「BMW Team Studie」が本年も「BMW M6 GT3」で スーパーGT 2017 に参戦。 4 年連続で BMW グループ・ジャパンがサポートを行なう。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、4 月 8日(土)に開幕する SUPER GT 2017 に参戦する「BMW Team Studie」を、2014~2016 年シーズンに引き続き、4 年連続でコラボレーション・パートナーとしてのサポートを実施する。

 

2017 年シーズンは、昨年同様に、BMW の高性能市販モデルである「BMW M6(エム・シックス)クーペ」をベースに開発された、モータースポーツの遺伝子を持つ BMW のサブブランド「M」の名が冠された「BMW M6 GT3」で参戦する。チームのレギュラードライバーとして、BMW モータースポーツのワークス・ドライバーであるヨルグ・ミューラーと、ル・マン 24 時間耐久レースで優勝経験を持つ荒聖治が引き続き起用される。

 

サポート内容は、ドイツの BMW モータースポーツのワークス・ドライバーであるヨルグ・ミューラーの起用、BMW モータースポーツからの車体のカラーリング・デザインの提供、車両購入にあたってのビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社のファイナンス・サービスの提供、技術サポートの提供など多岐にわたり、自動車インポーターとして、引き続き包括的なカスタマー・レーシング・チームへのサポートとなる。

 

BMW グループは、一般社団法人「日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員会主催の2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、秀でたデザイン、ドライブ・フィールなどを、最も持つ乗用車に与えられる「エモーショナル部門賞」を受賞した最もコンパクトな BMW Mモデル「BMW M2(エム・ツー)クーペ」など、数多くの BMW M モデルの販売を行なっているが、BMW Team Studie とのコラボレーションを通して、日本のモータースポーツ界におけるBMW M ブランドの存在感、価値をより一層高めていくとともに、モータースポーツを積極的にBMW M市販モデルのマーケティング活動に活用していくため、チームへのサポートを今シーズンも実施する。

Read more