BMW 電気自動車 / プラグイン・ハイブリッド Q&A

BMW 電気自動車 / プラグイン・ハイブリッド Q&A

BMW 電気自動車 / プラグイン・ハイブリッド Q&A

 

eモビリティの改革を導くコンセプトで、明確なヴィジョンを持つ電気自動車 BMW i。

そんなBMW 電気自動車とBMW プラグイン・ハイブリッド理解を深めていただくための

よくあるご質問と回答をまとめています。

Read more

BMW 電気自動車

充電・距離

  • 充電するタイミングと頻度は?

    120Ahバッテリー搭載車のWLTCモード(国土交通省検査値)での一充電走行距離は360kmとなります。走行状態により電費は大きく異なりますが、実走行距離は約270kmが目安となります。レンジエクステンダー搭載車のWLTCモード(国土交通省検査値)の走行距離は466km*となります。
    例えば航続距離が466kmの場合、東京から京都まで走行可能です。
     

    >詳細はこちら
     

    *:295km (EV走行換算距離) +19km/ℓ(ハイブリッド燃料消費率/国土交通省審査値:WLTCモード)x9ℓ(タンク容塁)による試算。参考値であり、使用環境(気象、渋溝等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。

  • バッテリーの寿命はどのくらいですか?

    高電圧駆動用リチウムイオンバッテリーの寿命は使用状況により大きく異なりますが、BMW i3の駆動用バッテリーには新車登録から 8 年/走行距離 100,000km以内のバッテリー保証が付帯しています。

  • 200Vコネクタに100Vで充電する事は可能ですか?

    BMW JAPANとして作動を保障するのは200Vコネクタによる充電ですが、公共の100V充電器でも充電出来るという報告は上がっています。ただし、その作動を保証するものではありません。

  • 200Vコネクタで充電する際に気を使うことはありますか?

    フロントトランク内に装備された充電ポート用のフラップを閉じ忘れてボンネットを閉めると破損する恐れがありますので十分にご注意ください。また、200V充電ポートの防水カバーは充電後、必ず装着してください。

  • 航続距離を伸ばすための走りのコツはありますか?

    連続した高速走行や、急な加速を繰り返すではバッテリーの消費量は大きくなります。スピードは控えめで一般道、高速道路共に法定速度で走行すると、比較的に航続距離を伸ばすことが出来ます。
    また、冬季は出発前に室内の事前温度調整やシートヒーターなどを使用して暖房での電力消費を抑える事で航続距離を伸ばすことが出来ます。ワンペダルドライビングによる回生ブレーキの活用も効果的です。

  • CHAdeMO急速充電器を使用した時の充電スピードはどのくらいですか?

    120Ahバッテリーの場合、50kW充電器を使用した場合0-80%で42分となります。充電器の仕様や、気温、バッテリーの状況により充電時間は異なります。リチウムイオンバッテリーの特性上80%以上の充電を行う際は充電スピードが低下します。

  • CHAdeMO急速充電器を使用したときの最高充電電力はいくつですか?

    BMW i3は50kW出力のCHAdeMO急速充電器に対応しています。

  • 東京を出発して1充電でおよそどのくらいの所まで走ることが出来ますか?

    一充電走行距離は、急発進やエアコン使用の有無に応じて数値は大きく異なります。120Ahバッテリー搭載車のWLTCモード(国土交通省検査値)での一充電走行距離は360km、レンジエクステンダー搭載車で466km*となります。
    例えば航続距離が466kmの場合、東京から京都まで走行可能です。


    >詳細はこちら


    *:295km (EV走行換算距離) +19km/ℓ(ハイブリッド燃料消費率/国土交通省審査値:WLTCモード)x9ℓ(タンク容塁)による試算。参考値であり、使用環境(気象、渋溝等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。

  • 回生ブレーキによってどのくらい航続距離は伸びますか?

    走行状態により大きく異なります。

  • バッテリーはどのような条件の時に消耗が激しくなりますか?

    連続した高負荷(超高速走行や登坂)の条件では、バッテリーの使用可能電力量が早く減少します。また、低温状態、極端な高温状態でもバッテリーの使用可能電力量は低減します。

  • 電欠しますか?電欠したときはどうすれば良いですか?

    レンジエクステンダー搭載車両であればバッテリー残量が6%でレンジエクステンダーが起動し電欠での車両停止を防ぎます。
    ただし、バッテリー残量は回復しないため、できるだけ早く充電をしてください。なお、ガソリン残量なくバッテリー残量が0%になると、車両は直ちに停止します。バッテリー容量に余裕をもって走行してください。また、バッテリーの破損を防ぐために残量が極端に少なくなった状態で車両を放置しないでください。

運動性能

  • タイヤが細くて走りが心配です。BMWらしい走りはi3にありますか?

