BMW EfficientDynamics BMW EfficientDynamicsの革新的なテクノロジー

革新的なテクノロジー。

BMW EfficientDynamics: 未来のテクノロジーをすべてのシリーズに搭載。

BMW EfficientDynamicsが目指すものー それは最小限のエネルギー消費で最大限のダイナミクスを生み出すことです。これを実現すべく、BMWはボディおよびドライブトレイン、ドライビング・アシスト・システムに至るまで、数々の革新的なテクノロジーを駆使し、効率性の向上とエネルギー消費の低減を図っています。 BMWの軽量構造、エアロダイナミクス技術とサステイナブルなドライビング・コンセプトの詳細はこちら。

Read more
革新的なテクノロジー。BMW EfficientDynamics: 未来のテクノロジーをすべてのシリーズに搭載。
BMW EfficientDynamics BMW軽量ボディ クローズアップ

BMW エフィシェント・ライトウェイト – BMWのインテリジェントな軽量構造。

BMW エフィシェント・ライトウェイトは、優れた効率とダイナミックな走りの完璧な組み合わせを示しています。 パッセンジャー・セルのカーボンから、シャシー・コンポーネントのアルミニウム、ボディの高強度スチール、そしてエンジンの先進的なマグネシウム合金まで、極めて軽量かつ剛性の高い素材を適所に採用することで、燃料消費量を低減させながら、パフォーマンスとダイナミクスを引き上げています。
量産車で初めてカーボン製のパッセンジャー・セルを備えたBMW iは、自動車工学に革命をもたらし、BMWの軽量構造においても新たな基準を打ち立てました。高強度の素材が万が一の事故の時も最高レベルの保護性能で乗員を守り抜き、ボディの軽量化はハイ・ボルテージ・バッテリーの搭載によって追加された重量を相殺しています。 その結果、安全性の向上と広々とした室内空間、そして軽量なボディによる俊敏でダイナミックな走りを実現しているのです。
BMW i3およびBMW i8は、ハイテク素材のカーボンが採用された初の量産モデルです。 長い間、カーボンは手作業で製造されていたため、使用できる量に制限がありました。 しかし現在、BMW Groupはカーボン・ファイバーとカーボン・ファイバー・プレート本体を製造しており、これが量産モデルへの採用を可能にしています。

エアロダイナミクス

BMW EfficientDynamicsに磨かれた空力性能が、さらなる効率を実現。

優れたアイデアが必ずしも複雑とは限りません。 BMWはフロント・エプロンのエア・ベント・コントロールやエア・カーテン、フロント・ホイール・アーチ後方のエア・ブリーザー、そしてエアロダイナミック・ホイールなど、的を絞ったアプローチによって優れたCd値(空気抵抗係数)を達成しています。 さらに空力特性が最適化されたアンダーボディ、最新のエアロダイナミクスに基づき設計された車両のフォルムが相まって、 卓越した効率と走行安定性を実現すると同時に、室内の静粛性も高めています。

Read more
BMW EfficientDynamics BMWエアロダイナミック・ホイール

エアロダイナミック・ホイール

風を味方につける。 精密に成形された軽量なインサートが組み込まれ、ホイール・アーチの乱気流を低減することで、ボディ・サイドのエアロダイナミクス効果を引き上げています。

Read more
BMW EfficientDynamics アクティブ・エア・ストリームを採用したキドニー・グリル

アクティブ・エア・ストリームを採用したキドニー・グリル

アクティブ・エア・ストリームを採用したキドニー・グリルは、エンジン、ブレーキおよびその他のコンポーネントに空気が必要となる最適なタイミングでエア・ベントを自動的に開き、空気を取り入れる必要がない時には再び閉じます。 これにより、エアロダイナミクスと燃料消費量の両方を最適化することができます。

Read more
BMW EfficientDynamics エア・カーテン

エア・カーテン

車体をコントロールするのがドライバーなら、空気の流れをコントロールするのがエア・カーテンです。 エア・カーテンは、驚くほどシンプルながら極めて効果的な方法で、 ボディの空気抵抗を低減します。 エア・インテークから取り込まれた空気が細いスロットを通じて加速され、空気の流れをホイール・アーチに沿って導くのです。 この革新テクノロジーが乱気流と空気抵抗を減少させ、燃料消費量を大幅に減らします。

