新型BMW 1シリーズ発表

高機能な運転支援システムや、AI技術を活用したインテリジェント・パーソナル・アシスタントを装備可能
最新のデザイン・コンセプトを採用したスポーティなデザインと、より広くなった室内空間
日本初導入となるタイヤスリップ・コントロール・システムにより、敏捷性の高い走行を実現

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、BMWの最もコンパクトなモデルでありながら、優れた走行性能と機能性を備え、高い評価を得てきたモデルの第3世代となる新型BMW 1シリーズを、全国のBMW正規ディーラーにて、本日より販売を開始し、11月以降に順次納車を開始する予定である。

新型BMW 1シリーズは、BMWとして日本初導入となるタイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)を採用するなど、高い走行性能を実現すると共に、前輪駆動方式の採用により広い室内空間を確保することで、一層機能的なモデルとなっている。

Read more
メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

今回、運転支援機能として、新たにレーン・チェンジ・ウォーニング、後部衝突警告機能、クロス・トラフィック・ウォーニング(リア)、スピード・リミット情報表示機能が追加されたドライビング・アシストを標準装備*1している。さらに、直近に前進した50mの軌跡を記憶し*2、その軌跡通りに後退する際に、ステアリング操作を自動で行う「リバース・アシスト」を備えたパーキング・アシストを全車に標準装備している。オプションのナビゲーション・パッケージ*3を選択すれば、会話のみで車両の操作や、情報へのアクセスが可能となるBMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントが装備され、機能性と操作性を大幅に向上している。
*1: BMW 118i を除く
*2: 時速35km 以下の走行時
*3: BMW M135i xDrive には標準装備

Read more


デザイン面では、大型化し中央部が連結した新世代デザインのキドニー・グリルと、くっきりとしたデザインの4 灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用することで、より若々しくスポーティな個性を際立たせている。無駄を省き、くっきりとしたプレス・ラインを引いたサイド・ボディは、リヤ・ホイールを強調するような力強いシルエットをまといながらも、全体として端正な印象を与えている。リアは、低重心なシルエットに、新デザインのL 字型テール・ライトが印象的なアクセントとなっている。

Read more

機能性が向上したインテリア

新型BMW 1 シリーズには、日本のBMW として初となるARB が搭載されている。ARBは、エンジン・コントロール・ユニットで直接スリップ状況を感知し、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)を経由することなく、以前より約3 倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達する機能であり、前輪駆動車特有の、コーナリング時に車両が外側に膨らんでしまう現象(アンダー・ステア)を大幅に抑制し、より俊敏な走りを実現する。そして、アルミニウム製のエンジン・フードを採用した最新世代の直列3 気筒エンジンおよび直列4 気筒エンジンと、高張力鋼とアルミニウムを効果的に組み合わせた骨格により、ボディ剛性を確保しながら最大30kg*の軽量化を実現している。
*: ヨーロッパ仕様値。

Read more

なお、新型BMW 1 シリーズには、3 年間の主要メインテナンス無償提供、タイヤ/キーの破損や紛失の際の費用サポート等が含まれる「BMW サービス・インクルーシブ・プラス」が全車に付帯されている。この「BMW サービス・インクルーシブ・プラス」は、2016 年よりBMW 全モデルに標準装備された新しいメインテナンス・パッケージであり、顧客に対してより安心なドライブを提供している。

Read more


機能性が向上したインテリア

新型BMW 1 シリーズは、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、より乗降しやすくなるなど、室内空間の機能性が大幅に改善された。5.1 インチのメーター・パネル・ディスプレイ及び8.8 インチのコントロール・ディスプレイに加えて、オプションで10.25 インチのディスプレイを2 つ備えた最新のBMW ライブ・コックピットや、大型化したBMW ヘッドアップ・ディスプレイがラインアップされている。さらに、Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備している。また、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大する。

Read more

新型BMW M135i xDrive について
新型BMW M135i xDrive は、最高出力306PS(225kW)/4,500-6,250 rpm、最大トル
ク450Nm/1,750-4,500rpm を発揮する2.0L 直列4 気筒エンジンを搭載し、BMW のインテリジェント4 輪駆動システムBMW xDrive を採用している。さらに、新開発の機械式トルセン・リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを標準装備し、よりスポーティかつ俊敏な走りを実現する。デザイン面でも、メッシュ・デザインのキドニー・グリルや、直径100mm のデュアル・エキゾースト・テールパイプを採用すると共に、
キドニー・グリルやエア・インテーク・トリム、ミラー・キャップ等はセリウム・グレーに統一することで、よりアグレッシブな外観となっている。

Read more

BMW Intelligent Personal Assistant
(BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント)

BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI 技術を活用することで、音声で車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW 最新の機能である。今までの音声入力と異なり、より自然な会話で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどドライブにおける真のパートナーとしての役割を担うことが可能となる。そして、BMW のインテリジェント・パーソナル・アシスタントの最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点である。例えば、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「(例)1 シリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することが出来る。

Read more

BMW コネクテッド・ドライブについて
新型BMW 1 シリーズには、BMW コネクテッド・ドライブを標準装備している。BMWコネクテッド・ドライブは、車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をIT ネットワークで繋ぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして2013 年に輸入車として初めて導入された。また、スマートフォン向けアプリの導入により、車両情報やニュース等へのアクセスを可能にし、顧客の利便性を向上させるサービスを提供してきた。さらに、2018 年8 月には、より操作性・利便性を高めた新たな機能を追加すると共に、新しいスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」を導入し、車とユーザー、情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わった。

Read more

主な車両諸元
■BMW 118i
全長4,335mm*、全幅1,800 mm、全高1,465mm、ホイールベース2,670mm、車両重量1,390kg、車両総重量1,665kg、排気量1,499cc、直列3 気筒ガソリン・エンジン、最高出力140PS(103kW)/4,200-6,500 rpm、最大トルク220Nm/1,480-4,200rpm。
*: M Sport は、全長4,355mm

■BMW M135i xDrive
全長4,355mm、全幅1,800 mm、全高1,465mm、ホイールベース2,670mm、車両重量1,580kg、車両総重量1,855kg、排気量1,998cc、直列4 気筒ガソリン・
エンジン、最高出力306PS(225kW)/4,500-6,240 rpm、最大トルク450Nm/1,750-4,500rpm。

Read more