1970年代~1980年代

1970年代~1980年代

1970年代~1980年代

BMW M HISTORY.

1970年代~1980年代BMW M HISTORY.

1970年~

「M」の輝かしいヒストリーがここからはじまる。

1972年5月1日、その栄光に続く第一歩が踏み出されました。レースに精通したチームがBMWモータースポーツ社を立ち上げ、ミュンヘン/プロイセン通りの8,000m2を超える広大な敷地に、レーシング・ワークショップ、レーシング・エンジン組立て部門、工具製作部門、エンジン・テストベンチが設置されました。翌1973年、真っ白な下地に青/紫/赤の3本ストライプが入ったCSLクーペはヨーロッパ選手権で初優勝、その後10年近くにわたって世界のツーリングカー・シーンを席巻、快進撃を続けます。

Read more

1972

1972

1972

BMW モータースポーツ社(現BMW M社)を設立。 BMWの技術と情熱を結集し、モータースポーツ活動を本格的に始める。 初代BMW 3.0CSLが誕生し、翌年にはニュルブルクリンク24時間耐久レースで勝利を収める。

1973 - 1980

1973 - 1980

1973 - 1980

初代レーシングカーBMW 3.0 CSLの黄金時代。ヨーロッパ・ツーリングカー選手権で6回の優勝を飾るなど、10年近くにわたって世界のツーリングカーシーンのトップに君臨した。BMW M1のために創設されたProcarレーシングシリーズは100万人以上の観客を動員し、フォーミュラ1のトップ選手も参戦する。
1979年にはニキ・ラウダが、1989年にはネルソン・ピケがシリーズチャンピオンに輝いた。

1975

1975

1975

BMWアートカー

「芸術品」としてのクルマから、芸術の推進役としてのクルマへ進化を促すことは、BMWの文化的使命。その結果1975年、BMWアート・カー・コレクションのアイディアが生まれた。この試みはBMWモータースポーツのレーシングカーから始まった。

1978

1978

1978

BMW M1 夢のマシン

BMW Mカーの元祖であり、「M」の名の由来となったBMW M1。BMW M1とともに「M」の歴史が幕を開けた。この「M」の文字は、のちにモータスポーツと量産車の両分野においてハイパフォーマンスと成功を意味することになる。

1980年~

モータースポーツの頂点F1で通算9勝の金字塔を打ち建てる。

1980年4月、BMWは正式にF1への参加を表明、初のBMW F1エンジン開発が始まりました。

当時最先端だった、デジタル・エンジン・エレクトロニクス制御により、排気量わずか1.5リッターの量産型4気筒エンジン・ブロックから驚異的な800psのF1エンジンを作り上げました。そして、デビューのわずか630日後、ネルソン・ピケがブラバム世界チャンピオンへ。BMWは1987年までに通算9勝を果たしました。

Read more

1983

1983

1983

BMWモータースポーツの最高の栄誉

ネルソン・ピケがドライバーをつとめるブラバムBMWでBMWはF1世界選手権優勝を果たした。パウル・ロジェ率いるこのチームがこの栄あるマシンのドライブシステムを担当。
790bhpという脅威的なBMW F1ターボエンジンを作り上げた。

1984

1984

1984

BMW 635CSI

「BMW Mのハンサムな兄弟」であるBMW 635CSiは、
エレガンスとパワーを完全に体現したマシン。

1984

1984

1984

BMW M5

「羊の革を被った狼」の登場。
セダンにレースカーをかけあわせて誕生したBMW M5は楽しみを追求するクルマ。

1986

1986

1986

BMW M3

「スーパー3シリーズ、最も成功したレーシングマシン」となる初のBMW M3誕生。量産車とモータースポーツ仕様車の一貫した平行開発がスタートする。
その徹底した野生ぶりは、モータースポーツ分野においてロベルト・ラヴァーリアーなどのドライバーにより繰り返し証明されている。

1988

1988

1988

BMW M5

第2世代のM5は成長を遂げ、新しい次元パワーに到達した。それ自体がエンジニアリングの傑作といえる、進化した24バルブ直列6気筒エンジンは、後にBMW初の6速ギアボックスとアダクティブMシャシーと組み合わされた。

1990年代~2000年代

1990年代~2000年代