正式名称を「BMW GROUP Tokyo Bay」に決定 臨海副都心地域・東京ベイフロントに、BMW/MINIブランド体験型販売新拠点

■世界でも有数、日本最大のBMW/MINI販売店が誕生
■最新AV機器や同時通訳ブースを備えた会議ホール、自動散水システムと夜間照明を備えたドライビング・エリア等を持つ複合施設
■7月グランド・オープン時にBMW 100周年記念イベントを実施

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、東京都江東区青海にて同社が建設中のBMW/MINIブランド体験型販売新拠点について、正式名称を「BMW GROUP Tokyo Bay(ビー・エム・ダブリュー・グループ・トウキョウ・ベイ)」に決定した。

Read more

BMW GROUP Tokyo Bayは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催で注目される臨海副都心地域の中心部に開設される。東京都が所有する約2万7000m²という広大な敷地を利用し、それぞれ日本最大規模となるBMW ショールームおよびMINIショールーム、300人以上を収容可能な国際会議ホール、販売車両の試乗に加えて基礎的な運転トレーニングも可能なBMW M 社認定のドライビング・エリアなどを組み合わせた複合施設である。

Read more

東京都心から至近でありながら、自動車交通の流れが円滑な立地において、バリエーション豊かなBMW/MINIの全ラインナッブの試乗車を常時配備し、試乗対応に向けた専用カウンターも設置する。BMWグループの製品が備える「駆けぬける歓び」を、多くの人々が体感できる本施設が、臨海副都心地域のさらなる活性化を促すことが期待されており、一般貸出可能な会議ホールの活用とあわせ、グローバルなMICE(国際会議、学会、展示会)の拠点としての役割も担う見込みである。臨海副都心地域におけるシナジー効果を狙い、近隣他団体とのイベント共催も企画していく。

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社の100%出資子会社であるビー・エム・ダブリュー東京株式会社が運営するショールームには、サブブランドであるBMW M、BMW i やMINI John Cooper Works、カスタマー・オーダー・メード・プログラムであるBMWインディビジュアルの専用展示スペースが設けられるほか、100台収容の来場者駐車場、カフェ(Nespressoとの特別タイアップ)、ライフスタイル・ショップ、電気自動車用充電設備や認定中古車展示スペース、簡易整備用ワークベイなど付帯設備も充実させている。

Read more

施設のプレオープニングは6月初旬を予定し、7月のグランド・オープニングに合わせてBMW Group JapanによるBMW創立100周年記念イベント(名称未定)が実施される予定である。

Read more

BMW GROUP Tokyo Bay 概要

所在地: 〒135-0064 江東区青海二丁目 79 番 12


延べ床面積: 7,176 m²


新車展示台数: BMW 28台 MINI 11台 BMW モトラッド 10台


営業開始日: 2016年7月予定

Read more

BMW グループについて

BMW グループは、BMW、MINI、ロールス・ロイスの3つのプレミアム・ブランドを擁する、自動車およびモーターサイクルのトップ・メーカーのひとつであり、プレミアムなファイナンシャル/モビリティ・サービスのプロバイダーとしても活動している。グローバルな企業として、現在、世界14ヵ国に30の製造工場を有し、140ヵ国以上に販売網を構築している。2015年における自動車総販売台数は2,247,000台、モーターサイクルは137,000台となっている。2015年度の税引前利益は92.2億ユーロ、売上高は約921.8億ユーロを計上した。また、2015年12月末時点における従業員数は122,244 名である。
BMW グループは常に長期的な視野と責任ある行動を企業の指針とすることで成功をおさめており、その結果、すべてのバリュー・チェーンにおける環境的および社会的持続性、責任のある製品作り、さらには資源保護に対する明確なコミットメントを企業戦略の不可分な要素として確立している。

Read more