BMW 純正アクセサリーのエキスパートに訊く、M Performance Parts でBMW の世界に浸る歓びとは?

FEATURE STORY : BMW M PERFORMANCE PARTS.

BMW 純正アクセサリーのエキスパートに訊く、M Performance Parts でBMW の世界に浸る歓びとは?

FEATURE STORY : BMW M PERFORMANCE PARTS.

ここまでM Performance Partsについて、BMW AGの開発メンバーらを訪問し、その高い品質やパフォーマンス、アイテムのひとつひとつに込められた彼らの想いに触れてきたが、最後となる本項ではM Performance Partsの日本導入を担う、BMW Group Japanのおふたりに話を伺ってみよう。

 

 「これまではスポーツ志向のお客さまを中心にお求めいただきましたが、ここ最近では、ディーラーのセールスやわれわれが製作したリーフレットなどで興味を持たれて、ペダル・セットやセレクター・レバー・カバーといった比較的お気軽なアイテムから購入いただくケースも増えています」

 

 そう切り出したのは、BMW Group Japanのアフターセールス・ディビジョンで長年に渡り純正アクセサリーのエキスパートを務め、M Performance Partsの国内ローンチから携わってきた田野一男氏である。

 

 「こうした小さなアイテムからスタートした方たちにもM Performance Partsは気に入っていただけたようで、次のアイテムのご購入にリピートで来店されます。そしてひとつひとつ愛車をカスタマイズしていく歓びに目覚めていかれるようですね(笑)」


 “駆けぬける歓び”というフレーズからも、スポーティなイメージのBMWはカスタマイズとの親和性が高い。それは、数多くのサードパーティ製品が出まわるほどの人気ぶりが証明している。では何故、純正アクセサリーであるM Performance Partsが選ばれるのだろう。それについては、田野氏と同じセクションでBMW AGとの窓口となり、アクセサリー全般のプロモーションを幅広く手掛けるアクセサリー・スペシャリストの福田直樹氏が教えてくれた。

 

 「カーボンファイバー素材のトリムやミラー・カバー、キドニー・グリルなどはお求めやすいアイテムですが、そこにも確実にBMW車のポテンシャルを上げるクオリティと万全の信頼性が備わるからでしょう」

 

 確かにここまでのドイツ取材では、プレミアムカー・メーカーならではの真摯な開発姿勢や徹底した素材とパフォーマンスへのこだわりが明らかになった―――。

 

BMW 純正アクセサリーのエキスパートに訊く、M Performance Parts でBMW の世界に浸る歓びとは?FEATURE STORY : BMW M PERFORMANCE PARTS.

ここまでM Performance Partsについて、BMW AGの開発メンバーらを訪問し、その高い品質やパフォーマンス、アイテムのひとつひとつに込められた彼らの想いに触れてきたが、最後となる本項ではM Performance Partsの日本導入を担う、BMW Group Japanのおふたりに話を伺ってみよう。

 

 「これまではスポーツ志向のお客さまを中心にお求めいただきましたが、ここ最近では、ディーラーのセールスやわれわれが製作したリーフレットなどで興味を持たれて、ペダル・セットやセレクター・レバー・カバーといった比較的お気軽なアイテムから購入いただくケースも増えています」

 

 そう切り出したのは、BMW Group Japanのアフターセールス・ディビジョンで長年に渡り純正アクセサリーのエキスパートを務め、M Performance Partsの国内ローンチから携わってきた田野一男氏である。

 

 「こうした小さなアイテムからスタートした方たちにもM Performance Partsは気に入っていただけたようで、次のアイテムのご購入にリピートで来店されます。そしてひとつひとつ愛車をカスタマイズしていく歓びに目覚めていかれるようですね(笑)」


 “駆けぬける歓び”というフレーズからも、スポーティなイメージのBMWはカスタマイズとの親和性が高い。それは、数多くのサードパーティ製品が出まわるほどの人気ぶりが証明している。では何故、純正アクセサリーであるM Performance Partsが選ばれるのだろう。それについては、田野氏と同じセクションでBMW AGとの窓口となり、アクセサリー全般のプロモーションを幅広く手掛けるアクセサリー・スペシャリストの福田直樹氏が教えてくれた。

