“BMWのモデルには、ブランドが 持つ信念が現れていますね。”

case10 服部 浩一

“BMWのモデルには、ブランドが 持つ信念が現れていますね。”

BMW 330i M Sport(G20)/ミネラル・グレー


KOICHI HATTORI

服部 浩一

会社員

 

ロケーション:名港中央大橋周辺(愛知県)

撮影協力:名古屋港管理組合

服部さんが初めてBMWを手に入れたのは約15年前のこと、第4世代(E46)の318tiだった。それ以来4世代にわたって3シリーズを乗り継ぐ間に、バイクもBMW Motorradを購入。今ではすっかり「ふたつのBMW」のオーナーだ。

 

その魅力は「クルマはバイクのように走り、バイクはクルマのように走る」ことだという。それはつまり、直線などの高速域では安定性が高く、ワインディングでは回頭性に優れ、そしてしっかりと路面からのフィードバックがあるということ。「自分もエンジニアなのでわかるのですが、クルマとバイクにここまで共通のフィーリングを持たせるというのは並大抵のことではないと思います。これぞBMW、という信念を感じますね」。

 

そして、現在所有するBMW330i M Sportをドライブして、これこそ3シリーズの集大成だと感じたという。「エンジンは昔のストレート6と比べても十分以上の性能と吹け上がり。インテリアの仕上げやハイテク装備は先代(F30)と比べても明らかに進化していますね」とご満悦の様子。まだ2,000kmほどしか走っていないが、「冬になったらスノー・シューをトランクに入れ、南信州の雪山へ写真撮影に行くのが今から愉しみです。この330iなら、雪道でも安心してドライブできます」とのこと。エンジニアの感性と響き合う一台を駆ることに、愉しみが尽きないようだった。

Read more
BMW 330i M Sport
BMW 330i M Sport
BMW 330i M Sport
BMW 330i M Sport
BMW 330i M Sport

先代モデル(F30)と比べて、より精悍でモダンになったルックスも気に入っている。

PROFILE.

PROFILE.

PROFILE.


40歳を機に第4世代(E46)の318tiを購入。
以来、クルマもバイクもBMWな服部さんの本職は、航空機メーカーのエンジニア。

BMW 330i M Sport(G20)/ポルティマオ・ブルー

BMW 330i M Sport(G20)/ポルティマオ・ブルー

“混雑していても快適に、安心してドライブできます。”
BMW 330i M Sport(G20)/ブラック・サファイア

BMW 330i M Sport(G20)/ブラック・サファイア

“走りを重視する私には、BMWが一番合っています。”