を起こす。そのためには、既存の概念を捨て去り、ゼロから出発することが大事だと考えました。最大の課題は、ハイ・ボルテージ・リチウムイオン・バッテリーの重量を克服することでした。BMWは車体構造を2つの独立したユニットに分けました。下部ユニットにはアルミニウム合金製のシャシー(ドライブ・モジュール)を構築し、ここにバッテリーをレイアウト。駆動システムに関するすべてのパーツを設置することで、上部ユニットのパッセンジャー・セル(ライフ・モジュール)に広々とした空間を実現させました。BMW i3 は、余裕のスペースとともに安全性と俊敏性を兼ね備えています。それを可能にしたのが、キャビンの素材に使用した頑丈で超軽量なカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)。これがバッテリーの重量増を効果的にカバーし、見事に課題を克服させたのです。世界で初めて量産車にカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を使用したBMW。その誇りが、BMW i3に込められているのです。

Pioneering.

BMW i3の生産ストーリー。

  • ライフ・モジュール

    ライフ・モジュールは家に居るかのような広々とした寛ぎの空間をもたらします。ドライバーとパッセンジャーを隔てるセンター・トンネルも、Bピラーもありません。このセグメントとしては類を見ないほど、開放的でロフトのような雰囲気を愉しめるのです。量産車では初めてとなる、高強度のカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)の採用がすべてを可能にしました。さらにこの素材はBMW i3の車両重量をわずか1,300kg* に抑え、俊敏な走りだけでなく、航続可能距離の延長にも貢献しています。また頑強な構造による優れた安全性は、さまざまなテストでも証明されています。

    *レンジ・エクステンダー装備車を除く。

  • ドライブ・モジュール

    ドライブ・モジュールは、軽量のアルミニウム合金製で、駆動に必要なあらゆるパーツをレイアウト。たとえば、リヤ・セクションには電気モーターのほか、レンジ・エクステンダー装備車の場合、航続可能距離を延ばすための発電用のコンパクトなエンジンが組み込まれます。ハイ・ボルテージ・リチウムイオン・バッテリーは、頑丈なアルミニウム合金製のシャシーに取り囲まれ、外部からの衝撃に強いアンダーフロア・セクションへ安全に組み込まれています。このレイアウトのもう一つの利点は車両の重心が低くなること。これによって、後輪駆動のBMW i3はさらなる走行安定性と俊敏性を実現しています。

    ※リチウムイオン・バッテリーは長寿命が特徴です。新車登録日から8年、もしくは走行距離100,000km以内にバッテリーの修理が必要になった場合は、BMW i 販売店が無償で修理いたします。詳細は「BMW i ハイ ボルテージ バッテリー 品質証明書」をご覧ください。

カーボン – 新たな時代の到来。

マウスを画像の上へ動かして、未来の素材についての詳細をご覧ください。

特長と利点

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)は、カーボン・ファイバーと樹脂母材で作られた極めて弾力性のある複合材料です。アルミニウムよりも約30%、スチールよりも50%も軽量です。

生産工程:Step 1

BMWグループはSGL Automotive Carbon Fibers社と共同して、カーボン・ファイバーを自社で生産しています。10年以上の研究開発を経て、大規模な自動車生産ラインに同素材を使用することが初めて可能となりました。

生産工程:Step 2

紡糸繊維を織ってマットを作り、特殊な樹脂に浸します。

生産工程:Step 3

それを加熱し、ボディ・コンポーネントとなる硬化エレメントを成形します。

生産工程:Step 4

次の工程では、専用に開発された完全自動化接着処理により、ボディ・コンポーネント同士を接合します。

結果

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)の採用は、ボディの強度と乗員の安全性を向上させます。そして、極めて優れた剛性が加速性能とともに俊敏性とロード・ホールディングをいっそう高めると同時に、軽量化によって燃料消費量を低減させるのです。

ドライビング・アシスト

ドライビング・アシスト

BMW i3の画期的なドライバー支援システムはドライビングはもちろん駐車する時も、不安を歓びに変えます。ドライビング・アシスト・プラス・パッケージを搭載したBMW i3は、衝突の危険性が高まると自動的にドライバーに警告を発し、市街地走行中や渋滞中には前方の車両との車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことも可能です。パーキング・アシストは駐車をサポート。必要であれば全自動で駐車することもできます。

*システムの認識性能、制御性能には限界がありますので、作動中も安全運転を心掛けて走行してください。路面状態や気象条件等によってはシステムが作動しない場合がございます。詳細はBMW i 販売店でご確認ください。

  • ドライビング・アシスト・プラス

    オプションのドライビング・アシスト・プラスは、BMW i3での走りをいっそう安全で快適なものにする、ドライビング・アシストをさらに発展させるパッケージです。ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)* は、先行車との車間を設定した距離で維持し、前方の停止した車両に反応して、自動的に車両停止まで制御します。前車接近警告機能(衝突回避・被害軽減ブレーキ付)は、常に前方をモニターしており、先行車に接近すると、まず予備警告として、メーター・パネルの警告灯で注意を喚起します。急速に接近した場合は緊急警告が作動し、警告音を発して、衝突を避けるように強く促すとともに、システムが予めブレーキ圧を高め、ドライバーのブレーキ操作時に瞬時に最大の制動力を発揮できるよう備えます。この衝突回避・被害軽減ブレーキは、歩行者に対しても衝突回避・被害軽減のためのブレーキングを行います(走行速度が約10km/hから60km/h の場合)。

    *LODGE、SUITEに標準装備。ATELIERにプラス・パッケージとして設定可能。
    ※システムの認識性能、制御性能には限界がありますので、作動中も安全運転を心掛けて走行してください。路面状態や気象条件等によってはシステムが作動しない場合がございます。詳細はBMW i 販売店でご確認ください。

  • パーキング・アシスト

    路上での縦列駐車*1 をサポートするシステムです。システムが駐車可能なスペースがあるかどうかを測定し*2、十分なスペースがある場合は、ドライバーの代わりに縦列駐車のステアリング操作を自動的に行います。希望の駐車スペースが見つかると、ドライバーはターン・インジケータをオンにし、パーキング・アシストのボタンを長押しするだけで、駐車操作をサポートしてくれます。

    *1:車庫入れ等、縦列駐車以外の駐車方法には対応していません。
    *2:35km/h未満で走行する場合に作動します。