 

 「カーボンファイバー素材のトリムやミラー・カバー、キドニー・グリルなどはお求めやすいアイテムですが、そこにも確実にBMW車のポテンシャルを上げるクオリティと万全の信頼性が備わるからでしょう」

 

 確かにここまでのドイツ取材では、プレミアムカー・メーカーならではの真摯な開発姿勢や徹底した素材とパフォーマンスへのこだわりが明らかになった―――。

 

 

 

「かつては社外パーツがカッコイイという傾向がありましたが、それらを装着することで、ベース車両の性能自体を低下させてしまうケースは否めません。メーカーが自ら手掛けた純正アクセサリーである、このM PerformancePartsは、こうしたお客さまへのリスクを回避するため、われわれを含めた開発エンジニアはBMW Groupとしてのプライドをもとに、クオリティと性能を向上させる姿勢を貫いているのです」

 

 モータースポーツを開発の原点に置き、精緻なクルマづくりと同じBMWクオリティが貫かれたM Performance Partsは、ユーザーの理解を得て確実に日本のBMWカスタマイズ・シーンに浸透しつつある。しかし田野氏によれば、嬉しくも若干の懸念があるようだ……。

 

 「特にMモデル用のアイテムなのですが、人気が高まってきていて全世界的に品薄傾向にあります。これもカーボンファイバー素材などを職人がハンドメイドで仕上げていますので、生産がオーダーに追い着かないようです。ご迷惑をお掛けしていますが、お客さまには品質に関わる工程とご理解いただき、楽しみにお待ちいただいてます」

 

 なるほど、一世紀に渡るBMW Groupの歴史において“粗製濫造”はありえない。福田氏によれば、こうしたこだわりは日本国内でも徹底しているとのこと。

 「ドイツから新しいサンプルと製品仕様書が届きしだい、われわれは必ず日本国内で実車検証を行い、国内法規はもとよりBMW Groupの定める品質基準に合致しているかを再確認します。これは車両の生産地の違いや船舶輸送時に稀に発生する超微小な個体差においても、純正アクセサリーが問題なくフィッティングすることを確かめているのです」 BMWに関わるメンバーの品質に対する情熱とプライドは全世界共通なのだろう。さらに福田氏は続ける。

 

 「M Performance Partsは、BMWの車両が持っているポテンシャルを引き出しますが、それはトータルバランスを整えることで最大限に発揮できるのです。ですので、エアロダイナミック・パッケージなどを装着される際には、バランスを考慮して必ず前後セットでのチューニングを推奨します」

 

 そして最後を締めくくる田野氏のコメントも印象深いものだった。

 

 「M Performance Partsをきっかけにして、BMW純正アクセサリーならではの品質のよさ、性能のよさを存分に愉しんでください。そしてできるだけ長くBMWを愛して欲しいです。それこそが全世界に共通するBMWの世界観の原点だと考えます」

 

 これからも進化を続け、ニューアイテムの投入も予定されるM Performance Partsの詳しい情報は、BMW Groupの公式ウェブサイトや、BMW正規ディーラーに常駐する“BMWジーニアス”らを通じてキャッチアップできるとのことだ。

ショーケースに並べられたM Performance Partsのアイテムたち。カーボン・ファイバーやアルカンタラといった高品質な素材を使って丹念にハンドメイドされたことが納得できるビルドクオリティだ。 

2016年夏にグランドオープンを果たした国内最大規模の新拠点、「BMW GROUP Tokyo Bay」のショールームには、BMWモデルのフルラインアップをはじめM Performance Partsのデモカーやアクセサリー、最新のBMW Lifestyle Collecitonなどが展示されている。

M Performance Partsを始めとするBMW純正アクセサリーの詳細は、お近くのBMW正規ディーラーへ。