Joy+ クリーン・エネルギー・プロジェクトを始動

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、地球環境保護に向けた次世代車普及のため、「Joy+(ジョイプラス)クリーン・エネルギー・プロジェクトを 4 月 30 日より始動させている。

Read more

プロジェクトの一貫として、5 月 2 日に、燃費効率が高くかつ人気の高い、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデル、プラグイン・ハイブリッド・モデル、および、電気自動車から、厳選されたラインアップにおいて、新たに「Edition Joy+(エディション・ジョイプラス)」をラインアップし、値下げを実施し、さらに、5 月 19 日から YouTube動画「BMW Lab.(ラボ)」の配信をスタートする。

 

また、Joy+ クリーン・エネルギー・プロジェクトを訴求するため、TVCM を放映すると共に、全国の BMW 正規ディーラーにおいてショールーム・フェアを実施し、さらに、web 広告を実施する。

Read more

BMW Lab.

BMW は、環境問題や交通安全など、未来の駆けぬける歓びのために、モビリティの革新に挑戦し続けており、その挑戦を発信し、ゲストの研究員が様々な研究テーマに挑戦していく YouTube 番組が「BMW Lab.」である。第 1 回目ゲスト研究員に、芥川賞作家羽田圭介氏を起用し、BMW の環境問題への取り組みをモータージャーナリストと学ぶと共に、クリーン・ディーゼル車の魅力を実際に体感している。羽田氏は、クリーン・ディーゼル車を所有しており、所有者としてのリアルな感想も語っている。

Read more