    ブリヂストン Ologicはタイヤの幅を細くして、空気抵抗や走行ノイズを減らすだけでなく、タイヤ外径を大きくしてタイヤ接地面積を確保しています。リアモーター・リア駆動による駆動方式と、CFRPパッセンジャーセルによる軽量高剛性化、そして低重心なリチウムイオンバッテリーによりBMWらしい駆けぬける歓びを実現しています。

  • 電気自動車(モーター)とエンジンで走りの特徴に違いはありますか?

    発進直後から最大トルクを発生する電気駆動のBMW eDriveにより、従来の内燃機関とはまったく異なるドライバビリティを実現しています。変速機を搭載しないため低速から高速まで加速が途切れることなく続く気持ちの良い加速性能を実現しています。

  • なぜ変速機が付いていないのですか?

    低速から最大トルクを発生する電気駆動のBMW eDriveでは、低速から高速までを1つのギアで走行することが出来るため変速機は不要となりました。ただし、モーターの回転数を変換して車軸に伝えるギアボックスは装備されています。

  • ワンペダルドライビングとは何ですか?

    モーターの回生充電を利用して、アクセルを離した時に減速を行うことで、踏めば加速、離せば減速というシンプルな動作を実現したものです。緊急時や大きな制動力を必要とする際は油圧ブレーキをご使用ください。

  • 最高速度は何キロですか?

    最高速度は150km/hです。

  • 雪上走行は可能ですか?チェーンやスタッドレスタイヤは用意されていますか?

    155/70R19タイヤサイズ用に、BMW コンフォート・スノー・チェーンをご用意しております。また、ブリヂストン社製ologicスタッドレスタイヤをご用意しております。

コスト

  • CEV補助金の適用を受けて購入した場合は売却時に補助金を返金しないといけませんか?

    登録から4年以内に車両を売却する場合は、事前に財産処分申請を行い、残存年数に応じた補助金の返金が必要となります。
    詳しくは一般社団法人 次世代自動車振興センターホームページをご覧ください。


    >一般社団法人 次世代自動車振興センター

  • CEV補助金や自動車諸税の減免はありますか?

    一般社団法人 次世代自動車振興センターによるCEV補助金の他に、エコカー減税・グリーン化特例による自動車税・自動車取得税・自動車重量税の免税があります。
    また、自治体などの補助金や追加の自動車税の減免制度などがあります。詳しくは国土交通省ホームページなどをご覧ください。


    >一般社団法人 次世代自動車振興センター

    >国土交通省

  • 一ヶ月の電気代はどのくらいですか?

    走行時の電費を0.145kwh/km、1kWh辺りの電気料金を12円16銭として充電時の効率を考慮しない場合、月1000kmを走行した場合の電気料金は約1768円となります。割安な電気料金や公共の無料充電器を使用した場合の充電に掛かる費用は更に安くなります。

    *:東京電力エナジーパートナー、"おとくなナイト8プラン"夜間23:00〜07:00の料金1kWhあたり12円16銭

メインテナンス

  • CFRPカーボンシェルは使用にあたって何か特別なケアは必要ですか?

    特にありません。

  • CFRPカーボンシェルは修理可能ですか?

    多くの場合修理可能ですが、鋼鉄製シャシーと同様に修理不可能な場合もあります。また、一般的に修理費用は鋼鉄製シャシーと比較して高額になりがちなため、車両保険への加入をお勧めいたします。

  • エンジンやトランスミッションがないということは定期的なメインテナンスもしなくても大丈夫ですか?

    モーター、サスペンション、冷却装置など定期的なメンテナンスやインスペクションが必要です。また法定点検サイクルや、BMWの定めたメンテナンスサイクルに従ってメンテナンスを受けてください。

  • リサイクル素材を使用した内装材には特別なケアは必要ですか?

    リサイクル素材であることを理由とした特別なケアは必要ありませんが、レザーやウッド素材を使用した部分に関しては一般的なケアが必要となります。

  • モーターは使用にあたって特別なメインテナンスは必要になりますか?

    BMW指定のメインテナンスサイクルでメインテナンスを行ってください。

  • 長期間車両を使用しないときはどうすればよいですか?

    取り扱い説明書の指示に従って保管してください。

仕様

  • CFRPカーボンシェルのメリットは何ですか?

    パッセンジャーセルに採用される炭素繊維強化プラスチック (CFRP)、一般的に「カーボン」と呼ばれるこの素材は、非常に軽いだけでなく、鋼鉄以上の強度と弾性を発揮。車両の大幅な軽量化と低重心化を実現し、俊敏性の向上と航続可能距離の延長に貢献しています。また、鋼鉄ボディと比べた際に車内の断熱性にも影響しています。

  • 観音開きのドアを使用するときに注意することはありますか?

