BMW M2 初のクラブ・スポーツ・モデル「新型BMW M2 CS」発表

最高出力450PS、最大トルク 550Nm を発生する 3.0L 直列 6 気筒 M ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載

ボンネットやルーフ等にカーボン・パーツを採用し、更に約 30kg 軽量化

アダプティブ M サスペンションやアクティブ M ディファレンシャルを新たに搭載し、より高いサーキット性能を実現

日本に導入される 60 台は、既に完売

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、サーキット志向の高性能コンパクト・スポーツ・モデルであるBMW M2 Competitionをベースに、より軽量化しサーキットでの更なる高いパフォーマンスを発揮するための装備を搭載した「新型BMW M2 CS(エム・ツー・シー・エス)」を日本全国60 台限定で導入する。なお、導入の60 台は、既に納入先が決まっており、完売している。

 

新型BMW M2 CS は、BMW M2 Competition より最大出力を40PS 向上させ、最高出力450PS(331kW)/6,250rpm、最大トルク550Nm/2,350rpm-5,500rpm を発揮する3.0L 直列6 気筒M ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、より高い走行性能を実現するモデルである。ダンパーおよびスタビライザーの特性をサーキット走行に適応させたアダプティブM サスペンションや、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で最適配分するアクティブM ディファレンシャルを標準装備とすることで、サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、エンジンの性能を最大限路面へ伝達しながら、高い操縦安定性を発揮する。

Read more
メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

より軽量化し走行性能を高めるため、ルーフ、フロント・スプリッター、リア・スポイラー、リア・ディフューザーに加え、ボンネットに、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を採用している。ルーフには、CFRP を使用したサンドイッチ構造を取り入れることで、室内への遮音性およびボディの剛性を高めている。CFRP 製ボンネットの中央には、大きな空気の流入口であるエア・ベントを採用し、高性能モデルに相応しい存在感あるデザインを実現すると共に、ボディ周辺や下部の効率的な空気の流れを生み出すことで、エンジンの冷却や、前輪にかかるダウン・フォースを高め、空気抵抗を最適化している。

 

室内には、アルカンタラの M スポーツ・ステアリング・ホイールや、カーボン・ドア・ハンドル、カーボン・センターコンソールを装備し、シートには「M2」の照明付きエンブレムが装備されたM Competition スポーツ・シートを採用している。

 

BMW は、「Joy of Ownership.一人ひとりに、歓びと安心を。」をコンセプトに掲げ、顧客がBMWの高品質な製品を安心して満喫できるよう、2016 年よりBMW全モデルに、3 年間の無償メインテナンス、タイヤ/キーの破損や紛失の際の費用サポート等が含まれる「BMW サービス・インクルーシブ・プラス」を提供している。これにより、納車と同時に、全ての顧客に対して、BMW を所有する歓びと安心を提供している。

Read more

BMW M 社(M GmbH)について

ドイツBMW 本社を親会社とするBMW M 社(1972 年設立)は、3 つの事業分野から構成されている。1 つが高性能モデル、および、M Sport などに採用される専用部品の開発である。2 つ目が市販モデルには設定の無い特殊なカラーや素材、装備などを使用した特別注文プログラム「BMW Individual」による車両の製造。3 つ目が 2 輪および 4輪の BMW ドライビング・エクスペリエンスのカリキュラム開発および実施である。

Read more

主な車両諸元

  • BMW M2 CS
    全長4,475mm、全幅1,870mm、全高1,415mm、ホイール・ベース2,695mm、車両重量1,580kg*、車両総重量1,800kg*、排気量2,979cc、直列6 気筒ガソリン・エンジン、最高出力450PS(331kW)/6,250rpm、最大トルク550Nm/2,350-5,500rpm
    *: BMW M2 CS DCT は、車両重量1,600kg、車両総重量1,820kg
Read more