進化を生み出す、パワー。

BMW i8 の駆動システム。

進化を生み出す、パワー。

BMW i8 の駆動システム。

電気モーターと力強いエンジンとのコンビネーション。それが現代で最も革新的なスポーツカーであるBMW i8 のベースとなっています。このクルマの持つ比類ない魅力は誰の目にも明らかでしょう。エンジンと電気モーターの精緻な連携によって、効率とダイナミズムの両方を高次元に実現しているのです。

進化を生み出す、パワー。BMW i8 の駆動システム。

電気モーターと力強いエンジンとのコンビネーション。それが現代で最も革新的なスポーツカーであるBMW i8 のベースとなっています。このクルマの持つ比類ない魅力は誰の目にも明らかでしょう。エンジンと電気モーターの精緻な連携によって、効率とダイナミズムの両方を高次元に実現しているのです。

BMW eDriveテクノロジー

BMW eDriveテクノロジー

BMW eDrive テクノロジーは、長年に渡ってBMW EfficientDynamics を研究してきたBMW の大いなる成果に他なりません。電気モーターは瞬時に最大トルクを発揮する俊敏さで、比類ないドライビングの歓びをもたらします。同時に、革新的な冷却システムが高性能リチウムイオン・バッテリーを最適な作動温度に維持。これにより高性能と優れた耐久性を実現させています。

革新のエネルギー・マネジメントが、電気モーターと高性能リチウムイオン・バッテリーを相互に制御し、最大限のパフォーマンスを最小限の燃料消費量で実現。パワフルで効率に優れたプラグイン・ハイブリッド・システムを可能にしています。

  • 卓越したプラグイン・ハイブリッド・システム

    さらに遠くへ行くために。 BMW i8 のインテリジェントなプラグイン・ハイブリッド・システムは、電気モーターとガソリン・エンジンが相互にもたらす魅力を最大限に引き出します。それによって、最高の効率と最大のダイナミクスを同時に実現し、ドライバーを並外れたドライビング体験へと誘います。最高出力96kW〔131ps〕を発生する電気モーターはフロントに搭載。リヤには、最高出力170kW〔231ps〕、最大トルク320Nm[32.6kgm] を発生する 1.5リッター 直列3 気筒 BMW ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載しました。 2つのパワフルな駆動システムの利点が組み合わさり、かつて体験し得なかった興奮のBMW ドライビングが生み出されるのです。 2つのパワフルな駆動システムにより、BMW i8 は0-100km/h を4.4秒*1 で加速。また、ハイブリッド燃料消費率 19.4 km/?*2 を実現しています。

    *1:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)
    *2:ハイブリッド燃料消費率(JC08モード)は、定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。

  • インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システム

    BMW i8 の驚くべき効率の高さは、BMW eDrive テクノロジーとガソリン・エンジンとが完璧に連携しているからに他なりません。2つのシステムはドライビング・モードとさまざまな走行状況に応じて緻密に制御されます。同時に、ドライバーがアクセル・ペダルを緩めると効率的に減速が行われ、さらにペダルから足を離すと、電気モーターは運動エネルギーから変換された電流をリチウムイオン・バッテリーに還元するオルタネーターとしての役割を担います。これによってエネルギー効率を高め、電気モーターのみの航続距離を伸ばすことが可能になりました。エアロダイナミクスを磨いたデザインは、 BMW i8 のパフォーマンスを向上させるとともに、コンパクト・クラスに匹敵する燃料消費量と排出ガス量を達成させたのです。

1.5リッター 直列3気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジン

1.5リッター 直列3気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジン

BMW EfficientDynamics 戦略の一環として新たに開発された 1.5リッター 直列3気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジンは、スポーツカーのパワー・ユニットに期待される魅力すべてを兼ね備えています。エンジン・マネジメント・システムは、エンジン回転数に応じて過給圧を最適に制御する可変ジオメトリー・ターボチャージャーをコントロールし、 優れたレスポンスを実現します。最高出力 170kW〔231ps〕のエンジンは、極めて滑らかに吹け上がり、320Nm の最大トルクを発生。心躍るパフォーマンスは、優れた効率とともに実現されています。

