より力強く、より軽く

BMW エフィシェント・ライトウェイト

より力強く、より軽く

BMW エフィシェント・ライトウェイト

BMW エフィシェント・ライトウェイトは、効率の追求が、さらなるドライビング・ダイナミクスをもたらすことの典型的な例といえます。カーボン・ファイバー強化樹脂やアルミニウム合金などの軽量素材を利用することで、燃料消費量の低減に貢献すると同時に、パフォーマンスの向上にもつながります。

より力強く、より軽くBMW エフィシェント・ライトウェイト

BMW エフィシェント・ライトウェイトは、効率の追求が、さらなるドライビング・ダイナミクスをもたらすことの典型的な例といえます。カーボン・ファイバー強化樹脂やアルミニウム合金などの軽量素材を利用することで、燃料消費量の低減に貢献すると同時に、パフォーマンスの向上にもつながります。

軽量から生まれる、優れた加速性能

軽量から生まれる、優れた加速性能

Mモデルにとって軽量構造は最優先事項です。なぜなら軽量化こそ、最高のドライビング・ダイナミクスと理想的な効率を生む基本になるからです。

BMWM4 クーペでは、マグネシウム、アルミニウム、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)などの超軽量素材が多くのコンポーネントで使用されています。これによって、より優れた俊敏性とダイナミクスが可能になり、加速性能とブレーキ性能を向上させます。

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)パッセンジャー・セル

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)パッセンジャー・セル

BMW i は初の量産仕様となるカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のパッセンジャー・セル、そしてBMW EfficientDynamics 軽量テクノロジーを採用した部品などで、自動車生産において革命を起こしています。BMW i3では、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のパッセンジャー・セルを採用。アルミニウムより約30%も軽量ながら高い強度を持ち、成形も容易なこの素材によって、車両の軽量化だけでなく、優れた安全性と広々とした室内スペースをも実現しました。カーボン・ファイバーは同時に、極めて高い剛性と強度を誇り、また個々の用途に合わせて柔軟に使用できる伸張性の高い素材なので、乗員の安全性も高められます。BMW i8では、バッテリーによる重量増を相殺するため、様々な場所に革新的な素材を採用。ネジやボルトに至るまでアルミニウム合金を用いています。キャビンを構成するカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)は、数多くの優れた特性を備えています。

スチールと比較して最大50%、アルミと比較しても約30% 軽量で、スチールと同等の高い強度と衝突安全性を備えています。 BMW i は、このハイテク素材を潤沢に用いた初めての量産車と言えます。