知的でダイナミックな電気走行

BMW eDriveテクノロジー

知的でダイナミックな電気走行

BMW eDriveテクノロジー

BMW eDrive テクノロジーは、長年にわたってBMW EfficientDynamics を研究してきたBMW の大いなる成果に他なりません。電気モーター、高性能リチウムイオン・バッテリー、革新のエネルギー・マネジメントの3つが連携しあい、パワフルで効率に優れたプラグイン・ハイブリッド・システムを可能にしています。

知的でダイナミックな電気走行BMW eDriveテクノロジー

BMW eDrive テクノロジーは、長年にわたってBMW EfficientDynamics を研究してきたBMW の大いなる成果に他なりません。電気モーター、高性能リチウムイオン・バッテリー、革新のエネルギー・マネジメントの3つが連携しあい、パワフルで効率に優れたプラグイン・ハイブリッド・システムを可能にしています。

BMW eDriveテクノロジーとは。

長年にわたるBMWの研究成果が生んだ、革新のBMW eDriveテクノロジー。

燃料消費量と排出ガスを最小限に抑えながら、ダイナミクスと走る歓びを最大限に向上させようと、長きにわたって研究されてきた、BMWの成果“BMW EfficientDynamics”。
BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデル(PHEV)の省燃費でありつつもダイナミクスな走りは、そのBMW EfficientDynamicsの理念に基づいた革新的な電動パワートレイン技術“BMW eDriveテクノロジー”が搭載しているからこそ、実現しています。
 

BMW eDriveテクノロジーによる先進的なモビリティ

BMW eDriveシステム搭載のモデルは、電気モーター、高性能リチウムイオン・バッテリー、革新のエネルギー・マネジメントの3つが連携しあうことで、圧倒的なドライビング・ダイナミクスとともに電力だけで走るゼロ・エミッション走行を実現。最高の効率と高い環境性能を可能にします。

  • 電気モーター

    高出力のBMWツインパワー・ターボ・エンジンと、eDriveテクノロジーを採用した高効率の電気モーターとが協調して、低燃費だけでなく、あらゆる走りで最高のドライビング・ダイナミクスと走行安定性を実現。プラグイン・ハイブリッド・モデルのBMW 330eの場合、バッテリーが満充電の状態では、燃料を1滴も使わずに最大35km* のゼロ・エミッション走行が可能。電気モーターと内燃エンジンの最適な組み合わせによって、最高の効率で走ることができます。

    *:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)

  • 高性能リチウムイオン・バッテリー

    BMW eDriveテクノロジーを装備したモデルは、エネルギー供給を効率について新たな基準を打ち立てた高性能リチウムイオン・バッテリーが担っています。それは革新的な冷却システムにより最適な作動温度に維持されることで、高性能と優れた耐久性を実現させています。しかもバッテリーの充電は自宅でも外出時でも充電器で手軽に行えます。

  • インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システム

    毎日の通勤でも、週末の遠出でも、近距離なら電気モーターのみのゼロ・エミッション走行が可能です。長距離や条件の厳しいルートの場合は、インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システムが、電気モーターと内燃エンジンをはじめとする駆動コンポーネントを相互に制御し、極めて効率的に作動させます。

    eDrive ボタンの操作で、電気モーターの駆動方法を、標準のAUTO eDrive モード、電気のみで走ることのできるMAX eDrive モード、そしてSAVE BATTERY モードの、3 つの走行モードから選択できます。

eDriveテクノロジーを搭載した BMW X5 xDrive40e

eDriveテクノロジーを搭載した BMW X5 xDrive40e

モデル

X5 xDrive40e

車両本体価格(※税込)

9,490,000円

ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値)

13.8 km/ℓ

充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ、国土交通省審査値)

30.8 km

EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)

30.8 km

電力量消費率(国土交通省審査値)

3.93 km/kWh

BMW X5 xDrive40e は、インテリジェントなフルタイム4 輪駆動システムBMW xDrive と革新的なeDriveテクノロジーを搭載した、BMW初のスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)です。胸躍るパフォーマンスと革新の環境性能を備えた、まさに他を寄せつけない革新的なコンセプトを持つ存在です。 

BMW i − アーバン・モビリティ・コンセプト

BMW i8 進化の結晶

BMW i8 はスポーツカーというセグメントに革命をもたらします。コンパクト・クラス並みの燃費性能と低排出ガスを実現したスポーツカーがここに誕生しました。  

BMW i3 自動車に革命を。

アーバン・モビリティを新たに発明することは、環境性やドライビングの未来について考えることに他なりません。BMWがたどり着いた結論。それは未来のクルマを定義する使命を持つ BMW i3です。  

eDrive ボタン

eDrive ボタン

BMW PHEVにはドライビング・パフォーマンス・コントロール・ボタンに加え、eDriveボタンが装備され、ドライバーは電気モーターとガソリン・エンジンのオペレーション・モードを変更できます。
 

  • AUTO eDRIVE

    常にデフォルトであるこのモードは、ドライバーの運転ニーズに合わせ、電気モーターとガソリン・エンジンを最適なバランスで利用して走行するモードです。約70km/hまでの走行時はeDriveによるゼロ・エミッション走行となります。そして、70km/h以上の速度、または最大トルク250Nm以上の出力が必要となると、自動的にガソリン・エンジンが始動します。
     

  • MAX eDRIVE

    電気だけのドライビングを存分に愉しむMAX eDriveモードを選択すると、最高120km/hの速度まで、完全ならゼロ・エミッション走行を愉しむことができます。より速い速度での走行時、またはフル加速時には、自動的に内燃エンジンが始動します。  