    ドアを閉める際に、後席のドアを先に閉める必要があります。また、後席ドアを開ける際には全席のシートベルトを外している必要があります。一般的なドアよりも開口部が広いため乗り降りがしやすい特徴があります。

  • トランクにはどんな荷物を積むことが出来ますか?

    CFRPパッセンジャーセルを採用したBMW i3は車体サイズと比較して広いトランクルームを持っています。後席シートを畳んだ場合、一般的な55V型のテレビや、前輪を外さない状態の一般的なサイズのロードバイクの収納が可能となっています。また、ボンネットフード下にも収納スペースが用意されています。

  • Ologicタイヤの特徴は何ですか?

    ブリヂストン Ologicは狭幅化+大径・高内圧化で空気抵抗やタイヤの転がり抵抗など車の走行を妨げる様々な抵抗力を小さくすることで車はより少ないエネルギーで走行できるようになり、燃費性能の向上に繋がります。従来の一般的なタイヤ対比で転がり抵抗係数を約30%低減。同時に安全性能である濡れた路面での制動性能も約10%向上しました。*

    *:ologic技術を搭載したタイヤ(サイズ:155/70R19、充填空気圧:320kPa)と同等の負荷能力を有する従来のタイヤ(サイズ:175/65R15、充填空気圧: 210kPa)を比較したものです。ブリヂストン調べ

  • ACC(アダプティブクルーズコントロール)はどういった仕様のものが装着されていますか?

    停止、再発進までを行う全車速型アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)が装備されています。

  • ルーフキャリアは装着することは出来ますか?

    CFRP製パッセンジャーセルはルーフキャリアの装着に対応していません。

その他

  • ファームウェアのアップデートはオンラインで出来ますか?

    ファームウェアのアップデートはオンラインでは行えません。ディーラーに入庫時に必要な場合にアップデートが行われます。ナビゲーションシステムのアップデートなどはBMW Connected Driveストアなどを通じて行うことが可能です。

BMW プラグイン・ハイブリッド

基礎知識

  • ハイブリッド (HV) /電気自動車(EV)との違いは?

    プラグイン・ハイブリッド(PHEV)
    ハイブリッド(HV)と電気自動車(EV)の長所を併せ持つハイブリッドの高性能進化版といえるモデル。外部電源から高容量リチウムイオンバッテリーへ充電ができること、そして高性能なモーターが搭載されていることが特長です。
    通常のハイブリット車よりも大容量バッテリーを搭載しているため、ガソリンを一切使わないゼロ・エミッション走行では航続距離がより長く、効率的な走行が可能となります。またモーター走行時の静粛性も併せ持ちます。


    ハイブリッド(HV)
    エンジンとモーターを効率的に使い分けながら走行するモデル。ハイブリッド車は外部から直接電気の供給を受けずにガソリンの供給のみで走行します。モーターを動かすための発電にはエンジンとブレーキ時の発電(回生ブレーキ) を使用しバッテリーに蓄えます。その電気でモーターを動かし、エンジンをアシストします。 ガソリン車よりも圧倒的に燃費が良く、モーター走行時は静粛性があり快適であることが特長です。


    電気自動車(EV)
    電気をエネルギー源として電気モーターのみで走行するモデル。電気の充電は通常充電と急速充電の2種類が一般的です。バッテリーの充電状態を維持するための発電用エンジンを搭載したレンジ・エクステンダー搭載のEVもあります。ガソリンを使わないため、二酸化炭素の排出は一切ありません。排ガスゼロで環境に良く、モーターで走行するため静粛性があり快適です。また、車両に蓄えられた電力を非常用電源のように活用できるモデルもあります。

  • 重い大容量バッテリーを搭載するメリットは?

    車両は重くなりますが、BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルの場合は、それ以上のメリットがたくさんあります。まずは大きなバッテリーを搭載することによって、電気走行の距離が伸び、燃費性能が大幅に向上します。

    ドライバビリティに関しても、重量物を低く、かつ中央部分に配置することにより、重厚な乗り心地、安定感のある走りを実現しました。高電圧バッテリーを守るための堅牢なケースを、ボディに強靭な結合をして搭載するため部分剛性も上がり、結果、リヤ・タイヤのグリップ感の向上にも寄与しています。

充電

  • プラグイン・ハイブリッド車の充電方法は?

    充電ケーブルを挿すだけと非常にシンプルです。ガソリンを入れるより手間がかかりません。もちろん、BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルは走行中にも搭載エンジンとブレーキ時の発電(回生システム)によって充電できるので、外部充電は必須ではありません。また、公共充電ステーションのネットワークが充実していますので、ショッピングの合間など、外出先で手軽に充電することも可能です。

  • 自宅に充電設備がなくても、大丈夫ですか?

