スペシャリストに訊く!

スペシャリストに訊く!

万全の品質と信頼性で選ぶ BMW純正部品とアクセサリー #1

認定中古車でBMWを手に入れれば万全の納車整備と保証で安心できるけど、いずれは点検整備の時期はやって来る。その際にBMW純正部品を使うべき理由についてスペシャリストを直撃取材した。


リポート BMW コンプリート編集部

フォト 菊池貴之|T.Kikuchi

Read more

現代のクルマは精密部品の集合体である。特に卓越した走行性能と快適性を併せ持つBMWは、精緻なドイツ工業製品の結晶といっても過言ではないはず。もちろん重量の嵩む高速移動体であるからには劣化や故障は避けられないが、適時の点検とメインテナンスを欠かさなければ、BMWの「駆けぬける歓び」は保証されるのだ。ここでは、そんなBMWを手に入れた後に必ず到来する点検やメインテナンスに際して、BMW純正部品を使用するべき理由を、BMWジャパン・アフターセールス・ディビジョンのスペシャリストおふたりに伺ってみた。

 

「BMWの消耗パーツなどはすべて、法定定期点検や車検といった最適なタイミングまで使える耐久性が与えられています。もちろん交換までの期間は十分な性能を維持します」
確かにBMWには、それぞれの走行状況や距離に応じて点検整備の時期を表示するCBS(コンディション・ベースド・サービス)機能を搭載しているし、正規ディーラーのキーリーダーを使えば、消耗パーツの交換時期をアドバイスしてくれる。

 

「サードパーティ製パーツの一部には、価格が安くても品質や耐久性に劣るものもありますし、例えば機能面ではブレーキパッドを社外品に交換したり適正サイズを超えたホイールやタイヤを装着してしまうと、制動距離やABSのタイミング、距離計、スピードメーターにズレが生じます。そこでセンサー類に不具合が生じると、ほかの重大な異常が検知できないという最悪の事態もありえます」

お気軽なカスタマイズがBMWの機能低下と性能劣化にも繋がるという、そんな怖いハナシを聞いたら、コスト重視のパーツ選びは慎重にならざるを得ないだろう。

 

そんな田野氏のコメントから思い浮かんだ言葉は「安物買いの銭失い」だ。安易に通販などで出所不明の部品を購入するよりも、正規ディーラーのサービス担当とコミュニケーションを密にしたほうが得策に違いない。

Read more

 「まず第一にBMW純正部品をお使いいただきたい理由は“品質”です。消耗品に至るまでひとつひとつの部品は、BMW本来のパフォーマンスを発揮するために、莫大なコストと時間を掛けて開発されたものです。どれかひとつでも欠けたり、品質の劣る部品に交換されてしまったら、BMW本来のトータルバランスが崩れてしまうとお考えください」

 そう語るのは、国内におけるBMW純正アクセサリーおよびパーツ、ディーラーサービスなどを統括しているアフターセールス・ディビジョンでマーケティング・エキスパートプランナーを務める田野一男氏だ。

 

「例えばバッテリーやスパークプラグ、ワイパーブレードといった消耗パーツでも、純正部品以外の製品に交換すると、その部分の機能は改善されたとしても、ほかの部分に影響がおよぶ可能性は否定できません」
田野氏と同じBMWアフターセールス・ディビジョンのマーケティング・アクセサリー・スペシャリストである福田直樹氏は続けた。

 

 「純正の“スターマーク” タイヤは、BMWが本来の性能をベストな状態で発揮できるようにタイヤメーカーと共同開発したBMW専用スペックですし、ルーフボックスのような純正アクセサリーも、強度やフィッティングといった安全面は当然ながら、風洞実験施設を使ってエアロダイナミクス性能まで検証しているのです。確かに社外品よりも割高に感じられるかもしれませんが、BMW純正部品とアクセサリーを選んでいただくということは、安全に長くBMW本来のパフォーマンスを愉しんでいただけるということです。トータルで考えていただければ、むしろ適正なコストだと断言できますよ(笑)」

Read more

BMW PARTS ACCESSORIES

Mモデルを除くBMWは、高速走行時にパンクしても、ある程度の速度と距離で走行が続けられるランフラット・タイヤを採用。BMW認証タイヤは「スターマーク」が目印だ。

    

    

バッテリーはアイドリングストップ搭載/非搭載で仕様が異なる。純正品は完全メンテナンス・フリーで2~3年は高い性能が維持できるのだ。

荷室容量が限られるコンパクトモデルでも思い切りレジャーアイテムを積載できる純正ルーフ・ボックスは、取付強度や空力性能まで考慮した設計なのだ。

スペシャリストに訊く!

万全の品質と信頼性で選ぶBMW純正部品とアクセサリー #2

BMW 純正アクセサリーのエキスパートに訊く、M Performance PartsでBMWの世界に浸る歓びとは?