  • SAVE BATTERY

    バッテリーの充電が低下した場合は、SAVE BATTERYモードに切り替えることで、現状のバッテリー残量の低減を抑えるとともに、エンジン・ブレーキ回生システムが運動エネルギーを電力に変換し、バッテリーをチャージします。これによりバッテリーの充電量を維持しつつ、その後も安心してドライビングを愉しむことができます。  

充電

自宅でも外出時でも充電器で手軽にバッテリーを充電できます。自宅では電気自動車充電用コンセントやBMW i ウォールボックス・ピュア* を使って、驚くほど簡単に充電を行うことができます。外出先では、車載の充電ケーブルを使って、公共の充電ステーションにおいて、充電することができます。

*:詳細につきましてはBMW 正規ディーラーにお問い合わせください。
※掲載した画像は一部日本仕様と異なります。

  • 自宅で充電
    自宅で充電

    自宅でのプラグインハイブリッド用充電設備としては、普通充電用の200Vコンセント、あるいは充電ボックス(200V)が必要です。またEV専用充電コンセント(もしくはBMW i ウォールボックス・ピュア)の設置工事が必要となります。
    すでにEV専用充電コンセント(もしくはBMW i ウォールボックス・ピュア)がある場合は、BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルは、車両に付属の普通充電ケーブルを利用して、簡単に充電することができます。
    満充電までの所要時間は2.5~3時間ほどですので、日中のちょっとした合間に充電することが可能です。近くの買い物へのご利用の場合などなら、2~3日に1回の充電でも、十分です。

  • 外出先で充電
    外出先で充電

    充電ステーションはどんどん増えています。
    コインパーキングやショッピングモールの駐車場など、電気自動車用の充電スペースを設けるところも増えています。こういった場所では、買い物などを済ませている間に充電ができるというメリットがあります。充電料金もショッピングモールなどの駐車場であれば無料の施設も多く、コインパーキングの場合でも、駐車料金に含まれるケースがほとんどです。「給油が目的で給油所にいく」ことが多かったガソリンエンジンモデルに対し、プラグイン・ハイブリッド・モデルでは「何かのついでに充電」できることも大きなメリットです。

    HDDナビゲーション・システムとプラグイン・ハイブリッド専用スマートフォン専用アプリを利用すれば、ドライバーは最寄りの充電ステーションの場所を知ることができます。

BMW i eインストレーション

BMW i eインストレーションは、家庭用充電設備のBMW i ウォール・ボックス・ピュアまたはEV専用コンセントを設置する為の、調査から工事までの一貫したサービスです。

詳細については、BMW i 販売店にお問い合わせください。  

コネクティビティ

いつでも自分のBMWとつながっている歓びがあります。スマートフォン(iOS または Android)* から、BMWを遠隔操作できるBMWリモート・サービスはもちろん、ハイブリッド専用の機能も利用可能です。それによってドライバーは自分のBMW 225xe アクティブ ツアラーの消費量や効率性をいつでも確認できます。車内からも、車外からも、あらゆる状況で、サービスをご利用いただけます。

*:一部機種によってご利用いただけない場合があります。

  • プラグイン・ハイブリッド専用スマートフォン用アプリ“BMW リモートApp”

    インテリジェントなプラグイン・ハイブリッド専用スマートフォン用のアプリ、BMW リモートAppを利用して、最寄りの充電ステーションを検索したり、スマートフォンで検索した充電ステーション等の情報をBMW 225xe アクティブ ツアラーのナビゲーション・システムに送信することが可能です。さらに電気走行による航続可能距離の確認や、バッテリーの充電状況や各種点検の実施時期、車両位置などの車両情報にアクセスすることができます。

    *:一部スマートフォンによっては、ご利用いただけない場合があります。

  • パーク・エア・コンディショナー

    ニューBMW 225xe アクティブ ツアラーなら、クルマに乗り込む前に、夏は快適で涼しく、冬はウインドーに曇りがなく暖かい状態にと、最高のコンディションを準備することができます。エンジン停止中でも、電気式の冷媒コンプレッサーとタンクレス電動ヒーターにより、エア・コンディショナー機能は静かに作動します。さらに出発時間は2つまで登録することができます。

    iDriveコントローラーでの操作はもちろん、インテリジェントなプラグイン・ハイブリッド専用スマートフォン用のアプリ、BMW リモートAppを利用して、エア・コンディショナー・システムを起動させ、室内を快適な温度に保つことができます。

    リチウムイオン・バッテリーの充電量が十分な場合は、車両を充電中かどうかに関わらず、エア・コンディショナーが作動します。

PHEVとクリーン・ディーゼル 比べてみました。

1975年の登場以来、世界のドライバーを虜にしてきたBMW 3 シリーズ。
ガソリン・エンジン、人気のクリーン・ディーゼルに加えて、話題のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)搭載モデルもラインアップ。
まだまだ知られていないPHEVの魅力を人気のクリーン・ディーゼルと比較してご案内いたします。
 

自宅に充電施設がなくても体感できるPHEVの真価。

従来までのハイブリッド車の魅力にプラスして、大容量のバッテリーでモーター走行を更に活用できるということで最近話題のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)。

自宅に充電施設がなければ、
その真価を体感できないのでは?
と考えられてはいませんか?

今回は、毎日の充電機会の有無にかかわらず体感できるPHEVならではの魅力をご紹介します。

よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ

BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルに関する、よくあるお問い合わせをご紹介。
BMW iPerformance モデル・ラインアップ

BMW iPerformance モデル・ラインアップ

燃料消費量を抑えるのはもちろん、あらゆる状況で心躍るドライビング・ダイナミクスと優れた走行安定性を実現するeDriveテクノロジー搭載モデル・ラインアップ。