    もちろんです。BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルは走行中にも充電ができるので、外部充電は必須ではありません。プラグイン・ハイブリッドという意味をプラグから充電しなければ走行出来ない、という意味ではなくプラグから充電もできるというように捉えていただくと良いかもしれません。自宅用の充電設備があるのがベストですが、公共の充電設備でも充電は可能です。現在はショッピング・モールなど様々な所に充電ステーションが急速に増えていますので、買い物やお食事の合間に充電するだけでもプラグイン・ハイブリッド車の利便性を実感することができます。

  • 充電にはどれくらいの時間がかかりますか?

    バッテリーが完全に放電されている場合、BMW 330eの場合は約6時間、X5 xDrive45eでは、約7時間ほどで満充電できます。夜のおやすみの間に、スムーズに満充電していただけます。なおBMWプラグイン・ハイブリッド・モデルは急速充電には対応していません。


    ※使用する充電器により所要時間は異なります。

  • 急速充電は必要ですか?

    BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルに急速充電は必要ではありません。走行しながらでも搭載エンジンとブレーキ時の発電(回生システム)によって充電できるからです。


    バッテリーが完全に放電されている場合でも、BMW 330eの場合は約6時間、X5 xDrive45eなどでは、約7時間ほどで満充電できます。

  • 継ぎ足し充電をしても、大丈夫ですか?

    問題ありません。BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルに使用されているリチウムイオン・バッテリーは従来のニッケルや鉛、カドミウムといったバッテリーと違い、自動車用に最適化された高性能のバッテリーであるためです。BMWバッテリー証明書の範囲内であれば、BMWの新車登録日から6年、もしくは、走行距離100,000km以内で、万が一バッテリーの修理・交換の必要が生じた場合、保証いたします。詳しいサービスや保証内容についての詳細は、BMW 正規ディーラーにお問い合わせください。

  • 充電ソケットは、他のブランドと同じですか?

    BMWは日本仕様のソケットに合わせてモデル導入しているため日本の一般的な規格に準拠しています。


    ※テスラの充電ステーション、テスラ スーパーチャージャーはご利用できません。

走行

  • プラグイン・ハイブリッド車の燃費はどれくらいですか?

    BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルの場合、
    外部充電で満充電していれば、最大約50キロ(実走行30キロ程度)は電気のみで、ガソリンを1滴も使わず走行することができます。
    買い物や通勤といった近距離の日常使用は、ほぼ電気でまかなうことが可能です。
    外部充電を利用しない場合は、通常のハイブリッド車として、通常のガソリン・モデルを上回る省燃費です。長距離の移動が中心の場合はディーゼル・モデルが省燃費を上回ることもあります。

    BMW X5 xDrive45e
    ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値):12.0km/ℓ※1
    EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値):88.6km※1※2

    BMW 330e
    ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値):15.4km/ℓ※1
    EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値):57.2km※1※2

    BMW 530e
    ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値):17.4km/ℓ※1
    EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値):52.5km※1※2

    ※1:ハイブリッド燃料消費率、充電電力使用時走行距離、電力量消費率は定められた試験条件での値です。
    使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。
    本諸元のモード走行における表示は、「JC08モード」です。
    ※2:EV走行換算距離(等価EVレンジ)とは、外部充電による電力のみを使用した走行に相当する距離です。

  • 電気モーターのみでどれくらい走行できますか?

    BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルごとに定められています。

     

    BMW X5 xDrive45e:88.6km EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)※1※2

    BMW 330e:57.2km EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)※1※2

    BMW 530e:52.5km EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)※1※2

     

     

    ※1:ハイブリッド燃料消費率、充電電力使用時走行距離、電力量消費率は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。本諸元のモード走行における表示は、「JC08モード」です。
    ※2:EV走行換算距離(等価EVレンジ)とは、外部充電による電力のみを使用した走行に相当する距離です。
    日本市場では約70%の方が一度の走行距離が25キロ程度というデータがあり、各モデルともこれを満たしていますので、普段使いには十分な距離といえます。これ以上の航続距離を求めてバッテリーを大きくしてしまうと、車内を相応に圧迫しますし重量も増えるので、現段階ではベストバランスと考えています。もちろん一日の走行距離が長い方はバッテリーがなくなったら、ハイブリッド車として使用できます。

  • バッテリーが空になっても走行できますか?

    もちろん大丈夫です。エンジンのみでの走行も可能なため支障はありません。エンジン走行しながらでも搭載エンジンやブレーキ時の発電(回生システム)によって最大100%まで自動的に充電されます。(モデルにより異なります)

BMW 電気自動車

BMW 電気自動車

プラグイン・ハイブリッド

プラグイン・ハイブリッド