BMW EfficientDynamics 効率的に駆けぬける歓び

効率的に駆けぬける歓び。

BMW EfficientDynamicsとともに、最小限のエネルギー消費と最大限の航続距離を両立。

ここ数年間、BMW Efficient Dynamicsは、エネルギー消費をさらに低減させる数々の技術ソリューションを車両に導入してきました。 しかし、ドライバーの運転スタイルが効率に影響を与える大きな要因となっているのも事実です。ルートと交通状況にもよりますが、効率的なドライビング・スタイルを意識することによって、燃料消費を最大25%節約することができます。 これはディーゼル・エンジンやガソリン・エンジンに限ったことではなく、電気、プラグイン・ハイブリッドまたは水素エンジンの自動車にも同じことが言えます。電気自動車またはプラグイン・ハイブリッドのドライバーであれば、電気走行による航続可能距離を最大30%増大させることが可能です。
インテリジェント・パーソナル・アシスタント*が搭載されたモデルでは、効率的な運転について尋ねることができます。 たとえば、 「現時点での消費量はどのくらい?」と尋ねると、アシスタントからその数値とともに燃料節約方法についてのアドバイスが与えられます。さらにリクエストに応じて、効率を向上させる機能を作動します。


*ID 7オペレーティング・コンセプトおよびBMW ライブ・コックピット専用オプション

Read more
効率的に駆けぬける歓び。BMW EfficientDynamicsとともに、最小限のエネルギー消費と最大限の航続距離を両立。

効率的なドライビングのための5つのファクト。

  • 01 内燃エンジン、プラグイン・ハイブリッドまたは電気自動車のいずれであっても、ECO PROモードで消費量を最大25%削減することが可能。
  • 02 先を見越した運転スタイルのドライバーは、コスト削減だけでなく、よりリラックスした運転で目的地へ到着することができます。そのためのサポートもECO PROモードが行います。
  • 03 電気自動車では、プレコンディショニング(事前調整)を済ませておくことで航続可能距離と快適性が向上。
  • 04 BMWプラグイン・ハイブリッドでは、ナビゲーションが起動された瞬間から、予測型ハイブリッド・ドライブが効率的な運転をサポートします。
  • 05 エアロダイナミクスから軽量構造まで、効率を最大限に引き上げる数々のテクノロジーを搭載。

旅立ちの前に: ドライビング中の効率を引き上げる。

出発前に車両準備を整え、燃料と電気を節約。

効率の追求は、出発前からすでに始まっています。 あなたのBMWがガソリンかディーゼルか、ハイブリッドで走るか、あるいは完全な電気自動車であるかを問わず、最適な事前の準備によって燃料や電気の消費量を減らすことが可能です。 ここでは、ドライブを始める前に、いかにシンプルな方法でどれだけ効率を引き上げられるかを知ることができます。

Read more

不要な積載物や追加アクセサリーを取り除く。

BMW EfficientDynamics:不要な積載物や追加アクセサリーを取り除く。

重量の増加は燃料消費に影響を与えるため、不要な積載物は出発前にクルマから降ろしておきましょう。 さらに、ルーフボックスや自転車キャリアなどの追加アクセサリーは、エアロダイナミクスに悪影響を与え消費量の増大に繋がるため、必要のない時は車両から外して出かけることをおすすめします。 出発前のちょっとした心がけによって、ドライビングの効率をさらに高めることができるのです。

タイヤの空気圧を最適に。

BMW EfficientDynamics :タイヤの空気圧を最適に。

効率的なドライブのために知っておきたいもうひとつのポイントは、タイヤの空気圧のチェックと最適化です。 推奨値より低い空気圧は、タイヤの摩耗と燃料消費量を増大させる要因となります。部分的に荷重がかかっている自動車では、ECO充填圧力*を使用して、可能な限り燃料消費量の増大を抑えることができます。

*現在この機能はEU諸国と英国のみでご利用いただけます。

出発前の準備。

BMW EffiicientDynamics 出発前の準備

プレコンディショニング(事前準備)機能*により、電気自動車またはプラグイン・ハイブリッド・モデルの車両内をあらかじめ快適な温度にしておくことができます。 これによって、走行中に冷暖房などが消費するエネルギーをセーブすることが可能。充電中に航続可能距離を大幅に引き上げておくことができます。 その結果、さらなる効率と快適性の両立が実現されるのです。

