よくあるご質問

FR車にすべきか、AWD車にすべきか?そんな風に迷ってしまったら、いろいろなことが疑問に思えてくるかもしれません。そもそも、xDriveを選ぶ必要があるんだろうか?
メリットとデメリットは? ここではそんな疑問にお答えします。

  • xDriveは、2WD車より燃費が悪いんでしょうか?

    多少悪化しますが、その差はわずかです。

    xDriveに限らず、AWD車は2WD車に対してドライブシャフトなどの部品点数が増えるため、重くなります。さらに、多くの部品が作動することによって動力伝達経路の摩擦が増え、燃費は多少悪化する傾向があるのは事実です。どの程度の差があるかはAWDのシステムと車両によって異なりますが、BMW 3 シリーズではFR車とAWD車で約7%。これは、燃費でいえば年間1万km走る方の場合でも、月600円程度の差になります。ただし、実燃費では、例えば圧雪路などでは駆動力を逃がさないAWDの方が効率的な場合もあります。AWDのメリットがある方は、迷わずxDriveを選択することをお勧めします。

  • 雪道はほとんど走らないので、xDriveは必要ないですよね?

    季節や場所を問わず、カーライフを楽しめるメリットは大きいですよ。

    雪道に限らず、悪天候時の高速道路や山岳路では、xDriveがより安心感のあるドライビングをサポートしてくれます。通常の乾いた路面でも、コーナリングで積極的にアクセルを踏んでいける楽しさを感じることができるでしょう。レジャーを含め、クルマを積極的に使って季節を問わず様々な場所をドライブしたいアクティブなカーライフを送るような方は、xDriveを選ぶメリットは大きいはずです。

  • xDriveなら、雪道でスタッドレスタイヤを履かなくても大丈夫ですか?

    やはりスタッドレスタイヤは不可欠です。

    xDriveに限らず、AWDは駆動力を4つのタイヤでより安定して路面に伝える機能なので、タイヤの摩擦力を高めるものではありません。天候や交通情報に従って、必要な状況ではスタッドレスタイヤやその他の滑り止め装具を装着してください。

  • xDriveは、なぜ価格が高いんですか?

    AWDに必要な部品が追加で必要になるためです。

    AWD機能を実現するためには、動力を分配する装置やドライブシャフトおよびそれらの制御装置が追加で必要になります。つまり、それらの部品の追加代金が必要となるため、価格は2WDよりも高くなります。3シリーズでいうと、2WD車とAWD車では30万円ほどの価格差となっています。それでも、xDriveのメリットは多岐に渡りますので、想定されるドライブシーンと照らし合わせて選択してください。

  • xDriveはどの車種のものでも同じですか?

    各モデルに最適化されています。

    天候や路面状況によらず、常に安心・安全にBMWの「駆けぬける歓び」を感じられるxDriveのメリットは共通です。ただし、メカニズムや制御については、そのメリットを最大限に感じられるよう各モデルで専用に開発されています。

    その中でも大きく異なるのは、FF車をベースに持つBMW アクティブ ツアラー。状況に応じて副駆動輪(=後輪)に駆動力を分配するタイプのAWDで、常に前後輪に駆動力をかけているその他のモデルとは違うシステムです。