BMW i 販売店が 7 店舗オープンし、合計で 54 店舗に拡大

■ BMW i の販売網を拡充し、多様なニーズに応える。

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、持続可能な次世代モビリティを提供するBMW のサブ・ブランド「BMW i(アイ)」に対するより多くの要望に応えるため、本年7 月以降、BMW i 販売店を新たに7 店舗追加し、日本全国合計で54 店舗となった。

BMW i は、BMWグループの中核ブランドBMWのサブ・ブランドとして位置付けられた持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランドである。BMW i の製品やサービスは、専用の設計、開発、企画、生産などにより、持続可能なプレミアム・モビリティを実現するという革命的な手法を採用、電気のみを動力源とするBMW i3 が、そして、プラグイン・ハイブリッド・システム搭載のプレミアム・スポーツ・カーBMW i8 が、2013 年に発表され、翌2014 年より販売を開始している。

Read more

なお、従来同様に、BMW i 販売店が近くに無い地域における販売活動は、ビー・エム・ダブリュー株式会社の社員であるモバイル・セールス・アドバイザー(移動型セールス)が現地に赴き、既存のBMW 正規ディーラーのネットワークを活用しながら販売をサポートする。また、万全のアフターサービスを提供するため、修理、点検、メインテナンス作業等のアフターサービスは、従来同様に、全国のBMW 正規ディーラーで対応する。