「ドライビング」モード

「コンフォート」、「ECO PRO」、「スポーツ」といった走行モードを自在に選択可能。走行状況やあなたの気分次第で、多彩な運転スタイルを思いのままに体験できます。さらに「eDrive」スイッチを押すだけで、BMW i8 の特性を変えることができます。完全な電気走行を望むなら、最長40.7km*1 まで走行が可能です。遠出の際も極めて刺激的なドライビング・フィールが堪能できます。しかし、最高の性能はガソリン・エンジンか、電気モーターかの二者択一ではなく、2つの比類なきパワーが融合された時に訪れるのです。

eDrive スイッチを押すと、電気モーターによる駆動を優先させます。このボタンは、「コンフォート」モードと「ECO PRO」モードの際に使用が可能です。「コンフォート」モードでeDrive スイッチを押すと、バッテリーの残量がなくなるまでエンジンのサポートなしで走り続けます。eDrive では時速120km/ h*2 まで電気モーターだけのゼロ・エミッション走行が可能となります。eDriveスイッチが押されていない場合は、時速65km/ h でエンジンが駆動をスタートします。

*1:充電電力使用時走行距離(JC08モード)は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。
*2:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)

  • 「コンフォート」モード

    すべてのパワーがあなたの想いのままです。例えば、「コンフォート」モードでは、フル充電された BMW i8 が電気で走行を開始します。市街地では、最高65km/h* まで電気走行が可能です。信号で停止した後の発進や追い越しの際も、電気モーターが作動します。高速ではエンジンも作動し、最適な走行快適性を実現します。

    * ヨーロッパ仕様車値(自社データ)

  • 「ECO PRO」モード

    「ECO PRO」モードでは、 BMW i8 の優れた効率を存分に体感できます。エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化のみならず、オートマチック・エア・コンディショナーなどの作動までも効率的に制御し、燃料消費量を抑制します。電気モーターによる走行は最高65km/h* の速度まで可能です。高速走行時やバッテリーの充電レベルが規定より低い場合はエンジンが作動します。

    * ヨーロッパ仕様車値(自社データ)

  • 「スポーツ」モード

    従来のオートマチック・トランスミッションの「 D 」ポジションでは満足できない方は、「スポーツ」モードを選択し、ステアリング・ホイールのパドル・シフトを使って、マニュアルでのシフト・チェンジの走りを愉しんでください。「スポーツ」モードを選択すると、クルマ全体がスポーティな走りに適した設定に変わります。エンジンと電気モーターがフルにパワーを発揮し、アクセル・レスポンスもダイレクトなものに変化。電動モーターによるブースト機能が驚異の加速を見せ付けます。さらにブレーキ・エネルギー回生システムも最大限の効果を発揮し、常に十分な電気エネルギーを充電することができます。

4輪駆動システム

「eDrive」モードでは、 BMW i8 は電気モーターにより、フロント・アクスルのみで駆動します。その一方、「ハイブリッド」モードでは、電気モーターとガソリン・エンジンという2つの駆動力を精緻に制御し、あらゆる走行状況で最適なトラクションを発揮します。最高出力 96kW〔131ps〕を発生する電気モーターはフロントに搭載。リヤには、最高出力 170kW〔231ps〕、最大トルク 320Nm[32.6kgm] を発生する 1.5リッター 直列3気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、リヤ・アクスルを駆動させます。エンジンと電気モーターという、2つのパワーで4輪を同時に駆動することができるため、走行状況に応じて、前輪駆動システム、または4輪駆動システムとそれぞれのメリットを利用することができます。4輪駆動システムは最高速度 250km/h* を発揮し、その真価を見せ付けます。

* ヨーロッパ仕様車値(自社データ)