BMW eモビリティ BMW プラグイン・ハイブリッド

BMW プラグイン・ハイブリッド。

BMW プラグイン・ハイブリッド。

2つの最先端が出逢う。

BMW プラグイン・ハイブリッドは、内燃エンジンと電気モーターを組み合わせることで最大限のフレキシビリティを実現し、日常に求められるユーザーそれぞれの条件やニーズに完璧に満たします。 サブブランドであるBMW iで培われた完全電気駆動のBMW eDriveテクノロジーのノウハウは、電気のみのゼロ・エミッション走行で70 km*を超える航続距離を実現(*モデルにより異なる)。この先進的な駆動システムは、都市の交通事情や日々の通勤、近郊でのショッピングにも最適です。 また長距離ドライブや高速道路の走行でも、内燃エンジンを使用することで航続距離を充分に伸ばすことができます。 さらに、インテリジェントなエネルギー・マネジメント・システムがニーズに合わせて駆動を自動的に切り替えるため、常に最大限の効率が保証されます。 その性能の高さが支持され、現在では複数モデルをラインアップ。2、3、5、7 およびXシリーズのBMWハイブリッド・モデルが、日常における最大限の多様性と個性を発揮しています。 BMW プラグイン・ハイブリッドの世界を探求し、あなたに最適なモデルを見つけてください。

続きを読む

Q&A:BMWプラグイン・ハイブリッドに関する、よくある質問と回答。

  • プラグイン・ハイブリッドとは、どのようなものですか?
    BMW eモビリティ BMW プラグイン・ハイブリッド FAQ

    プラグイン・ハイブリッド・モデル(PHEV)は、電気モーターと内燃エンジンという2つの動力源の長所を最大限に生かした走りを実現します。 燃料消費量を抑えるだけでなく、CO2排出量の削減にも大きく貢献。 もちろん2つの駆動システムの連携によって、パフォーマンスと加速性能がさらに強化されることは言うまでもありません。

    プラグイン・ハイブリッド・モデルはその名が示すとおり、ご家庭のソケットやウォールボックス、公共充電ステーションで充電することが可能です。 また、フル充電された状態で最大限の効率を発揮するため、自宅にも職場にも充電設備が整っていることが、もっとも理想的な環境であると言えます。

    BMW 530eの場合、フル充電されたバッテリーを使用して電気のみで走行した場合の航続距離は、最大66kmを達成。 高電圧バッテリー搭載車両の技術的な進歩に伴い、電気のみの走行による航続可能距離も今後ますます伸びていくことでしょう。 また、アクセル・ペダルから足を離した際にはいつでも、減速時の運動エネルギーが電力に変換されてバッテリーに回収されます。これにより、航続可能距離をさらに伸ばすこともできます。

    BMWは「Power of Choice(パワー・オブ・チョイス)」戦略の一環として、この効率的な駆動方式を好まれる方のための幅広い選択肢をご用意しています。

    プラグイン・ハイブリッドは多用途で車を使いたいアクティブなドライバーのリクエストに応えながらも、コストを最適化したサステイナブルな通勤など日常的な利用にもぴったりのモデルです。 特に定期的に繰り返される中距離通勤は電気駆動による走行が優位を占めるため、プラグイン・ハイブリッドに最も適した用途と言えるでしょう。 その一方で、週末の家族イベントなど長距離に対応する航続可能距離とフレキシビリティも提供します。

  • プラグイン・ハイブリッドにはどのようなメリットがありますか?
  • どのような要素が、プラグイン・ハイブリッドの高電圧バッテリーの性能に影響を与えますか?
  • プラグイン・ハイブリッドの長所を最大限に活かす方法は?
  • プラグイン・ハイブリッドを長時間停車または駐車させておく際の注意点は?
  • プラグイン・ハイブリッドを充電する際の注意点は?
BMW eモビリティ BMW Charging

BMWの充電

BMW eモビリティ BMW 航続距離

航続可能距離

BMW eモビリティ BMW プラグイン・ハイブリッド 補助金

BMW プラグイン・ハイブリッドの税制優遇とボーナス・プログラム。

  • ※画像は一部日本仕様と異なり、また一部オプション装備を含みます。普通充電ポートの位置はフロント・バンパー中央部になります。画像は実際の色合いと異なる場合がございます。
  • ※記載されている航続距離は欧州参考値となります。また使用環境(気象、渋溝等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。