BMW eモビリティ BMW 電気自動車

BMWの電気自動車。

BMWの電気自動車。

100%エレクトリック、 100%ドライビング・プレジャー、 100% BMW。

1972年にミュンヘンで開催された夏季オリンピック大会。耐久競技で選手たちの姿をフィルムに収め、必要に応じて給水を行うために、完全電気駆動のBMW 1602eが選手たちを先導したことをご存じでしょうか?排出ゼロで音が静かなBMW 1602eは当時この役割に理想的で、アスリートたちが最高のパフォーマンスを発揮する妨げにならなかったのです。それからおよそ50年後の現在、BMWはBMW eDriveテクノロジーとBMW iサブブランドのたえまない開発を通じて、こうした能力と電動自動車分野のノウハウを完成させました。BMWの完全電気式モデルBMW iX、BMW iX3、BMW i3、およびBMW i4をご利用いただけば、純然たる駆けぬける歓びという完全に新しいセンセーションをご体験いただけます。突き詰めていうなら、都会や田園地帯をほとんど音をたてず滑り抜ける感触や電気エンジンの瞬時レスポンス、そして停止状態からのユニークな加速と比べられるものはないのです。さらには、こうしたすべてが排気ガスと局地的排出量なしで実現されるのです。BMWの電気自動車の世界をご体験ください。

続きを読む
BMW eモビリティ テクノロジー 電気自動車 BMW eDrive 動画

中枢となるテクノロジー。

完全な電気駆動技術、BMW eDriveコンセプト。

Q&A: BMWの電気自動車に関する、よくある質問と回答。

  • 電気自動車とはどのようなものですか?
    BMW eモビリティ BMW 電気自動車 FAQ

    BEV(バッテリー電気自動車)としても知られる電気自動車は、完全に電気のみで駆動されます。 内燃エンジンを持たず、 バッテリーに蓄えられた電気のみで走行します。 航続可能距離すなわち一回のフル充電で走行できる距離は、このバッテリー容量によって決まります。
    航続可能距離は電気自動車においてドライバーが最も懸念する要素ですが、殆どの場合それは杞憂に終わります。 なぜなら、すでに多くの電気自動車が250kmを超える航続可能距離を実現しているからです。 ちなみにドイツでは、1日あたりの走行距離が100km未満というドライバーが90%を占めています。
    職場や自宅で充電が可能なユーザーにとって、電気自動車はこの上ない選択肢と言えるでしょう。 同時に、公共の充電インフラの拡大も急ピッチで進められており、 都市部や高速道路のサービス・エリアなどに新たなステーションが次々と設置されています。 その中にはハイパワーでより速やかに充電を行う、急速充電ステーションも含まれています。これによって、電気自動車での長距離移動は、今後ますます快適で便利なものとなっていくことでしょう。

  • 電気自動車にはどのようなメリットがありますか?
  • どのような要素が、電気自動車の高電圧バッテリーの性能に影響を与えますか?
  • ドライバーの運転スタイルは、電気自動車の航続可能距離にどのように影響しますか?
  • 電気自動車を長時間停車または駐車させておく際の注意点は?
BMW eモビリティ BMW Charging

BMWの充電

BMW eモビリティの税制優遇

電動のBMWがもたらすメリット。

BMW eモビリティ BMW 航続距離

航続可能距離

企業向けのBMW コーポレート・セールス・プログラムについて詳しく見る。

  • ※画像は一部日本仕様と異なり、また一部オプション装備を含みます。普通充電ポートの位置はフロント・バンパー中央部になります。画像は実際の色合いと異なる場合がございます。