setouchi20190510-xxl

瀬戸内国際芸術祭 2019 協賛記念キャンペーン実施中。

電気自動車 BMW i3試乗とベネッセハウス パークの宿泊など、特別なプレゼントが当たります。

瀬戸内国際芸術祭 2019 協賛記念キャンペーン実施中。

電気自動車 BMW i3試乗とベネッセハウス パークの宿泊など、特別なプレゼントが当たります。

瀬戸内国際芸術祭 2019 協賛記念キャンペーン実施中。電気自動車 BMW i3試乗とベネッセハウス パークの宿泊など、特別なプレゼントが当たります。

豊かな自然、現代アート、そこに暮らす人々の英知を融合したかつてないプロジェクト、瀬戸内国際芸術祭。「瀬戸内の持つ美しい景観と自然の中で流れてきた時間、文化、歴史を活かす」というそのコンセプトが、BMW i のもつサステイナビリティ(持続可能性)の理念に通じることから、BMW i は「瀬戸内国際芸術祭2019」をサポートしています。

今なら、瀬戸内芸術祭の協賛を記念したキャンペーンも実施中。

この機会をどうぞお見逃しなく。

Read more

瀬戸内国際芸術祭2019 協賛を記念し、特別なプレゼントをあなたに。

7月20日(土)-7月21日(日) [1泊2日]  BMW i3試乗とベネッセハウスパークでの宿泊・ディナー、朝食。(1組2名様)

7月20日(土)-7月21日(日) [1泊2日] BMW i3試乗とベネッセハウス パークでの宿泊・ディナー、朝食。(1組2名様)

BMW i3で瀬戸内国際芸術祭を巡った後は、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトとしたホテル「ベネッセハウス パーク」で瀬戸内の豊かな自然とアート作品をご堪能ください。

(芸術祭の鑑賞パスポート付き)
 

応募期限:2019年5月30日(木)

※写真撮影者 左上 左下:Osamu Watanabe

Read more
瀬戸内芸術祭鑑賞パスポート及び公式ガイドブック(10名様)

瀬戸内国際芸術祭鑑賞パスポート及び公式ガイドブック(10名様)

芸術祭パスポートと作品情報を網羅し、芸術祭のみどころだけでなく、交通や食に関する情報が盛り込まれたガイドブックをプレゼント。

 

応募期限:2019年5月30日(木)

Read more
CHEMEX(ケメックス)社コーヒーメーカー 6カップ (20名様)

CHEMEX(ケメックス)社コーヒーメーカー 6カップ (20名様)

三角フラスコと漏斗を合体させたような特徴的なフォルムのコーヒーメーカー。

ガラスで一体成型された美しいボディに、温もりのある木を巻きつけた持ち手、人に見せたくなるデザイン性の高さが魅力です。

 

応募期限:2019年5月30日(木)

Read more

瀬戸内国際芸術祭とは。

瀬戸内国際芸術祭とは。

世界のグローバル化・効率化・均質化とともに、島の固有性が失われつつある中で、自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内に活力を取り戻し、地球上のすべての地域の『希望の海』となることを目指して生まれた「瀬戸内国際芸術祭」。2019年は12島と2港の会場で、自然、民族的資源、島の生活や歴史などを生かしたアート・プロジェクト、パフォーマンス、ワークショップなどを展開します。


※作品写真:大巻伸嗣「Liminal Air - core -」作品撮影:Yasushi Ichikawa

Read more

BMWの取り組み。

setouchi20190508-photo01-l

開催期間中は、高松港にてイタリアのアート作家、エステル・ストッカー氏デザインの特別なアートラッピングが施されたBMW i3をご覧いただけます。

また、オリジナル・ラッピング仕様のBMW i3が、オフィシャル・カーとしてイベントをサポートいたします。

進化したBMW i3が瀬戸内海の島々を、駆けぬける様子をぜひご覧ください。

Read more

setouchi20190508-photo02-l

BMW i3×JR宇野みなと線アートプロジェクト

不要なものを出来る限り排除し、3次元的に働きかけ、ありふれた光景を一変させる作品。
既存概念を捨て去り、ゼロから出発することが大事と考えるBMW i3。
無駄なものをそぎ落とした未来のモビリティBMW i3と本作品の絶妙な相性は、言うまでもありません。

Read more
setouchi20190508-photo03-l

BMW i3×直島パヴィリオン

蜃気楼で海面に浮かぶように見える「浮島現象」をイメージした、軽快で浮遊感のある形が特徴な作品。
制作者藤本壮介氏は自然と建築物が区分できない、建築物が自然に何気なく融合されているよう制作する作家です。その考え方は、自然からのエネルギーや材料で作られたBWM i3の哲学と繋がります。

