BMW M Performance Parts

数十年にわたりモータースポーツ活動を継続し、多岐にわたる世界中のレースイベントに積極的に参戦してきたBMW。そのレース・トラックで培われた知識、経験とノウハウをもとに開発されたのがBMW M Performance Partsです。本格的でありながら、ストリート走行でもさらに際立つBMWならではの走りを気軽に体感いただけます。エアロダイナミクス、ライト・アロイ・ホイール、コックピット、そしてシャシー。BMW M Performance Partsならではの確かなクオリティが、妥協のないスポーティな走りを実現します。

BMW MOTORSPORT EDITION.

BMW MOTORSPORT EDITION.

BMW MOTORSPORT EDITION.

日本とドイツが共同で作り上げた、BMW M Performance Partsの
ベスト・パッケージ「BMW Motorsport Edition」。
その魅力を多彩な角度からご紹介するスペシャル・コンテンツです。
DTMチャンピオン・ドライバーのマルコ・ヴィットマン選手や
日独スペシャリストへのインタビューなどを通じて、
BMW M Performance PartsそしてBMW Motorsport Editionの真価に迫ります。

BMW M Performance Parts特集

BMW M Performance Parts特集

BMW専門誌「BMW COMPLETE」とのタイアップ企画で実現した、「M PERFORMANCE PARTS.」のドイツ特別取材を掲載。普段は知ることができない「M PERFORMANCE PARTS.」の魅力に迫ります。

 

M HISTORY

1970年の誕生から現在まで

Read more

過酷なレース・トラックで鍛え抜かれたパフォーマンスを備え、BMWテクノロジーの頂点を極めるハイ・パフォーマンス・モデルを送り出すBMW M社。その誕生から現代に至るまでの輝かしい歴史を振り返ります。

BMW M Performance

誕生から現在まで

Read more
 

1972

BMW モータースポーツ社(現BMW M社)を設立。 BMWの技術と情熱を結集し、モータースポーツ活動を本格的に始める。 初代BMW 3.0CSLが誕生し、翌年にはニュルブルクリンク24時間耐久レースで勝利を収める。
 

1973 - 1980

初代BMW 3.0CSLは、ヨーロッパ・ツーリングカー選手権で6度の優勝を飾るなど、ツーリングカー・レースにおいて国際的に活躍。10年にわたり頂点に君臨する。また、F1 ドライバーが参戦する BMW M1 によるワンメイク・レース、Procarレーシング・シリーズが開催され、1979年にはニキ・ラウダ、1980年にはネルソン・ピケがシリーズ・チャンピオンに輝く。
 

1975

【BMW アート・カー】BMWアート・カー1975年のル・マン24時間耐久レースに、BMW 3.0CSLは初のアート・カーとして、芸術という概念を持ち込む。技術と芸術の融合という新たな試みは、BMWモータースポーツから始まった。
 

1978

【BMW M1 – 夢のマシン】BMW Mの記念すべき第一号マシンであり、”M”の名の由来となったBMW M1。BMW M1は、“M”の歴史のスタートとなった最初のモデルである。“M”のエンブレムは、モータースポーツと量産車の両エリアにおいて、ハイ・パフォーマンスで成功を収めるという意味を持つ。
 

1981

デビューから630日後、世界のモータースポーツの頂点に登りつめ、 BMW 6シリーズ クーペの黄金時代は始まった。その成功は、多くのヨーロッパおよびツーリングカーのチャンピオンシップ、そしてグランプリの勝利で証明された。
 

1983

BMW モータースポーツにおける最上の栄光ネルソン・ピケがブラバムBMWをドライブし、BMWはF1世界チャンピオンに輝く。パウル・ロシェ率いるチームが、この勝利を飾ったマシンのドライブ・システムの開発を担当。790馬力の驚異的な最高出力を誇る、F1用ターボ・エンジンを完成させた。
  

1984

【BMW M635 CSi.】"BMW M1のハンサムな兄弟"であるBMW M635 CSiは、洗練された完璧なスタイリングとパワーを備えている。