Read more

BMWの駆動コンセプト。

未来志向の駆動システムで、最大限の効率とサステイナビリティを。

BMWの新しい車両は、常にその革新的な駆動コンセプトを軸として開発されています。 プラグイン・ハイブリッドからeDrive、水素ドライブまたは新しいマイルド・ハイブリッドまで、それぞれの駆動システムの特長をお確かめください。

Read more

BMW マイルド・ハイブリッド・テクノロジー

BMW EfficientDynamics BMW マイルド・ハイブリッド

マイルド・ハイブリッドでは、内燃エンジンを補う電気モーターが、よりいっそうの効率性とダイナミクスを可能にしているのです。

マイルド・ハイブリッドは、ハイブリッド駆動システムの中でも特殊なコンセプトに基づく技術です。 電気モーターが独立した駆動装置として機能するのではなく、あくまで内燃エンジンを補助するために特定の走行状況においてのみ作動。 これにより燃料消費を低減し、航続可能距離を伸ばします。 また、加速中にエンジン出力を上げるブースト機能も備えています。 バッテリーの充電は減速時の回生によって走行中に行われるため、充電ステーションを使用する必要がありません。
 

※マイルド・ハイブリッド導入モデルについてはBMW正規ディーラーまでお問い合わせください。

BMWプラグイン・ハイブリッド

BMW EfficientDynamics BMWプラグイン・ハイブリッド

内燃エンジンと電気モーターの効率的な組み合わせ。

BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデル(PHEV)は、内燃エンジンと電気モーターという2つの駆動装置を搭載しています。 最新の高性能リチウムイオン・バッテリーと組み合わせることで、航続可能距離を伸ばすだけでなく、パワーとダイナミクスも強化されています。 バッテリーは、家庭用コンセントや充電ステーションで充電が可能。また、ブレーキ・エネルギー回生システムによっても充電が行われます。このプロセスでは、走行中に減速時のエネルギーを電力として回収し、バッテリーを充電します。

BMW電気自動車

BMW EfficientDynamics BMW電気自動車

eDriveテクノロジーおよび完全な電気駆動がもたらす、最大限の効率と航続可能距離。

eDriveテクノロジーを搭載したBMW電気自動車が、未来へと駆けぬける。 完全な電気駆動コンセプトでは、内燃エンジンを持たないため化石燃料を必要としません。 これによりBMW電気自動車は、排気ガスを一切出さないゼロ・エミッション走行を可能にしています。 走行に必要な電気はバッテリーに蓄積され、その容量によって航続可能距離が決まります。バッテリーの充電は、家庭用コンセントかBMW ウォールボックス、または公共充電ステーションを利用して行うことができます。

BMWの水素駆動モデル

BMW EfficientDynamics BMW i Hydrogen NEXT

水素燃料電池自動車、それはゼロ・エミッションで限りなく走り続ける未来のモビリティ。

BMWは長年、水素自動車の調査研究を行っており、2013年よりトヨタ自動車と水素燃料電池を使用した駆動システムの共同開発に取り組んでいます。2022年には次のステップとして、BMW i Hydrogen NEXTの少量生産モデルを発表し、第2世代の水素燃料電池を試験運用する予定です。また、水素自動車は電気モーターによって駆動するため、電気自動車に分類されますが、 他の電気自動車との大きな違いとしては、 水素自動車では発電が車両内で行われるという点です。つまり、電気自動車やプラグイン・ハイブリッドように外部から電力を供給する充電型のバッテリーを搭載していません。 水素自動車はその代わりに燃料電池という形で直接搭載された、独自の効率的な発電プラントを備えています。ここで水素と酸素が反応し、電気エネルギーが生成されます。 また、排出されるのは水蒸気のため、水素自動車はゼロ・エミッションです。

  • ※このページで使用している画像の一部は日本仕様とは異なります。一部デザインや仕様が異なる場合や日本に導入していない場合もありますのであらかじめご了承ください。
  • ※画像は一部日本仕様と異なり、またオプション装備を含む場合があります。