BMW M5誕生35周年を記念した特別限定車
BMW M5 35 Jahre Editionを発表

 

歴史あるハイ・パフォーマンス・セダンの35周年を記念し、新型BMW M5 Competitionをベースに、内外装に限定装備を多数採用。全世界350台、日本国内10台限定で販売。

Read more

 

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、BMW M社が開発するハイ・パフォーマンス・セダンであるBMW M5の初代モデルが発売された1985年から35周年を迎えることを記念した特別限定車「BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)」を、全国のBMW正規ディーラーで本日より10台限定(全世界350台限定)で販売を開始し、12月以降順次納車を開始する。

 

1985年に初登場したBMW M5は2018年に第6世代のモデルを発表し、2019年には、よりサーキット志向を際立たせた新型BMW M5 Competitionを発表するなど、サーキットにおける卓越した走行性能を追求する哲学を継承しつつ、ラグジュアリー・スポーツ・セダンとしての機能性を高めながら進化を続けてきた。

 

今回の特別限定車は、最高出力460kW(625 PS)/6,000 rpm、最大トルクは750 Nm/1,800~5,860rpm、0-100km/h加速は3.3秒を達成する、4.4LのV型8気筒エンジンを搭載し、伝統あるBMW M5が培ってきた技術力を余すことなく採用した新型BMW M5 Competitionをベースにしている。

 

ボディ・カラーは、シルクのような滑らかさを備えたマットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色、フローズン・ダーク・シルバーを採用している。さらに、70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザー・ライトを特別に装備することで視認性を高め、夜間走行での安全性をより向上させながら、BMW M5の高い走行性能を体感することが可能となっている。

Read more
メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

 

インテリアには、ブラック・フル・レザー・メリノ・シートを装備し、限定デザインとなるベージュ・コントラスト・ステッチを採用している。さらに、インテリア・トリムにはより耐久性の高い、アルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミ・トリムが採用されている。重厚感あるブラックの内装に、上品なゴールドのアクセントが加わることで、他にはない高級感とスポーティさが融合された室内空間となっている。そして、「35 Jahre」と刻まれたドアシルや、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字が浮かび上がるカップ・ホルダー・カバーにより、特別な限定車であるという事を演出している。

 

Read more

新型BMW M5 Competitionについて

 

新型BMW M5 Competitionは、BMW M5に搭載されている排気量4.4LのV型8気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンの出力を460kW(625ps)まで高め、0-100km/h加速は3.3秒を達成する、サーキット走行をより極めたハイ・パフォーマンス・セダンである。また、Mモデル専用4輪駆動システムM xDriveや、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッションを搭載し、高性能エンジンのパワーを最大限引き出している。デザイン面でも、Mモデルの象徴である、ダブル・バー・キドニー・グリルやリヤ・スポイラー、ミラー・キャップ、サイド・ギルやMスポーツ・エキゾースト・システムをブラックで統一し、よりアグレッシブなデザインが採用されている。

Read more

BMW M社(M GmbH)について

 

ドイツBMW本社を親会社とするBMW M社(1972年設立)は、3つの事業分野から構成されている。1つが高性能モデル、および、M Sportなどに採用される専用部品の開発である。2つ目が市販モデルには設定の無い特殊なカラーや素材、装備などを使用した特別注文プログラム「BMW Individual」による車両の製造。3つ目が2輪および4輪のBMWドライビング・エクスペリエンスのカリキュラム開発および実施である。

Read more