エコカー減税

環境性能も、駆けぬける歓びのために。

環境性能も、駆けぬける歓びのために。

環境性能も、駆けぬける歓びのために。

今や自動車メーカーにとって最優先課題となっている、環境性能に優れたエコカーの技術開発。

BMWでは最新技術を投入したエコカーの開発・普及促進にいち早く取り組み、充実のラインアップを取り揃えています。

エコカー減税とは

エコカー減税は、排出ガスと燃費の基準値をクリアした環境性能にすぐれたクルマに対する優遇制度のことで、クリアした基準値に応じて「自動車所得税」と「自動車重量税」が減税または免除されます。自動車グリーン税制による減税が適用されるクルマには、さらに「自動車税」が減税となります。

 

適応期間

  • 自動車所得税:2018年3月31日まで
  • 自動車重量税:2018年4月30日まで
  • 自動車税:2018年3月31日まで*

*:自動車税は、登録翌年度1回分の適用になります。また一部改定前の税額のモデルがあります。

CEV補助金とは

クリーンエネルギーを使用したクルマの導入における優遇制度です。 CO2排出ゼロの電気自動車(EV)、電気自動車とハイブリッド・カーの長所をあわせ持ったプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)、CO2排出が少なく熱効率のよいクリーンディーゼル車などが対象になります。

 

適応基準

● 2017年5月1日(月)以降の初度登録車両

● 電気自動車の場合: 一充電走行距離(km) x 1,000 円 (補助金額上限 400,000 円)

● PHEV の場合: 一律200,000 円 (条件:EV 走行換算距離が30km 以上であること)

※:平成29年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の受給には対象車両を4年間保有する義務があります。また登録後1カ月以内(消印有効)に申請書を次世代自動車振興センターへ提出することが必要になります。審査後に承認されると、センターから補助金が交付されます。クレジット契約等の購入の場合は、代金の支払いを証明する信憑(領収書)の写しと、車両の使用者を証明する保管場所標章番号通知書(車庫証明書)、または任意自動車保険契約書が必要となります。平成29年度クリーンエネルギー補助金は、2017年5月以降に新規登録した車両が対象となります。補助金の予算超過によっては申請受理期間中であっても補助金額が変動する場合がございます。お住まいの地域によっては、当該補助金に加え、さらに地方自治体独自の補助金が対象となる場合がございます。法人名でご購入される場合、「クリーンエネルギー自動車補助金」を申請されるより「グリーン投資減税」を申請され法人税控除を受ける方がメリットが大きい場合がございます。なお、「クリーンエネルギー自動車補助金」と「グリーン投資減税」は同時に申請できませんのでご注意ください。詳細はBMW i 販売店にお問い合わせください。