ひと息ごとに高まる興奮。

BMW Z4のドライビング・ダイナミクス

7速ダブル・クラッチ・トランスミッション

2組のギヤ・セット、2つのクラッチによる、途切れることのない加速。 BMW Z4ロードスターの7速ダブル・クラッチ・トランスミッションは途切れることなく加速します。2つのクラッチは偶数段と奇数段とに分割された2つのギヤ・セット間で極めて迅速かつスムーズに切り替わり、わずかなシフト・ショックも与えることなく、また駆動力が途切れることもありません。

  • 7速ダブル・クラッチ・トランスミッション

    ダイナミックなドライビング体験を味わうための決め手は、パワーだけではありません。得られたパワーを効率的に路面へと伝えることも必要ですが、7速ダブル・クラッチ・トランスミッションはパワーを1秒たりとも無駄にすることなく、路面へと伝えるのです。偶数のギヤ・セットと奇数のギヤ・セットはそれぞれ独自のクラッチを備えており、一組のギヤが解除されると、すでに次のギヤが準備され瞬時に結合されます。これによりシフト時間が最小限に抑えられ、精度も最大限に高められています。また、シフト・ショックもなく、駆動力が途切れることもありません。

  • シフト・パドル

    マニュアルでのシフト・チェンジ中もステアリング・ホイールから手を離さずにシフト・パドルで的確に行うことができます。また、シフト・チェンジを委ねたい場合はオートマチック・モードをセレクトすることもできます。7速ダブル・クラッチ・トランスミッションが、ほとんど気づかぬほど素早く正確に、最も効率的なギヤを選択してくれるため、圧倒的なドライビング・ダイナミクスを燃料消費量を抑えながら存分に愉しむことができます。

    *BMW Z4 sDrive35iではオプション、BMW Z4 sDrive35isでは標準装備。

アダプティブ M スポーツ・サスペンション

アダプティブM スポーツ・サスペンションを装備すると、快適性を一切妥協することなく、BMW Z4ロードスターの設定を必要に応じて、よりスポーティに変身させることができます。

まず車高が10 mm低くなることで、重心高が下がり俊敏性がより高められます。さらにドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチでサスペンションの設定を変更でき、ドライバーはスポーツ性を重視した設定か、快適性を重視した設定を選ぶことができます。

また走行中、センサーが車両の挙動をモニターし、走行状況と路面状況に応じてアダプティブ M スポーツ・サスペンションのショック・アブソーバー・バルブを自動調整します。これを4輪独立して行うことで、常に最適なロード・ホールディングが確保されます。

※Z4 sDrive20iではオプションとなります。

ドライビング・パフォーマンス・コントロール

「 コンフォート」、「スポーツ」または「スポーツ・プラス」モードを選択すると、モードに合わせてパワートレインおよびステアリングなどのシャシー・コンポーネントが最適化されます。「スポーツ・プラス」モードでは、クルマの限界までスポーティさを引き上げた走りを実現。たとえば、「トラクション」ボタンを押すと、タイヤのスリップやスライドが一定限度まで許容されるため、よりスポーティな走りを愉しむことができます。

エンジン・レスポンスおよびオートマチック・トランスミッションのシフト・タイミングが、ドライバーの望む通りの俊敏な操作性と走りをもたらしてくれます。アダプティブMスポーツ・サスペンションとの組み合わせでは、シャシーがさらにスポーティな設定になります。また、パワー・ステアリングのアシスト量が減少することで、よりダイレクトなステアリング操作が確保されます。