Read more
setouchi20190508-photo04-l

BMW i3×宇野のチヌ/宇野コチヌ

瀬戸内の島々で採取したごみや家庭から出た不要品を使った淀川テクニックのカラフルな作品は、素材の95%がリサイクル可能なBMW i3に通じるものがあります。
未来のモビリティはリサイクルから、アップサイクルの時代へ。

Read more
setouchi20190508-photo05-l

BMW i3×Liminal Air –core

高松港に立つ柱の一部は鏡面となっていて、港や海、建物など周囲の光景を映し、見る位置や時間帯、状況に応じて多様な表情を見せる。つまり、ただ加速するだけではなく、ワンペダルフィーリング、そして走る時の静寂など様々な魅力を持っているBMW i3と通じています。

Read more

※実際の展示場所ではございません。

Read more
先進のエネルギーと、未来のドライブへ。

先進のエネルギーと、未来のドライブへ。

電気自動車 BMW i3 は、次世代モビリティに対する明快なビジョンを具現化したモデルです。開発、生産、リサイクルを含むあらゆるプロセスでサステイナビリティを追求。素材の多くに再生可能な資源が利用され、使用されたパーツの95%は再利用可能で、 サステイナビリティを追求しています。

クリーンなモビリティ。

クリーンなモビリティ

クリーンなモビリティ。

BMW i3をドライブすることは、サステイナビリティをあなたの生活の一部にすることに他なりません。ゼロ・エミッション走行は都市圏での大気汚染を減少に寄与します。

電気で走る歓びの、さらなる加速。

ワンペダルドライビング

進化した駆けぬける歓び、それがBMW i3のワンペダルドライビング。

BMW i3の日常の加減速は、モーターの回生充電を利用することワンペダルドライビングを実現しています。BMW eDriveテクノロジーの電気モーターならではの心から寛げるほぼ無音の走りと、驚くほど俊敏かつスムーズな走りに、ワンペダルドライビングが組み合わさる事で画期的なドライビング体験を実現しています。

Read more
最先端のバッテリーテクノロジー

最先端のバッテリーテクノロジー。

最先端のリチウムイオン・バッテリーテクノロジーを新しく採用した120Ahバッテリー(42.2kWh)は、

WLTC計測モードで466km*1の一充電航続距離を達成しています。(レンジ・エクステンダー装備車)

Read more
低重心設計

LifeDrive構造による低重心設計。

CFRP製ライフ・モジュールとアルミ製ドライブ・モジュールを組み合わせたLifeDrive構造を採用するBMW i3。床下に設置されたバッテリーにより低重心と、約50:50の前後重量配分を実現。あらゆるシーンにおいて高い俊敏性と優れた走行安定性を実現しています。

Read more
最大トルク250Nm

最大トルク250Nmのイノベーション。

0-100km/hをわずか7.3秒*2で加速するモーターは、

最大トルク250Nmを低回転から発揮し、

シングルスピードのドライブトレインを実現し、

途切れることのないスムースな走りを手に入れています。

Read more
初年度無料充電

ChargeNowなら公共充電料金 初年度0円。*3

BMW i3の新車に付帯する「ChargeNow」に登録すれば、提携ステーションでの充電が12ヶ月間「0円」で利用できます。 *3

Read more

BMW i 充電器及び充電基本工事費無料キャンペーン実施中。

BMW i 充電器及び充電基本工事費無料キャンペーン実施中。

いまならBMW i ウォールボックス・プラス及びBMW eインストレーションのサポートキャンペーンを実施中。

対象車種をご購入いただくと、今なら総額で322,920円(税込)をサポートいたします。

Read more
  • *1:レンジ・エクステンダー装備車。295km (EV走行換算距離) +19km/ ℓ (ハイブリッド燃料消費率/国土交通省審査値: WLTCモード) x9ℓ(タンク容塁)による試算。参考値であり、使用環境(気象、渋溝等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。
  • *2:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)。レンジ・エクステンダー搭載車は8.1秒。
  • *3:充電料金初年度0円はChargeNow提携充電ステーションを利用した場合に限ります。「ChargeNow」の詳細は、BMW正規ディーラーでご確認ください。
  • ※記載の内容は2019年4月12日現在のものです。
  • ※ホイール・アーチのブラックフェンダーカバー及び、ブラックのホイールは日本には導入がございません。
  • ※ 画像は一部日本仕様と異なり、また一部オプション装備を含みます。普通充電ポートの位置はフロント・バンパー中央部になります。画像は実際の色合いと異なる場合がございます。
  • ※以上の内容は、予告なく変更、終了する場合がございます。