*この機能はBMWの電気自動車またはプラグイン・ハイブリッド・モデルのみでご利用いただけます。

旅の途中で: 走行中にも消費量を削減。

BMW EfficientDynamicsのインテリジェントな機能によって、エネルギー消費量を削減。

内燃エンジン、プラグイン・ハイブリッドまたは電気自動車、いずれの駆動コンセプトを選んでも、BMWはより効率的なドライビングを実現。 基本的には、加減速の回数や度合いが少ないほど消費量を大幅に削減でき、特に完全な電気自動車の航続可能距離を伸ばすには、この方法が圧倒的に有利です。 また、ブレーキの使用を最小限に留めるには、先を見越した運転が大きな鍵を握ります。しかし何よりも、消費量に影響を与える最大の要因は、高速道路を走行する時の車速です。例えば走行中のスピードを20 km/h下げるだけで、最大20%の消費量節約に繋がります。BMW EfficientDynamicsの革新的な機能をフルに活用しながら、消費量の削減とリラックスした運転の両方をご体験ください。

Read more
BMW EfficientDynamics 効率的な運転のための実用的なアドバイス

効率的な運転のためのアドバイス。

路上の効率性をさらにアップ ― インテリジェントなBMWテクノロジーと燃料節約方法を使用して。

BMWガソリン車およびディーゼル車: 革新的な機能で、燃料を節約。

BMW EfficientDynamicsの革新的な機能が、燃料消費の大幅削減をサポート。

 BMWに搭載された数々のインテリジェントな機能が、効率的な運転スタイルと燃料節約の実現を様々な角度からお手伝いします。

Read more
BMW EfficientDynamics ECO PROモード

ECO PROモード

ECO PROには、最大25%の燃料消費量削減を可能にするインテリジェントなテクノロジー・パッケージが含まれています。エア・コンディショナーやシート・ヒーティングなどが消費するエネルギー量も、乗員がほとんど気づかないうちに低減しています。

ECO PROモードでは、アクセル・ペダルとオートマチック・トランスミッションのパラメーターが変化します。これにより穏やかな運転スタイルが促され、大幅な燃費向上につながります。また、ドライバーが望めば、アクセル・ペダルを最大限に踏み込んで、本来のパフォーマンスをフルに引き出すことも可能です。

ディスプレイには、ECO PROモードでの運転によってどのくらいの航続可能距離が追加されたかを把握できる「ECO PROボーナス」の数値が表示されます。併せて表示される消費量は、平均消費量と現在値を比較したものです。

Read more
BMW EfficientDynamics マイルド・ハイブリッド・テクノロジー

マイルド・ハイブリッド・テクノロジー

マイルド・ハイブリッド・テクノロジーは、減速時のエネルギーを回収し、加速時に内燃エンジンをブーストする技術です。 これにより、燃料消費量と排出量の削減、そしてダイナミクスの向上が同時に実現されます。 また、マイルド・ハイブリッド・テクノロジーによってオート・スタート/ストップ機能がさらに強化され、より素早く、より快適に作動。幅広い速度での利用が可能となっています。 さらに、モーターのスイッチをオフにすれば惰性走行中はスタンバイ・モードにしておくことが可能です。これで燃料消費や排出ガスを抑えながら運転を続けることができます。

Read more
BMW EfficientDynamics コースティング機能

コースティング機能

コースティング機能は、運転エネルギーを最大限に確保しながら消費量ゼロ、排出量ゼロの運転を促します。 ドライバーが走行中にアクセル・ペダルから足を離しブレーキを踏まずにいると、周辺データに基づいて惰性走行と回生機能を適宜切り替えるシステムです。 コースティング機能は、マイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載したモデルでご利用いただけます。 マイルド・ハイブリッド・テクノロジーが搭載されていない車両では、アイドリング状態で惰性走行を行います。 COMFORTモードと機能拡張されたECO PROモードの選択時に、こうした惰性走行を体験することが可能です。 また、コースティング機能でカバーされる距離は「コースティング・カウンター」に表示されます。

Read more
BMW EfficientDynamics ドライビング・スタイル・アナリシス

ドライビング・スタイル・アナリシス

ドライビング・スタイル・アナリシス機能は、状況に応じたアドバイスを提供し、より効率的な運転スタイルと燃料節約のサポートを行います。 プロセス中は、ドライバーの運転スタイルを各種カテゴリーで分析および評価。 その結果に基づく適切なアドバイスを、ECO PROモードのコントロール・ディスプレイに表示します。

Read more
BMW EfficientDynamics エネルギーフロー・ゲージ

エネルギーフロー・ゲージ

コントロール・ディスプレイのエネルギーフロー・ゲージは、コースティング機能、回生システムおよびオート・スタート/ストップ機能など、BMW EfficientDynamicsのテクノロジーに関するさまざまな情報を明瞭に視覚化しています。

Read more

BMWプラグイン・ハイブリッド: BMW EFFICIENT DYNAMICSのサポートでより効率的な運転を。

効率を高める運転スタイルへと導く、BMWプラグイン・ハイブリッドの革新的な機能。

BMWプラグイン・ハイブリッドのドライバーもまた、ECO PRO機能にアクセスすることができます。 これを補完するのが、予測型ハイブリッド・ドライブやアダプティブ回生システムといったハイブリッド特有の機能です。

