BMW が国際写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2020」に協賛

限定車「BMW 8 シリーズ グラン クーペ京都エディション」を展示

アートラッピングが施された「BMW i3」のシャトルサービスを提供

写真家・映画監督のウィン・シャ氏とのコラボレーションを実施

Read more

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン、以下、BMW)は、世界屈指の文化都市である京都を舞台に、9 月 19 日(土)から 10 月18 日(日)まで開催される国際的写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」に協賛する。

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭は、国内外のさまざまな写真コレクションが京都市内のギャラリー、寺院や、歴史的建造物など特別な空間に展示され、伝統都市・京都と美しく融合した写真祭である。BMW はこの写真祭のコンセプトに共感し、2016 年より毎年協賛してきた。

 

第 8 回となる 2020 年は「VISION」をテーマに、京都府庁旧本館をはじめ、京都市内十数か所にて作品が展開される。BMW は、誉田屋源兵衛 竹院の間にて開催される写真家・映画監督ウィン・シャ展に協賛するほか、京都 BAL(バル)にて、京都の漆芸家、岡田紫峰氏とのコラボレーションで実現した限定車「BMW 8 シリーズ グラン クーペ京都エディション」を展示し(9/18-9/22)、さらには、ウィン・シャ、オマー・ヴィクター・ディオプとのコラボレーションでラッピングされた、ゼロ・エミッションの電気自動車「BMW i3」の展示(9/23-25)、およびシャトルサービスを提供する(※)。ウィン・シャ展の会場内ではウィン・シャ氏と制作した特別コラボレーションムービーも紹介される。

Read more

BMW 公式サイト KYOTOGRAPHIE 紹介ページ:

https://www.bmw.co.jp/ja/campaign/2020/kyotographie2020.html?tl=coo-teas-0087-pro--.-.-00000002-2020-08-19-.-.

 

(※) 会期中の土日祝日(11:00–19:00)、2 台の BMW i3 が公式シャトルカーとしてKYOTOGRAPHIE 展示会場を走行する。KYOTOGRAPHIE のパスポートを提示することで、利用は無料となる。

Read more

ウィン•シャ氏について

1964 年香港生まれ。カナダのエミリー・カー美術大学で学んだのち香港に戻り、デザインスタジオ「Shya-la-la Workshop」を創設、数々の賞を受賞する。映画監督としても名を馳せているシャは、2010 年春、大ヒット映画「ホット・サマー・デイズ」で監督デビューを果たす。世界各国の主要ファッション誌やルイ・ヴィトン、マルタン・マルジェラなどのブランドのヴィジュアルも手がけている。

 

BMW は、世界で活躍する芸術家たちとのコラボレーションを通じて新しいリーダーシップを提唱する、the Art of Leadership をグローバルで展開している。

Read more

BMW Group の文化事業について

BMW グループは 40 年以上にわたり国際的な文化支援事業を続けており、現在全世界で 100 件を超える文化プロジェクトに関わっている。主にモダン&コンテンポラリー・アートのほか、クラシック音楽、ジャズ、建築、デザインなどのジャンルにおいて長期的な支援を行っている。1972 年、ゲルハルト・リヒターによって BMW グループ・ミュンヘン本部建物のロビーを飾る大作の絵画 3 点が作成された。以来、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、オラファー・エリアソン、ズービン・メタ、アナ・ネトレプコ、ジェフ・クーンズなど、数多くのアーティストとコラボレーションを組んできた。また、BMW 本社社屋と工場の設計を、カール・シュヴァンツアー、ザハ・ハディッド、コープ・ヒンメルブラウなど著名建築家に依頼するなど、活動の場を提供してきた。2011 年、ソロモン・R・グッゲンハイム財団、グッゲンハイム美術館、BMW グループによる国際的な共同企画として近未来の都市づくりの場を提供する BMW グッゲンハイム・ラボが、ニューヨークにおいて世界初のオープニングを飾った。

 

日本においては、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭ほか、森美術館をゴールドメンバーとしてスポンサーしている。

 

BMW は自由な創造活動を重んじており、画期的な芸術作品を生み出すためにも、また自動車メーカーとして技術的な革新を成し遂げるためにも、欠くことのできない要素であると認識している。

Read more