より少ない燃料で、さらなる走りの歓びを生み出す一連の革新技術。

BMW Z4の効率の追求

電動パワー・ステアリング

電動パワー・ステアリング

電動パワー・ステアリングは、必要なとき、つまりステアリング・ホイールを回したときだけ作動します。作動に必要な電気エネルギーは、ブレーキ・エネルギー回生システムが減速時に放出される運動エネルギーを利用して充電したバッテリーより供給されます。

このBMW EfficientDynamicsの新たなシステムは、従来の油圧式パワー・ステアリング・システムを電気モーターに置き換え、実現したものです。従来の油圧システムは、たえずエンジンからパワーを引き出し、それによって余分な燃料を消費していました。それに対し、この電動のシステムは実際に必要なときだけ、素早く作動します。ステアリング・ホイールを動かさなければ(たとえば直線路や一定したカーブでも)、電気モーターは作動しないまま電力の消費が抑えられるのです。

ブレーキ・エネルギー回生システム

従来の車は、クルマが減速する際に、運動エネルギーをブレーキングなどで発生する熱エネルギーとして、大気中に放出していました。長い間、このエネルギーは、見逃されていたのですが、ブレーキングで発生したエネルギーをバッテリーに蓄えるブレーキ・エネルギー回生システムによって、エネルギーの有効利用が実現したのです。

アクセル・ペダルから足を離し、またはブレーキかける際に、ブレーキ・エネルギー回生システムはエネルギーを回収して、バッテリーを充電します。

加速する場合、従来のシステムのようにエンジンからのパワーの一部をバッテリーの充電に割り当てる必要がないため、エンジンの推進力を存分に発揮させることができます。これによってエンジンへの負荷が軽減され、排出ガスの量も抑えられます。

8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション

無駄を抑えて走る、最もダイナミックで快適な方法。BMW Z4ロードスターに搭載されている高効率の8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションは、燃料消費量を大幅に抑えるだけでなく、シフト・パドルを利用した迅速なギヤ・シフトが可能です。

新しい8速オートマチック・トランスミッションは、シフト・チェンジに気づかないほどスムーズです。個々のギヤのレシオが適切に設定されるため、ギヤ・シフト時の回転数の変動が小さく、変速していることをほとんど感じさせません。同時にエンジンは、パワーと効率を最大限に活用できるパフォーマンスを保ちつづけます。

8速は特に高いギヤ・レシオとなっており、高速走行中のエンジン回転数は低く抑えられ、燃料消費量を低減するとともに静粛性も向上します。このトランスミッションは、走行快適性とダイナミックなパフォーマンスを最大限に高めます。また、ステアリング・ホイールにはシフト・パドルが装備されているので、セレクター・レバーを操作することなく、レーシング・マシンさながらの迅速なシフト・チェンジを愉しむこともできます。