賢く、革新的に、効果的に。

エアロダイナミクスとエネルギー・マネジメント

賢く、革新的に、効果的に。

エアロダイナミクスとエネルギー・マネジメント

BMWの全モデルにエンジン・オート・スタート/ストップ機能、ブレーキ・エネルギー回生システム、電動パワー・ステアリングといった BMW Efficient Dynamics テクノロジーが採用されています。これらのテクノロジーが組み合わされることで、サステイナブル・モビリティと最大限の効率を実現しています。特に最適化されたエアロダイナミクスは空気抵抗を減少させることにより、効率を高め燃料消費量を低減させています。

賢く、革新的に、効果的に。エアロダイナミクスとエネルギー・マネジメント

BMWの全モデルにエンジン・オート・スタート/ストップ機能、ブレーキ・エネルギー回生システム、電動パワー・ステアリングといった BMW Efficient Dynamics テクノロジーが採用されています。これらのテクノロジーが組み合わされることで、サステイナブル・モビリティと最大限の効率を実現しています。特に最適化されたエアロダイナミクスは空気抵抗を減少させることにより、効率を高め燃料消費量を低減させています。

主なエアロダイナミクス

最適化されたエアロダイナミクス

エアベント・コントロールやリヤ・スポイラー、フロント・エプロンのエア・カーテンなど、空気の流れを大幅に改善する革新的な機能を採用しています。このエアロダイナミクス・テクノロジーは空気抵抗を最適化することで効率を高め、燃料消費量をより低く抑えることを実現しました。まずはご自身の目で確かめてください。  

アクティブ・リヤ・スポイラー

高速走行時にリヤの空気の流れを最適化し、優れたロード・ホールディングとBMWならではのドライビング・ダイナミクスを実現します。速度が110km/hを超えると自動的に上昇し、70km/hを下回ると自動的に格納されます。アクティブ・リヤ・スポイラーは、運転席ドア・パネルのスイッチにより、手動で操作することも可能です。  

エア・カーテン

BMW EfficientDynamics の哲学を貫くエア・カーテンは、フロント・バンパー左右に配されたエア・インテークから取り込まれた空気が細いスロットを通って加速され、空気の流れをフロント・ホイール・アーチに沿って導きます。この革新的なテクノロジーによって乱気流と空気抵抗を減少させ、燃料消費量を大幅に減らします。  

アクティブ・エア・ストリーム

「アクティブ・エア・ストリーム」が採用されたキドニーグリルは、エンジンやブレーキの冷却のために空気を取り入れる必要がない時には、内部に組み込まれたエア・フラップが電動で閉じ、エンジン・ルームに流入する空気の量を抑制し空気抵抗を改善します。これにより、エアロダイナミクスと燃料消費量の両方の最適化を実現しています。  

エア・ブレード

ルーフの端にあるリヤ・スポイラーと、Dピラー後方に装着された両サイドのエア・ブレードがリヤで起こる乱気流を低減させ、空気抵抗を最小限に抑えます。 (※ モデルにより装備の設定が異なります。)  

エアロ・ホイール・リム

エアロ・ホイール・リムは、ホイール周囲の乱気流を最小限に抑え、優れた空気抵抗を実現させています。  

エア・ブリーザー

エア・ブリーザーはフロント・ホイール・ハウスに流れこむ空気をホイール・ハウス後方のエア・ダクトへ導くことにより空気抵抗を抑え、燃料消費量とCO2 排出量を低減します。  

BMW i8のエアロダイナミクス

流れるようなフォルム、印象的なコニカルシェイプ、そして重さを研ぎ澄ませたボディ。BMW i8 は疑いもなく真のスポーツカーです。エアロダイナミクスを磨き抜くことで、最大限のダイナミクスと最適な効率を共に実現しています。例えば、LED テール・ライトはレイヤリング・デザインの原理に基づいて設計され、空気をスムーズに流す役目を担っています。  

インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システム

効率の追求

電動パワー・ステアリング、ECO PROモード、ブレーキ・エネルギー回生システムといった 革新的なテクノロジーが組み合わさることで、サステイナブル・モビリティと最大限の効率が実現されています。  

ブレーキ・エネルギー回生システム

ドライバーがブレーキをかけて減速する間に放出されていた運動エネルギーを、電力として回収。バッテリーが十分に充電されている場合には、加速時にオルタネーターの発電をカットして、バッテリーに蓄えた電力だけを使用することで、エンジンの負荷を低減。パワーを損なうことなく、燃料消費量を抑えます。  

ECO PROモード

ECO PRO モードはドライバーの走行スタイルに応じて、燃料消費量を最大20%* 低減できます。エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化に加え、オートマチック・エア・コンディショナーなどの作動も効率的に制御し、燃料消費量を抑制します。 (*:ヨーロッパ仕様車値(自社データ))  

電動パワー・ステアリング

電動パワー・ステアリングは速度にあわせてステアリングを最適化します。その結果、駐車の際でも、素早くしかも簡単に、正確な操作が行えます。ステアリング操作を行った時にのみエネルギーを消費します。これによって燃料消費量とCO2排出量の低減を実現しています。  

燃料消費量を低く、走る歓びを高めるインテリジェント・エネルギー・マネジメント・システム

シフト・インジケータやエンジン・オート・スタート/ストップ機能などのインテリジェント・エネルギー・マネジメント・システムは、BMW EfficientDynamics テクノロジーを採用し、1 滴の燃料からより多くのエネルギーを発揮。パフォーマンスや効率をいっそう高め、ドライビングの歓びを深めます。

  • シフト・インジケータ

    シフト・インジケータは最適なタイミングでのシフト・チェンジを促し、燃料消費量の低減に貢献します。電子制御システムは路面状態とエンジン回転数に基づいて、最も効率的なギヤを判別。ディスプレイに矢印が点灯し、より効率的なシフト・アップまたはシフト・ダウンのタイミングをアドバイスします。このシステムは現在クルマが素早く加速している最中と認識すると、エンジン回転数が元に戻るまでアドバイスを遅らせます。これにより、燃料消費量の低減をもたらすのです。

  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能

    信号待ちや渋滞時などでドライバーがブレーキをかけて完全に停止すると、エンジン・オート・スタート/ストップ機能がエンジンを自動的に停止させ、クルマが走行している時だけ燃料を消費するようにします。メーター・パネル内では、エンジン・オート・スタート/ストップ機能が作動していることを表示されます。そして、ブレーキ・ペダルから足を離すと、瞬時にエンジンが自ら再始動するため、遅れることなく運転を続けることができます。

  • 転がり抵抗を低減したタイヤ

    走行中、タイヤの形状は常に変化し続け、エネルギーや燃料を消費しています。転がり抵抗の少ないタイヤは、このエネルギー・ロスを軽減するために設計を改良し、トレッドやサイド・ウォールに特殊な素材を採用しました。走行中の変形を抑え、路面との摩擦抵抗を低減することで、燃費だけでなく耐摩耗性の向上にも貢献します。