先駆者として走り続けた40年。未来へ向けて、私たちは加速し続ける。

先駆者として走り続けた40年。
未来へ向けて、私たちは加速し続ける。

先駆者として走り続けた40年。<br>未来へ向けて、私たちは加速し続ける。

社長挨拶

社長挨拶

BMW Japanはおかげさまで創立40周年を迎えます。
ここ数年で世界は大きく変わり、私たちはいま、
将来の予測が困難な時代に生きています。 
だからこそ、社会の動向を注視し、
常に前向きにさまざまなチャレンジやプロジェクトに
取り組んでいく必要があります。

今年はBMWらしい走りへの情熱を研ぎ澄ましたモデルと、
BMWの未来へと繋がる、
まったく新しい価値観を持つモデルがデビューします。
ぜひ、これからも私たちBMWにご期待ください。

ビー・エム・ダブリュー株式会社
代表取締役社長 クリスチャン・ヴィードマン

会社概要

従業員数
累計販売台数
販売ネットワーク

「ビー・エム・ダブリュー株式会社」は1981年の設立以来、現在まで累計で160万台以上の多種多様なモデルを販売してきました、BMW、MINI、BMW Motorrad、Rolls Royceの幅広いブランド展開で、これからも日本の皆様に歓びをお届けしていきます。

CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために

BMWでは、CSR(Corporate Social Responsibility、企業の社会的責任)活動に積極的に取り組んでまいりました。2020年5月には、社員によってボランティア活動を中心とした様々なCSR活動を考案・実施する、「BMW ボランティア クラブ」を社内に新設。現在、70名以上の社員が下記をはじめとするクラブ活動を行っています。
・One Young World(ワンヤングワールド)のパートナー企業としてヤングリーダー達と協力しながら歓びに満ちた未来を創りだすための「世界ユースサミットサポート活動」
・日本科学未来館(館長:毛利衛)と共同で次世代を担う子どもたちが自動運転に関する技術を学び、自動運転のある未来を考えるワークショップ 「自動運転で動く車のしくみ」
・特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(代表理事:平岩 国泰)と共同で行う学童向けの「オンライン教育プログラム」
・日本初のフードバンク団体であるセカンドハーベスト・ジャパン(CEO: マクジルトン・チャールズ)と共同で食糧物資を運搬・配布する「フードロス活動」

続きを読む
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために
CSR活動 / 持続可能な社会づくりのために