安心のBMW360°SAFETY

安心のBMW360°SAFETY

安心のBMW360°SAFETY
運転の愉しさこそが、安心と安全をもたらす。安心のBMW360°SAFETY

BMWのセーフティは、あなたが主役。

100年以上にわたるドライバーオリエンテッドの設計哲学と、つねにリスクを先読みする最先端のテクノロジー。そのハイレベルな統合が、思い通りの運転を実現し、あなたと同乗者を360°の安心で包み込みます。

機能一覧

いかなる状況でも、安全に駆けぬける歓びを体感できる。

xDrive

4 輪駆動システムxDrive搭載のモデルは、常に車両の走行状況と路面状況を把握し、不安定な挙動を事前に防いでドライバーの意図する走りを実現するために、4輪のトラクションを常に最適に保つことで、あらゆるコンディションで安心安全に駆けぬける歓びを体感することができます。

 

※ラインアップにより異なります。

Read more
走りの基本性能を高め車両を意のままに操るために。

走りの基本性能を高め車両を意のままに操るために。

前後重量配分50:50

BMWのFR車において、卓越したパフォーマンスを意のままに、かつ安全に操る。その基盤となるのが、前後約50:50の理想的な重量配分。理想的なエンジニアリング・コンセプトと最新の軽量素材を効果的に採用したシャシーによってこれを実現し、より俊敏かつダイナミックな走行性能を発揮するとともに、フラットで快適な乗り心地を可能にします。

Read more
ペダル操作性を高め、操作ミスを軽減する。

ペダル操作性を高め、操作ミスを軽減する。

オルガンペダル式アクセルペダル

ペダルがフロアに取り付けられ、オルガンのように見える方式。ペダルの軌跡と、足裏の軌跡が同じになるため、支点がずれることなく操作することができ、微細なアクセルコントロールや一定速を維持する低燃費走行を行いやすく、疲れにくいです。

Read more
万が一のパンクの際にも、安全に停車をさせる。

万が一のパンクの際にも、安全に停車をさせる。

ランフラット・テクノロジー・タイヤ

通常のタイヤに比べ、側面部分が強化された構造により、万が一の空気漏れやパンクの際にも、走行不能に陥ることなく、安全な場所までの自力走行が可能。最高80km/h、距離にして最大80kmを、悪天候時や夜間でもタイヤ交換なしに走り続けることができます。

Read more

短・中・長距離のカメラで周辺危険予測を実現。

3眼カメラ+衝突回避・被害軽減ブレーキ

高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシストを実現させた、BMWの3眼カメラ。 車両周辺監視用、中距離検知用、長距離検知用の3機の単眼カメラを搭載し、検知された情報を毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ「EyeQ4」で処理することによって、より正確なレーン・キーピング、より長距離の危険予測、より高角度視野での周辺危険予測を実現します。 また、広視野角もサポートする単眼カメラは、進行方向だけではなく横の死角からの歩行者飛び出しを検知するため、ドライバーと歩行者への安全をより高めています。

Read more

後退時のステアリング操作をサポートする。

リバース・アシスト

リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能は、35Km/h以下の走行時に、直近50mのドライビング・ルートを自動的に記録し、必要なときにはこれまでドライブしてきたルートに沿って自動でステアリングを操作しながら後退できるようにします。

ドライバーはステアリング操作を気にする必要がなく、車両の周囲の状況に注意できます。

Read more
危機回避時、ステアリングの操作をサポート。

危機回避時、ステアリングの操作をサポート。

衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避アシスト付)

ブレーキによって衝突が回避できないとドライバーが判断し、ステアリングでの回避動作に入った場合は、システムが周囲の状況を判断し、ステアリングの操作力にも介入します。

Read more

車線内走行維持をサポートする。

レーン・ディパーチャー・ウォーニング

レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)は、フロント・ウインドーのカメラで車線表示を検知し、70 km/h 以上での走行時に車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを軽く振動させてドライバーに警告します。ターン・インジケータの操作された意図的な車線変更の場合には警告は行われません。 最高の駆けぬける歓びを安心に守られて謳歌してください。

Read more

車線変更時の危険を軽減する。

レーン・チェンジ・ウォーニング

リヤ・バンパーに組み込まれたセンサーが、ドライバーから死角になる左右後方の車両や、追い越し車線上を急接近してくる車両を認識してドア・ミラー内側に組み込まれたインジケータを点滅させ、ドライバーに警告します。注意喚起に気づかず、ドライバーがそのまま車線を越えた場合には、ステアリング操作に介入し、車線維持をサポートします。歓びに満ちたドライビングを安心して愉しんでいただくための先進装備です。

Read more
予期せぬ歩行者や視界不良をサポートする。

予期せぬ歩行者や視界不良をサポートする。

クロス・トラフィック・ウォーニング

駐車スペースからクルマを動かす場合や、視界の悪い T 字道路を進む場合など、横切る車両や歩行者を、バンパーに内蔵されたセンサーにより認識。接近を検知した場合はコントロール・ディスプレイに警告表示を行い、ドライバーに注意を促します。走行中の予期せぬ危険や見え難い不安に対しドライバーをサポートする予防安全技術です。

 

※ラインアップにより設定箇所が異なります。(1シリーズ、2シリーズ グラン クーペ、Z4はリアのみの設定です。)

Read more
車両のメインテナンス情報や走行状況を自動で連携する。

車両のメインテナンス情報や走行状況を自動で連携する。

BMW テレサービス

車両からメインテナンス情報(エンジン・オイル、ブレーキ・パッド等)を自動的に正規ディーラーへ送信、それを受けたサービス担当者がお客様へご連絡し、メインテナンスが円滑に進むように手配します。また、路上で故障などのトラブルが発生した場合は、テレサービスコールで、BMWエマージェンシー・サービスに連絡することができます。この際車両の位置情報や走行状況などのデータも通信モジュールで送信されるため、迅速な対応が可能となります。

Read more
事故の緊急時には、自動でSOSを発信する。

事故の緊急時には、自動でSOSを発信する。

BMW SOSコール

BMW SOS コールは車両の衝突や横転を検知した際やエアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際に、車両標準装備の専用通信機器から自動的にSOS コールを発信するシステムです。24 時間体制のコールセンター専門スタッフが応答し、必要に応じて救急や消防などの機関に通報を行います。事故以外の緊急事態にも、手動で車内の SOS ボタンを押し、BMW SOS コールを作動させることも可能です。

Read more
運転中のドライバーに代わって、さまざまな情報を調べる。

運転中のドライバーに代わって、さまざまな情報を調べる。

BMW ドライバー・サポート・デスク

BMW ドライバー・サポート・デスクは、コールセンターのオペレーターが 24 時間 365 日、運転中のドライバーに代わってさまざまな情報をお調べします。車両とコールセンターはiDriveコントローラーの操作で簡単につながり、ハンズフリー・テレフォン・システムを介して運転しながらオペレーターと通話できます。 目的地へのルートや飲食店情報などオペレーターが調べた情報は車両に送信され、ナビゲーション画面に反映されます。停車する必要がないので、BMWの駆けぬける歓びも途切れることがありません。

Read more
安心のBMW360°SAFETY。

安心のBMW360°SAFETY。

BMWの安全性能評価について

BMWの安全性能評価について