Read more
BMW EfficientDynamics HYBRID ECO PROモード

HYBRID ECO PROモード

HYBRID ECO PROには最大25%の消費量低減を可能にする、インテリジェントなテクノロジー・パッケージが含まれています。エア・コンディショナーやシート・ヒーティングなどの作動によるエネルギー消費も、ほとんど気づかないうちに低減させています。
ECO PROモードでは、アクセル・ペダルとオートマチック・トランスミッションのパラメーターが変化します。これにより穏やかな運転スタイルが促され、大幅な燃費向上につながります。
ディスプレイのeDRIVE カウンターには、内燃エンジンを利用せず、つまり排出量ゼロで走行した距離の表示が追加されます。

Read more
BMW EfficientDynamics 予測型ハイブリッド・ドライブ

予測型ハイブリッド・ドライブ

予測型ハイブリッド・ドライブは、利用可能な電気エネルギーを理想的に配分するため、ナビゲーション・システムを作動させると、都市部および目的地周辺での電動走行を組み込んだルートを案内します。 また高電圧バッテリーが十分に充電されていれば、さらに電動走行をルートに追加することもできます。 また、エネルギーを効率的に回収するため、ルート計画には勾配のある直線路なども考慮。 また、エネルギーを効率的に回収するため、ルート計画には勾配のある直線路なども考慮。 ルートのセクションに応じて、内燃エンジンのオンとオフが自動的に切り替わり、市街地などでの効率的なドライビングとゼロ・エミッションの走行をサポートします。

Read more
BMW EfficientDynamics アダプティブ回生

アダプティブ回生システム

BMW xDrive45eなど最新のプラグイン・ハイブリッド・モデルには、アダプティブ回生システムが採用されています。 この機能は、より軽快かつ効率的な運転スタイルを実現し、HYBRID ECO PROモードの予測走行をサポート。 特定の状況下で作動するインテリジェントな制御システムによって、ドライバーがアクセル・ペダルから足を離した瞬間に、惰性走行か回生かを自動的に判断します。 さらに先行車との距離、制限速度、交差点、分岐路または市街地など、交通状況に合わせて減速レベルを調整します。 これによってブレーキ・ペダルの使用が減り、乗員の快適性も向上。 こうしたすべてが極めて効率的に行われるのです。

Read more
BMW EfficientDynamics BMW iX3と手前に女性

BMW電気自動車: 走行中に電気を節約し、航続距離を延長。

BMWの電気自動車は、走行中の電力消費量を削減して航続距離の延長に繋げるさまざまな機能を備えています。 中でも重要な役割を果たすのが、エネルギーの消費量を最適化するECO PRO走行モードです。 BMW EfficientDynamicsの主要なシステムであるECO PROには、インテリジェントなテクノロジーが結集されており、効率的な運転スタイルの採用による大幅なエネルギー節約と、航続可能距離の最大30%延長を可能にしています。 また、ドライビング・スタイル・アナリシス機能は、状況に応じたアドバイスを提供し、より効率的な運転スタイルと燃料節約のサポートを行います。 さらに、目的地までの走行中に理想的な情報提供を続けるため、回生システムなどBMW EfficientDynamicsのテクノロジーの使用状況をエネルギーフロー・ゲージに表示。 目的地に到着すると、充電量などに関するデータが視覚化され、これ確認することができます。

  • BMW iX3のカスタム回生およびアダプティブ回生
BMW コントロール・ディスプレイに表示されるBMW EfficientDynamicsトリップ・データ分析

ドライビング終了後: 運転データを分析。

内燃エンジンまたはハイブリッド・ドライブいずれにしても、運転の終了時には、どのくらい効率的な運転ができたかを確認することができます。目的地までの走行における効率性の概要を確認するには、到着後コントロール・ディスプレイのCar(自動車) / Trip info(トリップ情報) / Trip data(トリップ・データ)メニュー内で、目的地までのキロ数と消費量の数値を視覚化できます。ガソリン・エンジンまたはディーゼル・エンジン自動車において、効率的な運転ができたかどうかのポイントとなるのが、惰性走行でカバーされた距離と、オート・スタート/ストップ機能によってモーターがスイッチ・オフされていた時間です。また、どれだけECO PROモードで走行したかは、チャート内に青でハイライト表示されます。さらに、プラグイン・ハイブリッド・モデルの表示には、EVモードのみで走行したキロ数が含まれます。

  • ※このページで使用している画像の一部は日本仕様とは異なります。一部デザインや仕様が異なる場合や日本に導入していない場合もありますのであらかじめご了承ください。
  • ※使用している画像は、実際の色合いと異なる場合があります。