サーキット専用モデル「BMW M2 CS Racing」を発表

サーキット専用のカスタマー・レーシング・エントリー・モデル
3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載
レース規定に応じて設定を調整できるパワー・スティック採用
ABSやDSCもモーター・スポーツ専用に調整

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:クリスチャン・ヴィードマン)は、高性能コンパクト・スポーツ・モデルBMW M2 CSをベースに仕上げられた、カスタマー・レーシングのエントリー・モデルとなるサーキット専用モデル「BMW M2 CS Racing(エム・ツー・シー・エス・レーシング)」の購入の受付を、全国のBMW正規ディーラーにて、本日より開始する。販売およびアフターサービスは、BMW Mモデルのレース仕様車両を取り扱うBMW Mモータースポーツ・ディーラーにて行なわれる。日本国内においては、BMW Mモデルのレース仕様車両を販売する国内唯一のBMW Mモータースポーツ・ディーラーである、株式会社モトーレン東都のみでの限定販売となる。

 

BMW M2 CS Racingは、BMW M社が開発したサーキット専用モデルとして、レース・シーンでの高いパフォーマンスを発揮しながらも扱いやすい車両サイズと価格によって、カスタマー・レーシングにおけるエントリー・モデルとなっている。3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンや、モーター・スポーツ専用のソフトウェアにより制御される7速DCTを搭載し、最大トルク550Nm/2,350rpm-5,500rpmを発揮する。最高出力は、各レース規定に基づき280~365PSの間に設定可能となっている。また、車両購入後に個人でパーツ等を追加することで、最高出力450PS(331kW)/6,250rpmまでチューンアップする事も可能な設計となっていると同時に、既に450PSまで引き上げられたモデルも販売される。エンジン・パワーのコントロールは、パワー・スティックと呼ばれるUSBによって調整が可能であり、レース毎に設定されるBOP(性能調整)に応じて、パフォーマンス・レベルのプログラミングおよび呼び出しが可能となっている。BMW M2 CS Racings専用に製造されたドライブ・シャフトや、タイヤの左右回転差を抑制するプリロード型の個別冷却システムを備えた機械式LSD(リミテッド・ステップ・ディファレンシャル)が標準装備されている。

続きを読む
メーカー希望小売価格(消費税込み)

カスタマー・レーシング・エントリー・モデルとして、ABSやDSCなどのドライビング・アシスト・システムもレース仕様に調整され装備されているため、ビギナー・ドライバーでもより安全に車両操作が可能になるよう配慮されている。また、エア・ジャッキ・システムが標準装備され、メインテナンスの容易さも備えている。

続きを読む

主な標準装備

外装

● カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のBMW M2 CSルーフ

● タンク・フィラー・ネック付Makrolon®製リヤ・サイド・ウィンドウ

● フロント・スプリッター

● モーター・スポーツ・リヤ・ウイング(角度調整可能)

● タイヤ::MICHELIN スリック 27/65-18 S9L

ホイール:10.5×18 アロイ・ホイール(マット・ブラック)

続きを読む

内装

● エア・コンディショナー

● Sabelt製Taurus XLシート

● Schroth製6点式セーフティ・ハーネス

● カラー・ディスプレイ搭載のAIM製MXG 1.2 レーシング・ダッシュ・ロガー

● 照光式スイッチ・パネル搭載のセンター・コンソール

● チルト&テレスコピック・ステアリング・コラム

● 操作ボタンとロッカー・スイッチを備えた着脱可能なBMW Motorsportステアリング・ホイール

● 後方視界をより広く確保する大型ルーム・ミラー

● 電動調節式サイド・ミラー

● ヒーター付フロント・ウインドー

● 消火システム

続きを読む